807a63ad 5d2a 4e56 967f 55980bfaec41

Yu Aki

出版社で働いています。繊細な文章が好き。

出版社で働いています。繊細な文章が好き。

27

コメントした本

繭

「恋人との対等な関係ってなんだろう。」 怖さすら感じる狂気の恋愛模様の中に、人間なら誰しもが共感してしまうであろう感情が散りばめられた一冊。

2年前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de503fbd159 9d8c 41c1 94f4 c70e3b0cfae8843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43aFf138645 3196 4753 9a7c 27f6820386e7
さよなら、ニルヴァーナ

「私はこれから、迷って、悩み、苦しみ、悶えて、書いて、書いて、書いて、そして、死ぬのだ。」 小説家の主人公の感情表現を通じて、窪美澄さんがどういう思いで作品を生み出しているのか、その一端を目にしてしまった。 その一端を知ったことで、このひとの小説をもっともっと読みたいと思った。

約3年前

Icon user placeholderIcon user placeholder326e1be1 7e1f 4af0 b0ef 0d9531dc622eIcon user placeholder37eb87f6 d8da 487e 916f c49125816242Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b 32
透明人間は204号室の夢を見る

孤独な私は、誰からも見えていない。 自分は、本当に存在しているのか。孤独を感じる主人公が抱いたのは「自分は透明人間だと思い込む話」。 透き通るかのように清らかな文章の中に、感情の機微が輪郭を持ってはっきりと描かれる不思議な筆致力。次回作も読みます。

2年前

永い言い訳

事故で突然妻を失った主人公、津村啓。本作では、津村の一人称視点で津村の心情を、周囲の人間の視点で外から見える津村の姿を描いている。津村の良き自分を演じてしまう性格から、その内面と、周囲に与える印象は大きく乖離しているのだが、今の隣にいるこの人が、津村と同じように演じていないと言い切ることができるだろうかと、考えさせられた。 他人のことを1ミリの違いなく理解することなど不可能で、誰かのことを完璧に理解できるなどと考えること自体、高慢なことなのだろう。それは、長年連れ添った恋人でも、家族でも。 私は、自分自身を正確に把握することだってできないのだから。

約3年前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004Icon user placeholder1d236186 fded 4568 9bbf 2ff8088f3f3d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee30ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a8 59