7e8084fb 0ea8 40ae a04d 4e99455d629e

Kentaro Ishige

風俗誌編集→ITプロデューサー 読んだ本…

風俗誌編集→ITプロデューサー 読んだ本を記録します。

11

コメントした本

めぞん一刻(1)

響子さんはThe女。五代と三鷹とのぬるい三角関係に浸り続けてハッキリしない。気分もコロッと変わるし嫉妬深い。なんだけど憎めず気になってしまう女性だし、話は毎回コミカルな着地をするから重くしなりすぎない。高橋留美子のここらへんのバランスは天才的。

4年前

A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be5069869f5563d9 001e 49ff af6d 6e6b0d96d805
おんなのいえ(1)

女性作者が描く生々しい女が大好きなんだけど、この漫画の登場人物は魅力的でそれはそれは大層面倒なのがいい。注目の漫画家。

4年前

81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8691cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e636353b96c d22d 4587 8752 003b064d54c002db2363 4160 4c5f 9cd9 fef916666855
「好き嫌い」と経営

日本を代表する経営者達の好き嫌いにフォーカスを当てた本。単純な好き嫌いが仕事が経営に繋がってるのが分かる。

4年前

B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Akiaivjyeuyp25rambwa6c2012b8 e608 4961 a0b3 aa855b1a6e1fC10279d1 3a3b 4aa9 933a 672957d87b0d4936812e bdf2 4b26 a801 6ed8e2c459d9
八重歯ガール

八重歯にまつわるエピソード、考察をまとめた本。谷崎潤一郎の八重歯萌えなど面白い小話が詰まっている。

4年前

64 下

沈痛な上巻からスピード感のある展開に切り替わる下巻。刑事職への執着を捨て、広報官として働くことを決めた三上、松岡参事官の男気。人物が魅力的だった。

4年前

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851a38136d98 c94e 430d a53d f2f109280f1fIcon user placeholder05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc7186282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 44
榎本武揚

安部公房が書く歴史小説ってどんなの?と気になって読んだけど、構成に安部公房らしさが詰まっていてニヤニヤ。この小説の榎本像、大鳥像、土方像は独特で他にはありません。

4年前

媚びない人生

若者だから悩んで当然だろと鼓舞してくれる本。これからの生き方を考えてしまいました。

4年前

Icon user placeholderD4b88cf8 5d50 4fc1 ade0 d9e34f94b0ab3388cd21 4b04 42bc 88d6 2512e628fabd306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f2139083fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
出発点―1979~1996

宮崎映画をより楽しむには宮崎駿の思想を知っておくのが吉。 ジブリという括りで見るか、宮崎駿という括りで見るかには大きな違いがある。後者の場合、本書を読んでおくとより映画を深く見れるのでオススメ。

4年前

女体の森

おっさん2人が女の身体を好き勝手語るしょーもない本ですが、しょーもなく面白い。下ネタから何となく深い話まで広がっていくのはさすが。

4年前