B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

ネットよりも、活字が大好きです。

102

コメントした本

トッカン 徴収ロワイヤル

あまりの面白さに、あっと言う間に読んでしまいました。読みながら思わず場面を想像してしまい一人ニヤニヤした場面多数有りです。早く、続きがでないかなぁ?

約1か月前

日本のすごい食材

テーマから日本固有の食材の案内かと思っていたら見たことも聞いた事もなかった食材の案内にびっくり。いちご、とちおとめよりデッカくて、甘い栃木i27号、栄養満点しかも渋皮も簡単に向けててしまうぽろたんなどなど、食べたいと思うものばかり。本書にて紹介される食材は、生産者の方や研究者の方々の日々の努力から生み出されたものばかり。私たちの安全な食生活は、生産者の方々の力によって成り立っていることを改めて実感しました。

6か月前

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholder825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261
戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊

最近、テレビの特集番組で中国には農民戸籍と都市戸籍の戸籍が存在し、農民と都市住民とが大きな格差で分け隔てられている事を知りました。 海外旅行での爆買いや、マナーの悪さ、食の安全性など何かと話題になる中国ですが、この本を読んで変える事の出来ない身分制度に縛られて生きているその背景を知ると、とても切なくなりました。

6か月前

中国「絶望」家族: 「一人っ子政策」は中国をどう変えたか

中国が「一人っ子政策」を打ち出した当時、人が人の出生までコントロールするなんて自然の摂理に反すると憤りを覚えました。でも、強行するのが中国。人命軽視も甚だしい事実の数々。心も身体も傷つく女性たち。そして、至る場面での金品要求。 虐げられるのは、お金のない弱者ばかり。 女性として、母親として心が痛いです。

8か月前

Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c468846bbe f9fe 4f84 9769 b3159f1b0d98A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777
盤上の向日葵

大好きな柚月さんの、デビュー10年の集大成の作品。読後、さすが柚月作品に大満足だけど10年分の集大成に心が痛い。

9か月前

8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7657377ce a324 491f b7c9 d459b0ff89e71638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f 17
ネメシスの使者

自分が、もし犯罪のそれも凶悪事件の被害者、加害者のどちらかの立場になったら。または、その裁判の裁判員になったとしたらと。考えずにはいられないストーリーに引き込まれ一気に読了。

10か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69601f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a326714840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0
スイート・ホーム

話しの展開が、想像つくのだけど読み切って、あーよかったなぁと、こころに栄養を貰えた作品でした。

3か月前

434059f2 8e14 4a7f 8241 449baa9e3a90648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67 14
ブラック企業やめて上海で暮らしてみました

あまりの面白さに、ダンナにも読んで読んでと勧めました。かなり大変な状態になりながらも主人公が前向きで、周りの友達に助けられながら自分の進むべき道が切り開かれていく状況に、ドラマみたいと思ってしまいました。是非、続編を期待したいです!

6か月前

樹海警察

あまりの面白さに、一気読みしました。是非、続編を期待したいです。

6か月前

ワルツを踊ろう

読み進めるうちに、話の筋道が見えて来てやっぱりと、確信した後に「えっーーー」の結末W(`0`)W さすが、中山作品です。

9か月前

9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826beIcon user placeholder72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6Ef990a28 87bf 4884 9d35 bb7733f574121525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48e3a50b9 0088 4497 aaa5 3b777931b0c6 12
最愛台湾ごはん 春菜的台湾好吃案内

はじめ、この本を手にしたのは台湾のごはんのエッセイだと思ってたのですが、内容はしっかりとしたガイドブック。しかも、観光案内に出てくる有名店ではなく著者が自分の足で訪ねてお気に入りになったお店の紹介の数々。読んでいるうちにすぐにでも、台湾に行きたい気分になってしまいました。

9か月前

88e456a4 57e6 4492 bb90 7322706f9006Icon user placeholder497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d338
企画展がなくても楽しめるすごい美術館

今まで、美術館へはマスコミが騒いでいる企画展へよく行きました。当然の事ながら絵を見に行ったのか、人だかりを見に行ったのかわからないことが多々ありました。この本は企画展ありきの私に、別の見方ができることを教えてくれた指南書となりました。

約1年前