07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122

たろう

やぁ。

やぁ。

67

コメントした本

カッシーノ!

オシャレ。カジノだけでも各国で違いがあるんだなと思った。浅田さんもカッコイイ

12か月前

きまぐれロボット

ホント読みやすい。ショートショートだし、普段本読まない人に読んでほしい。

12か月前

B6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90e888177fc dbcf 476b b614 f65a06c7e8c8Icon user placeholderAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholderD3cc07da 0f68 4277 a71e 0a5dcd0f4730Fbe2c892 873b 4ade b81e 21b2e23ddb69 23
スヌーピー―こんな生き方探してみよう

シュルツの優しさが溢れてる。たまにふと読みたくなってくる。

12か月前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6Dccc2d34 c877 4202 bf22 35032161a1403880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a81d6a936e 0a2d 484a 931a 4a3683f557ae4b3d57f3 365e 40e7 a032 efbf709f22ab 11
異邦人

正直すぎた男の話。彼の言動は一見、訳が分からず異常に見えるが、私たちの言動の中でもなぜそれをしたのか説明できないことは沢山あるはずだ。それでも私たちは理由がないと不安になってしまうから無理やり理由付けしてしまう。あるいは状況を自分のいい方に運ぶためにウソをつく。正直でありたいと言いながら自分の都合の悪い事はウソをつく。そういう人をあざ笑いながら主人公は幸福に死んでいくのだろう。

12か月前

19860fad a256 441b a8fe 8a9a15bc62e7Icon user placeholderD5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847fDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2717f318b 4608 4a3e 974e 91a10295939dA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 66
グレート・ギャツビー

村上春樹が人生の中で最も重要な本としてグレートギャッツビーを上げていたので読んでみた。主人公の雰囲気が村上小説の主人公と被っているように感じた。ギャッツビーの生き方は僕には到底真似できないが感動した。だが、結婚生活のことや不倫のことはまだ感覚が分からなかったので時間が経ってからもう1度読み直したい。

12か月前

4597a64d a481 410f af91 7d6101eae64cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3111ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef52939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38eDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cIcon user placeholder 66
ノルウェイの森 上

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

12か月前

Ba706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f17019860fad a256 441b a8fe 8a9a15bc62e73bd4dc17 a6bd 42de bb75 113d09c1afad965757b6 50e2 418e 8b33 a8e9f7b5aff5F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c70abae23 ae4b 49cf 8c76 88e2b687b64c0d5402af c0e0 4192 bb3d b16483cc6e62 161
18歳から考える国家と「私」の行方 : セイゴオ先生が語る歴史的現在

面白い。マイノリティが歴史を創る、みたいなところはなるほどと思った。

12か月前

国際メディア情報戦

驚いた。メディアの恐怖を感じた。と、同時にハードパワーがなくても戦争に勝利できるという小国にとっては希望となるような話でもあった。

12か月前

アラマタ大事典

小さい頃に読んで面白かった。荒俣さんの雑学の知識量に驚かされる。

12か月前

現代イスラムの潮流

イスラムについて興味を持った時に初めて読んだ本。内容も入門的でわかりやすく、面白かった。

12か月前

ノルウェイの森 下

緑の巻(生の巻)残された者たちの生き方を考えさせられました。

12か月前

19860fad a256 441b a8fe 8a9a15bc62e7965757b6 50e2 418e 8b33 a8e9f7b5aff570abae23 ae4b 49cf 8c76 88e2b687b64cE0813781 d3ff 4bd9 a1b8 f7fb36f7750bIcon user placeholder9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54c0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f 108