1c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d9895

はしゆか

1989生まれの書店員

1989生まれの書店員。本と本屋と音楽が好きです。

58

コメントした本

小泉今日子書評集

彼女の人生や、考えや、その時の状況とリンクさせて書かれた書評たちはどれもとても魅力的で、どれもこれも片っ端から読みたくなる。読んだことのある本が時々登場すると、尚更他の本を読みたくなる。説得力がどんどん増していく。 キョンキョンパワー侮ってました、恐るべし。

約3年前

26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426975657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2dAb4ae268 e48a 4bee bb96 94e728092d9bE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b 16
私にふさわしいホテル

縦横無尽に駆け巡る、まさにジェットコースターのような一冊。切れ味抜群、終始最大瞬間風速を観測し続けてるかのような主人公加代子の進む彼女の人生は、傷つき傷つけ、古傷は疼くは生傷は絶えないわ、それでもバッサバッサと突き進む。 実名で登場する作家達にくすっとしてしまう場面も。時々加代子なのか、はたまた柚木さんなのか、わからなくなるような瞬間も。

約3年前

C6eb9bc9 f4b8 471b 9e13 0c9e82623d1b166afdbf b1c1 4727 90ca bf926c19b300E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1Icon user placeholder3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91b 20
東京23話

東京って、実は知らないことばっかりで、歴史と時間が積み重なったその土地土地の現在が、とても鮮やかに感じられる。 もっともっと、その重ねてきた事柄たちを、知ってみたい。

約3年前

E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8Icon user placeholder8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe25306675 8b5f 455a 99bd a409f623142e1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholderIcon user placeholder 27
あの家に暮らす四人の女

タイトルそのまま、ずばりあの家に暮らす4人の女の生活ぶりが描かれていた。 カラスや河童、門番代わりの男性に、ストーカーもどきに強盗に。並べれば並べるほどなんじゃこりゃって思うけど、この全てがちゃーんと絡み合ってまとまるのが面白い!

約3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f53d97948 fc4f 427c 9974 bf0ba1af6c66Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a090a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4 29
夜明け前に会いたい

エピソードに纏う情景の数々は想像でしかないけれどとても神秘的で、美しくて。その中で生まれる恋や愛は形はいびつでもとても純粋に育まれる。 金沢の恋、素敵です。

3年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9
君の膵臓をたべたい

いまこの瞬間の選択が未来の自分を構築するであろうこと、当たり前にくると思っている次の瞬間、一分、一秒が当たり前ではないということを、考えさせられて、気付かされて、かるくなった心で、今日も心臓が動いてる限り、迷いと選択を繰り返して、生きていくんだなと思う。 心は苦しくなったけど、涙は出なかった。その分ものすごく、考えさせられた。

3年前

83c089af 2bcb 4854 931b c9a73a1ca6ccIcon user placeholderFd260288 a140 4c37 bfc5 b0672ba0ec4cF1cfa87b 9de3 4b01 af57 1f86cba70f858892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfe6ca31c9d d608 4c92 a4f3 f2f8c75fa949A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361 600
うつくしい人

あるところは私で、あるところは私に限りなく近かった。捻くれていて、天邪鬼で、めんどうな私だけど、いつかこうやって救われる日が来るといい。そんな風に思わせてくれる西さんは、近くて、偉大だ。 ”自分で不幸になれるんやったら、自分でも幸せになれるんだ。”(巻末対談)

3年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda646eb4f720 a3ce 4b44 8ea9 87cbe6c3be2b89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e898c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129eFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718 72
ひらいて

刺さる。針の先が、刺さる。そんな印象。目指す先へ走って、なぎ倒して、突き飛ばして。でも形は違えど10代の恋心は誰しも独りよがりで、結局こんなもん。愛の姿は、ものすごく等身大だ。

3年前

86a624fb 953e 4b91 92b8 52fd6a10e77d522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d47253c9b c166 4226 8290 1315840daccd0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00E35c0f13 2aeb 49c7 b68e 531ef922d62e742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7 25
しょうがの味は熱い

もどかしくて、もがけばもがくだけ絡まるけど、もうそのしがらみ含めた愛であり情であるのなら、それがもう2人のこれから生きていく世界なんだろうな。そしてそれは、間違いではないんだな、きっと。

3年前

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026bIcon user placeholder22c3cce8 91b5 4fd2 a677 527a8baf977d642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d8d788a16 5772 4a7e bc8c 819f4633705825536880 d155 457b 98df d8a14c335b05 17
かわいい結婚

男性とは、女性とは。働くとは、生きるとは。本来ならもっと重たくなっても致し方ない部分を軽快に、ポップに描く山内さんの文章が好き。ルミネやランジェリーの表現には思わず唸った。

3年前

Icon user placeholder1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642690402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd4454a2f17 9069 4b9f b6f2 37ab5fb9f267693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004 23
ストーリー・セラー

