450974d3 f645 49c4 ab5a 4c88433f554e

ぴー

初心者

初心者

12

コメントした本

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

私は意思が弱いと思っているので読んでみた。 まず、意思が弱いと思っている時点で弱くなってしまうらしい。努力で意思の力は向上する。との事。 各章にまとめが書いてあり、そこを読むだけでも良いかも。 各章のまとめ 1 明確な目標を持っている。2 if-thenプランの形で「いついつになったらやる」と計画している。 3 現状と目標までの距離に目を向けて「目標に近づくために何をすべきか」に焦点を当て、モチベーションを維持している。 4 成功できると信じている。同時に、成功は簡単には手に入らないと考えて、努力をおこたらない。 5 最初から完璧を目指さない。失敗を恐れることなく、少しずつでも進歩することを考えている。 6 どんな能力でも努力で身につけられると信じている。どんな困難でも「やり抜く力」を持って当たることができる。 7 意志力も鍛えれば強くなることを知っていて、習慣的に鍛えている。筋力と同じように、意志力も使いすぎれば消耗することを知っている。 等があり、人間の意思って結構弱く、意思が続くように工夫が必要と言うことが分かった。

1年前

01ddbc06 d2aa 415a 8262 3773239eaad3A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bEbb96471 43e1 4f35 9c81 1840af3c34225e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113fA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 14
遅読家のための読書術―――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

遅読家であると自負しているので、読むのが遅くても内容が完璧に頭に入って忘れない。とかなのかと思って手に取ったが全く違った。 遅読家でも1日1冊読める様な読書法(心持ち)を詳しく教えてくれている。 まず、多くの読書本で書かれているものとして、熟読の否定・読書時間の意図的な確保(朝が奨められてる)・飛ばし読み・キーワードサーチ読み等が書かれている。 しかし、多くの読書本で奨められてる線引き読書は奨めてなく、オリジナルな物として1ライン・サンプリング&エッセンス&レビューと言う、A4用紙に気に入った一文を抜き出し、さらにその中から最高の一文を選び、その一文を選んだ理由を書く読書法を紹介していた。 これで内容が思い出されるとの事。 これは試してみる価値がありそう。だが、貧乏性な私はあまり必要のない本にしか使わないかな~。 あと、最近の本なので、本の所有について拘っていなく、図書館や古本屋も奨めているのが好感が持てた。 というか、文章の端々に低姿勢な所が見てとれるのが非常に良いなと思った。 読書家の人は往々にして傲慢な気がするし文体にも表れている気がする(私もそうなって来ている気がするので自重する必要がある)が、読書をしなくても良いと言う事を書評家なのに言っていて、低姿勢なのが好感が持てる本であった。 1ラインを1つ P130本を気軽に開き、気軽に読み始められないのは、「その本を読むことによって何を得たいか」がはっきり決まっていないから →私が読書の本が読みやすいのは、本の読み方を得たいと言うことが明確だからなのか!

約2年前

1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f8B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholderIcon user placeholderE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b9822D5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50290cba6b 24be 4792 a712 3880889e6826 37
読書力

読書の方法を学びたく本書を手に取った。 結論から言うと私には合わなかった。 本書は三章から構成されており、 一章は読書がいかに素晴らしいものかと言うことが筆者の経験から具体的な例も交えて語られている。この章で全体の3/5程の分量であり、読者が本へ向かいたくなる様に筆者が力を注いでくれているのが良く分かる。 二章は読書をスポーツとして捉え、技術向上の為の音読や三色ボールペンで線を引く等の方法が記載されてある。 三章は読書を通じて得た知識がコミュニケーションに役立つ事や記憶を定着させるためにやる読書会やクイズ等の方法が記載されていた。 読み終えた感想としては、筆者のプライドの高さが文章に終始見え隠れしたのが非常に鼻に付いた。筆者の本をまだ一冊しか読んでいないし、筆者の生徒でも何でもないが選民思想が強く生徒を依怙贔屓しそうだなと勘繰ってしまった。

約2年前

Icon user placeholder15cefcd0 0469 41b6 9d55 a8151d2e2688Icon user placeholderAdd23ce4 033c 45b8 98b7 6701821adc68D13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0Icon user placeholderF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 76
《増補改訂版2015》本好きのためのAmazonKindle読書術

