2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf

__ppp

読んだ本と好きなフレーズ

読んだ本と好きなフレーズ

66

コメントした本

特装版 思い出のマーニー

ああ、もし、たいしたわけなんかない時でも、泣きたい時に泣きたいだけ泣かせてくれるような人がいたらいいのに、とアンナは思いました。

約1か月前

Icon user placeholder21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffE7151df8 fb78 4776 ac30 939a72c8a98e
西の魔女が死んだ

まず、早寝早起き。食事をしっかりとり、よく運動し、規則正しい生活をする

約1か月前

64910be9 057a 4a86 ace1 a73ce9c9dcc0B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Icon user placeholderD462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a9Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5Icon user placeholderE6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8 377
パタゴニア

美しいモノを選別はするが所有に執着はしない

4か月前

Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b237fbd299 3c32 4329 ac74 56df19e6d4fe16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eIcon user placeholder1781d650 04da 4cd9 aa09 65a6ffb17b1b0b6509b4 d20b 443f 922f cad8fd8fcbc8 49
車輪の下

この思い出の衣をまとって彼の幼年時代と少年時代とが別れを告げ、過ぎて帰らぬ大きな幸福ほ針のあとをとどめるために、もう一度楽しげに笑いながら彼の前によみがえってきたのだということを、彼は気づかなかった。

6か月前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholderEd7de416 4d92 42d4 ac5a c3a67b4975b5Akiaivjyeuyp25rambwaA1e6cf78 871a 48a2 87e9 ab779b36c13fBd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c87175640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 40
かもめのジョナサン:

目に見えるものには、みんな限りがある。きみの心の目で見るのだ。

8か月前

C53386a5 a9b8 436a 9389 9d5266341452D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb239658171791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41B67f9947 1751 4b41 a19c eea827b4760953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e23c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f5036bb5a01 d282 4579 ab26 1dc05ba650c4 16
雪のひとひら

「ごくろうさまだった、小さな雪のひとひら。さあ、ようこそお帰り」

9か月前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335eA6a90c6c 0984 4ced b368 5305abbeb82aF6d4cb8b aa17 48e8 97a2 063bd27d5dfe3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 12
月と六ペンス

夫を取り戻したいのは愛しているからなのか、人の陰口が怖いからなのか。

11か月前

Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc88aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a428c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a67Icon user placeholder
きいろいゾウ

だれか、好きな女の人と住むことが、ぼくは大人のダイゴミだと思います。 ナマイキだと思われるかもしれないけど、そう思います。

約1年前

43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A9a2506b ab4a 4e8e 8877 8928df274ee8F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholderIcon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 85
さくら

「お父さんは、ミキの体を作る素を持っててな、お母さんは、ミキの心を作る素を持ってる。それはな、うーんと好き同士のふたりしか、出し合われへんのよ。」

1年前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eF7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholder0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Icon user placeholder5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 49
TUGUMI

「何べん会ってもあきないし、顔を見てると手に持ってるソフトクリームとかをぐりぐりってなすりつけてやりたくなるくらい、好きなんだ」

1年前

B202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder35fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47aD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f529ca499b b7c3 42a5 9daa 62cdf29cbea6 120
白い犬とワルツを

コウラはこんなとき俺のそばに坐って本を広げていた。読んでいるふりをしながら、痛がっていはしないかと、俺の顔をそっとうかがっていたものだ。

約1か月前

Icon user placeholderA0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd246a41a8 167e 4122 836b 828d20ae7c372de1903e 2a7c 4f53 8419 a14eab2ad6315fd0a7ea d0f2 45ee a4e3 7058bfcfafeeFfad8bf2 fa37 4ec0 a2d0 274e903649cf 9
すべて真夜中の恋人たち

「なんで入江くんにこんな話できたのかっていうとね」と典子は言った。「それは、入江くんがもうわたしの人生の登場人物じゃないからなんだよ」

4か月前

Icon user placeholderE510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e728770823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76E33033b8 a96e 40e4 8beb 8087eaaed0a46c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d71807895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d336 169
はつ恋

でも、その時わたしが味わったような至福の感じは、わたしの生涯にもはや二度と再び繰返されなかった。

6か月前

09a422f2 9923 4b4c b36a 2c8b7a1e08811b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdad2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 14
楽園のカンヴァス

さあ、描いてちょうだい。あたしは、いまから、永遠を生きることにしたの

7か月前

Ea9d5273 f6f5 4f0e b666 e2dcf9d1dcbeIcon user placeholderB202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Icon user placeholderIcon user placeholder643b1a81 d246 4838 9319 e8748de383d0Icon user placeholder 123
うつくしい人

私は誰かの美しい人だ。私が誰かを、美しいと思っている限り。

9か月前

C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15f1fc38a48 ddf8 474c aaa4 aa576f40ff67D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda646eb4f720 a3ce 4b44 8ea9 87cbe6c3be2b89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e898c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e 75
夜間飛行

部下の者を愛したまえ。ただそれと彼らに知らさずに愛したまえ。

9か月前

243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Icon user placeholderIcon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dIcon user placeholderIcon user placeholder46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6 52
四月になれば彼女は

わたしは愛したときに、はじめて愛された。 それはまるで、日食のようでした。

約1年前

F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f849806988D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec654c01a98a 719b 427c af99 0160dd998c68183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa 130
きみはポラリス

「あなたと森を歩きたい」 かつて、私を森に誘った男がいて、わたしはとても幸福だった、と。

1年前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c2Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55389eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc0532149c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f 196