7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

復活

21

コメントした本

神様のいる街

神様がいる、「神」戸と「神」保町という街において、吉田篤弘さんが、まさしく神様から『いいか、今のうちに見ておけ』とけしかけるように言われ毎日を過ごした青年記。 本との出会いのある意味、理想の一編が書かれてある。

9日前

一緒に冒険をする

三年前のその時の奈良に「いた」。 8組の話は、辿られてきた道はちゃんとご自身たちの轍が感じられ、生きているを実感する。 ボーナストラックもあるし、記憶を呼び覚ます箇所もあり贅沢な本。 橋本さんの語る、自閉を元にした存在論、苦しみは俺のもんだという価値観にびっくりする話は、しばらく宿題になりそうだ。

19日前

6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

幼児に牙を剥く卑劣な犯人に迫るジャーナリストの戦いの記録でありながら、権威持つ者が往々にして陥る自己保身の為になりふり構わず暴挙にでることに徹底的に迫り戦う物語。 組織のため、威信のためと言いながら、いかにわれわれは保身の為に真実を葬り去り弱者を無き者にするのか。 このようなことが白日の下に晒されると、よくコメンテーターと称する方々が、間違いを隠蔽する姿勢をなじり批判に終始する光景が眼に浮かぶが、大多数の人々が陥るのが権威側の愚行であり、著者の側に立てるのは稀である。 避けるためには正義のココロを持とうというよりも、不可逆的になる(なったと思ってしまう)ところに行き着く前、初動の時に、われわれは間違いを起こしがちであるという前提のもと、自らを過信せずに対処することが大事と心に留めよう。

24日前

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb85875f82f86 0cea 4278 84ba 66969f01020eB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849004106a0 963a 4737 b4c8 ad87b7eb5f5f34e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65aeE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed 33
日本再興戦略

逆張りのスマートさが際立つ本。 ポジションを取れ。批評家にはなるな。フェアに向き合え。手を動かせ。金を稼げ。画一的な基準を持つな。複雑なものや時間をかけないと成し得ないことに自分なりの価値を見出して愛でろ。あらゆることにトキメキながら、あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ。明日と明後日で考える基準を変え続けろ。

約2か月前

C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Bca73b96 b848 41eb b3df 7d9c3fdb5804Be0e464b 877d 45aa 9cf9 41ce60aa9469Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b771f90fa 0598 460b b5a4 deb5cc27d717330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fIcon user placeholder 34
バー「サンボア」の百年

大阪、京都、東京に14のそれぞれ個性がありながら根っこは同じ今年100周年のサンボアバー。いい話も切ない話も。

2か月前

Icon user placeholder751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dE1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb64286408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31
ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

「自分を愛するというのは、自分にかまけることじゃなくて、自分に関してはもう安心なんだから放っておいていいや、という境地が貴いわけで、そのためには、やはり幼年時代は溢れるような愛情に包まれて育つのが望ましい。」

2か月前

Icon user placeholder9e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6ddEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder
もうひとつのデザイン ナガオカケンメイの仕事

(できるだけ)新しく作らないというデザイン なんて素敵なコンセプトと具体例。こんなデザインがあったのか。

3か月前

98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
質問

寺山修司さんにおそらく一番近いところにいた田中未知さんが投げかけてくれる365のボール。投げ返せなかったり、散らばったりするけど、とってもいい。 世界最後の質問にふさわしい質問は何ですか

4か月前

人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ

銀座で創業100年の画材店月光荘の本。 ほっこりする感じの本かなと思いきや、月光荘に関わってきた人たちの顔ぶれやその逸話が凄すぎて、二回読むことに。 なんて素敵な人生。

4か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a6966a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554Ba03d63e d459 4a1d 98cd 81ee0117b107
探してるものはそう遠くはないのかもしれない

お笑い芸人を凌ぐ文章の巧みさ。書店員が書く徒然草(どうでもいい話)。言葉のチョイスが素晴らしい。

4か月前

D72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
働き方 完全無双

国や企業視点ではなく、個人視点の、自分の人生は自分で守ろうという本。 やはり、健全な逆張りが大切。

19日前

26a084f9 993d 4b6e 90ea 2a36cc3418ae022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8
青空と逃げる

窮地に陥った時、それも絶体絶命の時にどうするか。 逃げてというメッセージは多いがそれだけでよいのか? 辻村さんは躊躇なく助けを求めて!という。そしてできれば助けを求める時に、何かしら自分の得意技があれば理想で、なくてもできることをすれば世の中捨てたもんじゃないと。 助けるほうにも、相手が恐縮しすぎないように配慮できれば、いいなぁ。

22日前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fEf93a617 8025 4edf 9c1b 60e83c5070ae
口笛を吹きながら本を売る: 柴田信、最終授業

こういう人を「味がある」というのか。 それにしても著者(インタビュアー)と書店人生50年の柴田さんの遠慮ないズブズブな掛け合いは面白い。 本質と言えば本質、当たり前と言えば当たり前、きっとこの口笛は、音が聞こえないと思う。

約1か月前

Bf028033 dabe 4213 af83 05f747855a5c982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd999bcf1d24 14bb 4deb bda4 1a2d15d743f8F4c04302 3ecf 42e6 a34f 0f294f9f0518E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746Febe3a4b d7eb 47dc 94ac 6c8bfc2cd7e5 8
スイート・ホーム

宝塚愛が詰まっている、甘い香りが漂う本

約2か月前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67Icon user placeholder454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb9052337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892 9
かがみの孤城

きっとテーマは「闘わなくていい」ということかもしれないが、先に生まれるということはどういうことなのかを考えざるを得ない。辻村さんはどんな経験からこの境地に至ったのか。 継がれる物語。

2か月前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deBabf2a4e 1ede 4701 8008 e008892d800eD9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb2396581Icon user placeholderA26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67ebFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada267 106
ほどよく距離を置きなさい

離見の見、話すことは問題を自分から離すこと。正しさを追求していると解決から離れていくことがある。長生きはご褒美。もつれた糸を幸せな結末に、結び直す人生のボーナスタイム。人に助けてもらうこと、自分でできること、その境目は自分で見つけるという自立。

2か月前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a737210f9 0f43 426e 9497 82fb63ee2356
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々

アニメのハイジってこんなに凄かったんだ。裏番組のヤマトを見ていたから余計に分からなかったけれど、ハイジに魅せられた人たちの躍動を感じる。

3か月前

火山のふもとで

主人公が採用される時のやりとりが一番好きな場面です。こんな感じの出会いがいいなぁ。

4か月前

Icon user placeholderE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba2561a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e61739962a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a1C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50aIcon user placeholderD4463a44 eb07 45bb a2a4 a0600e4cb60c 8
人生は単なる空騒ぎ ‐言葉の魔法‐

ジャケ買い&タイトル買い。standでは表紙がでないのが残念。 画集としても楽しめるし、鈴木さんからみた宮崎さんの変てこりんな魅力の記述も面白い。読んで久し振りに筆ペンを買いました。 って、登録したらちゃんと表紙が見れました。

4か月前

めご太郎

帰省するつもりで訪れる青森市、というキャプションに惹かれて手に取る。 タイトルに偽りなし。住んでいる感覚に襲われる。青森には縁もゆかりもないけど、長期滞在したくなった。 夫婦で作り上げた出版社というのもいい。

4か月前

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0014253d4 6080 4951 9119 24735184a696