6ffdc386 e16c 4429 a887 401b423b5e6d

伊集院

珈琲と本の日常

珈琲と本の日常

10

コメントした本

晴天の迷いクジラ

読了。 「ふがいない僕は空を見た」の次に読んだ本が今作でよかったなと思う。 前作もこの本も、みんな登場人物はどうしようもなくふがいない。何より由人があまりにも普通で、自分にどこか似ていて好きだ。由人の気持ちはすごく分かるし、野々花にも正子にも、抱える事情があって一生懸命生きてて愛しく思う。 そして最後の「だけど僕は死なない。たぶん。」という言葉にこの本の全てが表されてると思って、窪さんの文章は本当にすごいなと思う。 こんなに文章が生きてて、感情が入ってくるだなんて魔法だなと感じた。 窪さんの作品を読んでると、人間には希望が必要なんだなと思う。 日常の中には、つらいことや苦しいこと、悲しいことがあって、友達や家族に励まされて、またバカなことで笑って、ちょっとしたらまた他のことで悩んで……そういうものを抱えてみんな生きている。 人生はそのサイクルだ。それでも明日は来るし、一日を過ごしていく。 生きるということが希望なのかもしれないなと本当に思う。 だから、生きなきゃ。

約1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1fFc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada26794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 14
伊集院大介最後の推理

2年ぶりの伊集院大介シリーズ。 ずっと待ち焦がれていて、最初の短編を読んだ時の「カオルさん」という言葉がすごく優しくて、本当に泣きながら笑った。カオルさんも言ってたけど、私はこんなにこの人が好きだったんだって思った。 私が伊集院大介シリーズと出会ったのは中2の冬であれから4年半が経った。伊集院さんがいたから今の私がいるのだなと心から思ってる。 この本を読んで、昔から私のそばにあった優しさは変わってないと思った。 ずっと、伊集院さんは私の心の中で生き続ける。そうやって私も真実を見ていき、生きていきたい。

約1年前

ボッコちゃん

だいぶ前に読んだ本。 内容忘れちゃった(TT)

約1年前

Icon user placeholderDd00e078 f2a8 4deb b55a 4d6458e39248Icon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholder21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffB6a065d2 1712 4309 8acc b16077f6e90e 69
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

なんとしてでも読了したかったから最終巻だけ購入。「覚悟が全て」という言葉が最も印象的で、今でも迷った時などはこの言葉に救われてます。 中学の時に初めてビブリアを読んで、それまでは恋愛小説ばかり読んでたのが、もっといろんな本を読みたいという気持ちにさせてくれました。 ドラマも好きで何回も観てたけど、実写化も楽しみ!絶対観に行きます!

約1年前

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderIcon user placeholder56a03690 63b8 4975 853f fac13092849b7ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b72a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 31
君の膵臓をたべたい

この本を読んでいると、日常の静けさの中で少しでも幸せがあるんだなと気づかせてくれます。何度も何度も、再読してまた新たなものが見つかればいいなと思います。

約1年前

902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e3Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eE510cdd8 d2c6 42c0 bed2 067a725e7287A287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4aIcon user placeholder0ed6d838 684e 40f9 9c36 3971007a8878Icon user placeholder 591
誰も知らない世界のことわざ

読了。 日本のことわざとは違う表現があって、逆にそれでしか表せないことがあるって思った。 「あなたは、私のオレンジの片割れ」 「ある日はハチミツ、ある日はタマネギ」 「水が半分しか入っていない壺の方が水がよくはねる」 「ブドウはお互いを見ながら熟す」 「あなたのレバーをいただきます」 「一輪の花だけが春をつくるのではない」 が個人的にはお気に入り。 これらのことわざを忘れずに歩いていきたい。 ちなみに「あなたのレバーをいただきます」は「君の膵臓をたべたい」にフレーズも意味も似てるなって思った。

約1年前

92921a81 2531 4064 a689 cc6d1319fd9c9ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a51bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2133440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf338e6f5ba fe9b 4628 985b f0dc4aa8455c 30
ふがいない僕は空を見た

いろいろ考えさせられた。タイトルだけ読んだ時からも読了した後もやっぱり思うのが、みんな「僕」だということ。 私も「僕」でふがいなくてどうしようもないけど、この本の存在が心を救ってくれたし、何より登場人物達の抱えてる事情の深さにすごく共感した。一人じゃないんだと思った。 昔はファンタジーなどの何かしら変化がある本が好きだったけど、今は日常を描いた本を読むようになった。何気ないことの中にどれだけ大切なものがあるかが分かってきたのかな。 そして、私もよく空を見るからなんでだろうなって考えてみた。 タイトルの通りだ。「ふがいない」から、私も空を見る。

約1年前

5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864bIcon user placeholder39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eIcon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb 104
ジキルとハイド

名前は知ってたけど読んだことはなく読了。 心理学を学んでるから一度は読んでみたいなと思っていたけど、すごく面白い。 心理描写が細かくて、実は何気ない言葉の中にも濃いものがあるなと思う。 また再読しようかな。

約1年前

E44b7aef 20e4 462a af2c 581ccb06e8ebFaf14b11 b8ee 46f0 806e 2837316c0b433233c45c d7cf 460f 834c 3139d33630edB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baF8842930 88b0 4dbc 898b 7624e8c8f92f7693d805 41a6 49ad ba0a 6e9e1ddaafecBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 17
首折り男のための協奏曲

短編だったと気づいた時の衝撃。。。

約1年前

Icon user placeholderC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d5637225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e4888297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aaCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709311a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f 65