待望の文庫化。一冊丸ごと、とても純粋で、ひたむきで、真っ直ぐな空気を纏っていた。 過ぎると酷にもなる、紙一重なこれらの空気感が決して嫌味ではないのがまた良し。 たまらなく切ないけれど、私は号泣したけれど、彼と彼女のこれからがどうか、願ったものでありますように。

約3年前

76fe065e efe5 4837 8057 34a2ada49582Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eAf862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097bIcon user placeholder5404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aacIcon user placeholderIcon user placeholder 93
まちの本屋 知を編み、血を継ぎ、地を耕す

小さい頃から本屋は身近だった。1人で歩いて行ける範囲に、個人書店2件、中古書店2件、チェーン店2件。まちに本屋が根付いていた。本屋があるまちだった。 今の自分に至るまでに出会った本屋さんの数々を思い出しながら、自分の仕事の意義をいま一度考える。場所も環境も置かれてる状況も訪れる人もなにもかも違うからこそ、私が自分の場所でできることはなにか、を。

約3年前

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d864088f09626d b87f 4391 b987 daee56b364dbE51a8847 dd98 49a7 ab19 1f64eb7a881d
きみは赤ちゃん

人一人を産み育てるということ、人生を、生活を、背負うということ。責任と重圧とに押しつぶされそうになりながらも我が子の日々の成長でなにもかもが救われるって、子育てってすごい。こどもって偉大だな。 そしてやっぱり、女は強い。母はもっと強い。

約3年前

384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af94ac9095 b4e0 41e9 9e11 e1618df0b23cE1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c89a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccbD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869 19
雪と珊瑚と

しっとりとした文体は、読み手をとっても心地よくさせる。 人、縁、場所、食べるもの、目にするもの、手に取るもの。素敵な出合いというのはこんな風に連鎖していくんだな。 珊瑚が着実に前進していく姿や、色んな苦悩に立ち向かう凛々しさも良いけれど、この小説に纏う空気感がたまらなく好きです。

約3年前

6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026bIcon user placeholder21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff14357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23aIcon user placeholderCbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a854466 22
サーカスナイト

バリの緩やかで気持ちのいい空気を纏ったこの本は、優しい人と穏やかな人とで溢れていて、心が浄化されていくようだった。 教訓や常識をしばし忘れて、こんな人生を歩んでる人がいるならそれもまた良しだなあって、ふわっと考えてみたり。

3年前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e16ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4daBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa30402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a002b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269Ad38bb73 d5b8 4fdf a4d3 115d189e17ca 14
世界は終わりそうにない

しをんさんやばななさんとの対談はとっても面白かった! 常日頃、作家の目になってみたいものだと思っているけど、あんな風に物事を見てみたいし感じてみたい。角田さんの目で、感覚で、この終わりそうにない世界を見てみたい。

3年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb605e896da2 39dc 4167 b653 62bb7854d6617e72b1ca 6393 4256 ac1d e22a918d54a6F2b823ae 546b 43be 8403 892c4423e57d4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae4e5a5d4b 962c 4e8b 84c9 843f7a974933
本屋になりたい: この島の本を売る

本を売るっていい。それが人と人とで繋がるのはもっといい。書店員になりたいと思った時の自分を思い出して、環境は違えど私も私なりにやっていこうって思えた。 わかりやすくて親しみやすい。とっても読みやすい一冊。

3年前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132617cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa525536880 d155 457b 98df d8a14c335b05308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b268a5f1d13 9444 441b 9d8d f86410118858B28a5f05 1612 43f2 b125 9f281d64fea403e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 33
さよなら、ニルヴァーナ

いろんなことを、突きつけられて、私の全てを試されたような、そんな気がする。 こんなにも消費する小説は久しぶりで、でも消費してるからこそ入ってくる熱量もすごい。

3年前

Icon user placeholder5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d291050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fcIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 38
リバース

大方予想通りの展開かと思いきや、ラストの見開き2ページの衝撃といったら。主人公に感情移入してたら、一緒に死にたくなった。絶望ってこういうことなんだ。 『告白』の次に好きです。

3年前

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beFd66c2b1 2c02 46f2 acf5 d96effd4729e63353e1a 64d8 4d21 bf6d 3bd125f255715aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beD13b719c fb14 465e 86a2 3e213a4f1b140a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4Icon user placeholder 89
サーカスの夜に

コックが作る料理の数々は、さすが糸さん、どれもこれもとても美味しそう。 少年の目線で描かれているから、物語には終始やわらかい雰囲気が溢れている。 物事が大きく動くわけでは決してないけれど、元来人生ってそういうもので。少年に寄り添いながら、穏やかに進む感じがとても良かった。

3年前

6c5c4c7e 0584 4b13 a229 f2869ec9088580d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c00265dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937eBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167Icon user placeholder 11