改訂版の2017を読んだ。 このアプリもこちらに書かれていたものなので便利に使っている。

約2年前

「学力」の経済学

とても面白い本。 教育を経済学の観点で分析をし、よりリターンの高い教育施策を展開すべしと論じている。 ・ご褒美で釣っても「よい」 ・ほめ育てはしては「いけない」 ・ゲームをしても「暴力的にはならない」 等の現教育で教育経済学的には誤って信じられている通説をエビデンスを基に解説している。 私には第1章~3章までが非常に楽しかった。 1章の教育に対しては一億総評論家と言うのが人事をやっている身としては、人事にも同じ事が言えるなと思い、教育施策の難しさが見てとれた。 2章は教育も投資と全く同じで初期に投資をすればする程リターンがでかい。と言っており、何となく分かってはいたが、就学前の教育が将来の収入にまで影響するというデータ等で紹介している。 三つ子の魂百までとは本当なんだ! 諺って凄いなと思わずにはいられなかった。 また、報酬の与え方としてアウトプット(テストの点数)ではなくインプット(読書)の方が良いと言うのも具体的で納得がいった。 そして、男の子には男親の時間を割いて学習をさせる事が最善と言うのは、今の内に知れて良かった。 3章では非認知能力の重用性を説いており、その中で「自制心」・「やり抜く力」が将来に影響を与え、躾等によってその力が身に付くと言うのは、明治維新後に日本が急成長していった事にも寄与しているのではないかと思わされた。成人後にも非認知能力は伸ばす事が可能と言う事でやる気が出たのも良かった。 4章以降は、現日本教育への警鐘。エビデンスがない施策を行い、只でさえ財源の無い日本の財産とも言える子ども達の能力を伸ばしきれてない現状に危機感を覚えた。 1ラインセンテンス 「やり抜く力」はどうでしょうか。スタンフォード大学の心理学者であるドゥエック教授は、この力を伸ばすためには「心の持ちよう」が大切であると主張しています。 →正しい思い込みって重用。

約2年前

1783b7a5 d3c2 4efa 8e3c a29ed9323e0f33fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956bF9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af12cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c5808cc3cb2 b3c9 4ecd a5f5 a0bd280aba13D1d82de1 fa95 4b2b 9b94 bf8c07785f867bd7133f b54d 4025 8ba0 f3c0c50f2b3e 106
レバレッジ・リーディング

読書を自己投資と割り切り、投資額の100倍のリターンを得るための方法が書かれていた。 読書をする時間がないと言う言い訳を、読書をしないから時間がないと言われたのは身につまされた。 勉強のためには、カテゴリーを集中する。自分にとって易しく、安価な方がすぐに役立つ本が多いことや、実務者が書いた経験型の本を読んだ方が良いなど、本の選び方も勉強になった。 また、本の読み方として、その本から何を学びとるかを明確にし、制限時間を設けて一気に読むカラーバス効果(学びたい箇所を明確にして読めば飛ばし読みでも重要部分を拾える)や前書き・目次・後書きを読んでから読む等役に立つことが多かった。 また、2割程度読めば重要部分の8割を抑えられると言うことや、ダメな本はさっさと切るなどの読む為の心構えとして役立つと思う。 最後は、殆どの読書本に共通している読書後のフォローについて書かれていた。これは重要なんだろうな。

約2年前

Icon user placeholderC1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320c7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94A9027523 1118 483c 9df2 b96860d6dcfe6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aIcon user placeholder798e985e 759d 4cc5 9229 d6ff9a995733 104
読んだら忘れない読書術

私はほとんど本を読まないし、読んでもすぐに忘れてしまうのが凄くストレスだったのでこの本を手に取った。 1章では、読書によってストレスが軽減されたり、収入が増えたりと読書をしたくなる様な事が書かれていました。 でも、最終的には楽しむのが重要であるとの事。 2章では、忘れないための方法。1週間以内に違う方法で3回アウトプット(このコメントもその一つ)や、隙間時間読書や深読のススメ等が記載されている。 3章では、前章の更なる具体例。スクイーズ読書、15分読書や寝る前読書のススメ等。 4章では、目的を把握するパラパラ読書で読書の方法を定め、速読か精読かを決める。や、ワープ読書等タメになるのが多い。でもやっぱり楽しむのが重要との事。 5章では、本の選び方。ここでは守破離(よく武道などである考え)を意識して読書をする事。因みに私は読書術は守を意識せねばと気付かされました。Amazonのレコメンド術等は漫画購入で慣れてるので、目新しさは無かった。でも、その後の試し掘りをし、良かったらその分野を深掘りする事。はその通りと思いました。 また、私は短所克服の読書がメインなので長所伸展も考えよ!との事も改めて気付かされました。 筆者分類の活字による自己投資の期間は以下の通り。 短期:ネット、新聞。短期:ノウハウ本。中期:仕事術。長期:思想、生き方など。 6章の電子書籍は有効性について言及。 7章は本の買い方、金の使い方といったところ。 8章はオススメ本。 とても読みやすく、読書をしようと思う本でした。

約2年前

33ce24bc 7105 4e2e adb6 88c078af6bb1Icon user placeholderIcon user placeholderD158015a 5ef6 466f 920a 73d3fb4a1c756ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d9Icon user placeholder9edd3380 3d7d 4499 af92 c00e17fa7414 135
売上目標は立てるな! 20人までの組織をまとめるリアルマネジメント

1,000人規模の会社で人事をしているが、日頃思っていることが良く当てはまった。 特に1~4章は凄く納得する。 仕事の価値観をトップが語ることは非常に重要で、しかも一貫していなければならないと思う。  自分が経営者になったら参考にしたい。

約2年前