931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きらしからぬ…

劇作家らしき仕事してるが物書きらしからぬうんぬん tsumazuki no ishi&少年王者舘合同公演「寝覚町の旦那のオモチャ」2014年8月22日(金)〜9月1日(月)東京下北沢ザ・スズナリ

143

コメントした本

私の消滅

中村さんどんどん変化していく。

約2年前

8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f1916365e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635365880e26 31d5 4d14 8918 fce357264d40147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e15d7e9cc 9bf2 4b49 aa40 75066784a5c5 56
すばらしい新世界

なんかウエルベックと通じるものがあると思った。その島の可能性とか。かなりユートピア性の高いディストピアで、個人という生き物と社会という生き物の間にある相容れないところの妥点が、今でも新しいと思う。

約2年前

Icon user placeholderC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c70970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aW9 ha vd normalB825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d4960949558df 084b 411b 82ed e0d35139e7dd7c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cb 21
ルポ ゴミ屋敷に棲む人々

メインタイトルがだいぶ煽っているが、本題はサブタイトルの、セルフネグレクト、孤立死についてです。東京23区内では毎日10件前後の孤立死が発見されているらしいです。あとどういった経緯で住人が自宅をゴミ屋敷にしめしまうかがわかります。とても人ごとではないと思えました。自分も独り高齢になったら、ヤバい、と思い、気分が重くなりました。

約2年前

Be0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da13a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf513a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
エクソシスト

映画はずいぶん昔に観たきりだから、比較できないけど、小説だと、つまりは罪の意識が主題なのか?科学的な考察もおりまぜてあり、今読んでも現代的。

約2年前

昆虫はすごい

昆虫は、すごい、ていうか、エグい!地球上でだいぶヤバいヤツらだ。人間なんかよりかなりなヤツら。

約2年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a07f27549 2608 4ee9 bb08 1fd4e79627a3Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder19d73cda 0a39 4eb9 860a a61d952e0c558a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f 15
むずかしい年ごろ

ロシアの今の若い作家の作品を読んだことがなかったので、いやはや、すげえなと思いましたよ。ロシアの古典以外だと、SFしか読んでないので、この作品集も、SFぽくもあり、ホラーぽくもありで、面白いです。すげえし、こんなん書けるなんて、かっけーな、と思いましたよ。

約2年前

Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91bFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c64d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce347e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0
黄色い雨

最近出た文庫版は、短編2作付いていてお得です。短編も面白いです。

約2年前

Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92078c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fAkiaivjyeuyp25rambwa
カンガルー・ノート

安部公房再読月間。カンガルーノートとかいわれ大根。うーん。

約2年前

7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb84900970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6404917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c59cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc26B839f0bb b4a7 4f0a b618 c8ca8a807b06 18
最貧困女子

しんどい。これはしんどい。

約2年前

26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Fd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c8Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d895dbcbf4 f246 4160 9854 34b26b5603c9E10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb8363ca147 c85d 4537 8c67 2bc03e728c7c 23
フランケンシュタイン

フランケンシュタイン、こんな内容だとは。哀しい話。罪と罰的な。

約2年前

ドン・キホーテの旅―神に抗う遍歴の騎士

ドン・キホーテを読む前に、読んでみたら、とんだけドン・キホーテがすきなん!?どんだけセルバンテスがすきなん!?て感じで引いてしまった。ドン・キホーテを読む気なくすくらい。

約2年前

私のいた場所

ロシアの作家。寓話というより怪談というか。民話みたいな語り口の幻想小説。寒い国の閉塞的な恐怖感。戦争がまとわりつく。抜けのよい自然はない。自然にまで追い詰められる。病気の時にうなされる悪い夢の総集編のような。

約2年前

エドウィン・マルハウス

岸本左知子氏の訳する本にハズレなし。子どものピュアな黒さよ。黒い春、黒い夏、子どもたちの夜。いたいけな黒さ。無鉄砲なはじける黒さ。

約2年前

830a1e83 fe00 4e9b a2f0 13f13a88def0C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1138c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca7701321079727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97785fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb 15
東京奇譚集

やはり村上春樹は短編がよいと思う。村上春樹復習中。

約2年前

A9316faa 8c6c 4f2e 8766 595ca5b148a3Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e9779887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7F33fb386 d8f0 43cc b7b4 3ed5d67812af 12
野火

映画を観ずに、まず読むことにしました。

約2年前

A56acdc5 1864 47cd 9023 eaf4a47fa302Icon user placeholder37cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f78A5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c4215acb2393 5a07 4cea b472 39b5f31161a5Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03C217fe9d f8fa 4ff2 b1f9 c837e4620069 18
レキシントンの幽霊

村上春樹復習中。だんだん思えてきたのは、村上春樹は長編より短編の方がすごいかもしれない、という事。

約2年前

D9736957 aa8b 481c 9e90 cd5f3f71bcf26d6e2b30 51ab 46a6 b396 41e22f728aedIcon user placeholderIcon user placeholder93b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769f22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f 31