8bff9a1f ad9b 46d5 ba0d 3a17e7037830

Tosh

人生は短い

人生は短い。時の流れに洗礼を受けていない本を読む時間はない。という言葉からマスターピースを読み漁る事にします。最近は専ら祖父母の家から流れてくる本を消化していますが… 【書評をするために読んでないので、直感的な感想です】

34

コメントした本

回転木馬のデッド・ヒート

女を買った獣医の電話番号がわんわんにゃんにゃんは流石に面白い。

約3年前

Icon user placeholder84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df744c1e3ad3 f2fe 4223 8b65 fd251e62c5be 13
まほろ駅前多田便利軒

読みやすくてあっという間に読んでしまった。話のスピード感とかキャラクターの緩さが街の雰囲気をよく伝えてるのかな。IWGPを思い出したけど、池袋みたいにエグい街じゃないね、まほろは。

約3年前

50fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0eaDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553880c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda406746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005 85
必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

著者の嗜好の偏りを感じざるを得ない。自分自身の生活は自分で学び省みて作るものだ。あるいは、誰かとの生活を経て新しい習慣ができていくことが生きていくことの楽しさじゃないかな。参考としてはこの本は良いのだろうけど

約3年前

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c5474640ddefb70 4488 477d 9660 9258b21db997Ab0a9235 3e4d 42bd 9c89 599522e6196737866381 cae7 48ec 80eb be86d18091900d592dc3 6214 4622 9240 1d0659903e9b8af17fff 0f55 4cd6 9f8e 0853bf7cd12d 10
ディスカスの飼い方

叔父の辿った道を見せられたような気がしたと共にディスカスを飼ってみたいという考えは無くなった。物語の大半がハードコアなディスカス飼育の専門知識で埋め尽くされていて熱帯魚飼育の経験のない人が読むのは難しい。アクアリウムに片足突っ込んでるような人にしか面白いと感じられないかも。

約3年前

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef3126d712a0 a7d0 424e b489 0c7d79ffd5fb
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

議員事務所で働く友人に読めと言われた本。お金の管理や友人との付き合い、また家族と過ごす時間を大切にすることなど、人として守らなければならないことを父が息子に宛てた手紙に綴っている。企業経営については日常に落とし込むことは難しいが、その他の部分は心に留めておきたい。

約3年前

Icon user placeholder88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cIcon user placeholder804e1140 54cb 4782 91d7 e85a26972232Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deAa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6 13
グレート・ギャツビー

村上春樹の訳したThe Great Gatsby。1920年代のニューヨークの賑わいを垣間見れる。ギャツビーという男の悲しいまでの「愛情」とアメリカの上流階級のソリダリティの衝突。フィッツジェラルドの人物やその所作の描写がとても綺麗でトム・ブキャナンやギャツビーなどが頭の中で生き生きとする。

約3年前

5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b88cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda647262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dF21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eIcon user placeholderIcon user placeholderE33c5665 ee0f 46b7 9f5d e0a7408efad1 73
風の歌を聴け

ちょうど良い濁り具合。村上春樹の作品は少し読んで遠回りして行き着いた処女作。クスリとくるユーモアや飄々とした生活に惹かれる。青春というには淀んでる!?手に取れそうで取れない、解釈の余地が絶妙な!?登場人物たちに引き込まれるのかもしれない。でも、わかんないな。なんで読んでしまうのか。

約3年前

A64335ed ab91 47bf 88a1 4f78255167d8Ea5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1eF2ab4abc e2a3 46a2 b580 5fa93ba24c0139066682 b36d 4b57 b86d dfb07ffc2ec107895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3364e15290e fb3f 4758 8729 e817a7a47636F9f7780e 014f 4422 bcd2 66688f6fdb65 102
村上朝日堂 (新潮文庫)

便所に置いておくのに良かった笑

3年前

3e11f88d dc4f 429c 8fdf 275657fa27d18f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBbcbe9a6 1685 4be6 ac35 5a1b14ab68e97a9cc258 aa7f 4b7e 83a8 f5be3e076c7528bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
海辺のカフカ 全2巻 完結セット

15歳にしてはこの少年…と思うが、カフカの自分を律するようなハイスタンダードを身に付けたいと思った(ただし、親しい人との交友の仕方を除く)

3年前

57bfb3cd f074 4761 b32e d36e7df7e917Icon user placeholderC6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d02c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f862f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec28A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a836 23
アラスカ 光と風

改めて、自然と切り離され、大量生産大量消費によって失われていく自然や文化をまったく意識しない生活が果たして正しいことなのか疑問を投げかける本。

3年前

ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック

プリンストンで学んで伝説的な小説を書いた人でさえこうなのかと驚きながらも、村上春樹の語り口が心地よくてページをめくってしまった。もっとスコット・フィッツジェラルド読んでから読めば良かった。短編2つが切ない。この魅力的な解説でもっと読もうと思える。

約3年前

アヒルと鴨のコインロッカー

原作主義者の自分が映画を見たいから読んだ。もしかしたら、並行する2つのストーリーがある小説が好きなのかもしれない。伏線回収がどれだけ論理的かどうか考える。言語学を齧った人間から見ると…

約3年前

C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d5566b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholderC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d563F5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff05404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aac297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1 199
シュナの旅

兄からの贈り物。ファンタジックな世界観はこの頃からあったんだなというのと、絵物語というのがとても面白い。戦闘機は出てこない笑

約3年前

D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f4Icon user placeholder16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e4560d82f 0504 4de6 b446 f5ae9e48e6feC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f887557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f3455A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a 34
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

アパレルで働く友達にあげようと思う。

約3年前

2441d909 2217 40db 860a 438a4b7b78848454b512 7e81 4187 82f2 8e82ee562dd9Icon user placeholderIcon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d 157
星の王子さま

読まないと恥をかきそうだったので。

約3年前

Icon user placeholderIcon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be79ef8000 98db 44de bc68 d960a50d045fIcon user placeholderIcon user placeholder6a2978e7 e3a5 417a 9aab 1e28584c4597 39
国境の南、太陽の西

多くの人が持つ初恋や初経験に対するノスタルジーや執着のようなものを抱えた主人公が現実との間で葛藤する話…だと思う。

約3年前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603fAc8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed6Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0Icon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc565858c877b7c e060 40fc a6c1 97228e08ed9c2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 53
螢・納屋を焼く・その他の短編

螢はノルウェイの森とほぼ重なる。やっぱり"死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。"という言葉好きで、これを見ると日常の行いを正す。人に優先順位をつけることになってしまうかもしれないが、より大切な人をより大切にしなければと。

約3年前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7C218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0daE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740063245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd86166f7f a267 4005 82ec f83bc49042375dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f 17
長い旅の途上

人は皆、何かを探す長い旅の途中にあるという話。今の自分の環境も肯定できるようになるような優しい物語が素朴な言葉で綴られている。

3年前

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a41768c7693c0 30aa 4cc8 a064 7c7493f2c0731c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0
人間ども集まれ!

こういうものも書くんだという驚き。クローン研究に警鐘を鳴らすようなエッジの効いたダークな漫画。面白かった。

3年前

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50Icon user placeholderBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c0849278c6 6da5 4aa1 9a4a c35990faa5216c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c90fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac4325142513a18 f770 4d05 ac3e 2557b5c42b3b 14
Anatomy of a Conflict: Identity, Knowledge, and Emotion in Old-Growth Forests

ワシントンやオレゴンにまたがる太古の森林をめぐる間伐業者と環境保護団体の議論。資源と見るか、遺産と見るかなど違った考え方をどうおさめたら良いのか考えさせられる。

3年前