2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

読んだ本と好きなフレーズ

55

コメントした本

楽園のカンヴァス

さあ、描いてちょうだい。あたしは、いまから、永遠を生きることにしたの

約1か月前

2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdIcon user placeholderA432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55385f92758c 5a27 4366 bb72 bdfc67f0662f50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 68
うつくしい人

私は誰かの美しい人だ。私が誰かを、美しいと思っている限り。

2か月前

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31999bfc2a 335f 4ec5 905b 3a00dc3e855573bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 59
夜間飛行

部下の者を愛したまえ。ただそれと彼らに知らさずに愛したまえ。

3か月前

C61f400c 71e0 437e b2bb 1d23c05725e4C0a6bd77 3248 4117 b942 bf915e5012a8Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2149c422e cc5a 45ee 8641 b5995fb91bfe 38
四月になれば彼女は

わたしは愛したときに、はじめて愛された。 それはまるで、日食のようでした。

9か月前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd10629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdA630ba5f cd8b 4f1d b046 6cc7ec9e73bbDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319241aede7 214f 4fd7 92fd 82afbc39c276D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b 100
きみはポラリス

「あなたと森を歩きたい」 かつて、私を森に誘った男がいて、わたしはとても幸福だった、と。

9か月前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55380629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Fa46737f a49b 4647 a8b2 be42bc0c1589B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df740bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd1756133d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 161
かもめのジョナサン:

目に見えるものには、みんな限りがある。きみの心の目で見るのだ。

約1か月前

71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41B67f9947 1751 4b41 a19c eea827b4760953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e214c0edd3 6e44 4de9 819d d6953398359336bb5a01 d282 4579 ab26 1dc05ba650c4C971a050 39cb 44ec 81d3 4aa3e529e41b036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d 14
雪のひとひら

「ごくろうさまだった、小さな雪のひとひら。さあ、ようこそお帰り」

3か月前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335eA6a90c6c 0984 4ced b368 5305abbeb82aF6d4cb8b aa17 48e8 97a2 063bd27d5dfe3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 12
月と六ペンス

夫を取り戻したいのは愛しているからなのか、人の陰口が怖いからなのか。

5か月前

8aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a428c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a67Icon user placeholder
きいろいゾウ

だれか、好きな女の人と住むことが、ぼくは大人のダイゴミだと思います。 ナマイキだと思われるかもしれないけど、そう思います。

9か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae77046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed8535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb 69
さくら

「お父さんは、ミキの体を作る素を持っててな、お母さんは、ミキの心を作る素を持ってる。それはな、うーんと好き同士のふたりしか、出し合われへんのよ。」

9か月前

Icon user placeholderFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f58f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8deeF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder8f275109 ffe4 4b67 bb66 46d0d5b931a5A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 34
TUGUMI

「何べん会ってもあきないし、顔を見てると手に持ってるソフトクリームとかをぐりぐりってなすりつけてやりたくなるくらい、好きなんだ」

9か月前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Icon user placeholderEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97A5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84981b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5753e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 94