Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
3792c910 ea1b 43a6 aea6 8e1c4da420e1

レオ

ホラー系の小説及び社会科学系の新書を読む…

ホラー系の小説及び社会科学系の新書を読むことが多いです。 よろしくお願い致します。

8

コメントした本

元ドイツ情報局員が明かす心に入り込む技術

元ドイツ情報局調査員の筆者が他人に信頼されるようにするまでの行為・思考法を筆者自身の経験を交えて解説した本。人に信頼されるようにするためには必ず相手の良い点を見出すこと等至極当然のことではあるが実践するとなると中々難しいものが重要であるということが理解出来た。流石、元情報局員だなと思えるような内容ではあったのだが、筆者自身の経験談のところが若干フィクション臭が強めに出てた感じが否めない。まぁ、この部分は置いといても今後人付き合いしていく上で、この本に記載されている内容を心掛けていけるようにすれば良好な人間関係を構築していけるのではないかと思われる。

約1か月前

82d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1c40a8276b 0f09 4ec6 8097 b4ecf507780f
コールド・リーディング―人の心を一瞬でつかむ技術

人の心を読み取る技術「コールドリーディング」のパイオニアとも言える作者が記したコールドリーディングのテキストのような作品。章を追っていくことで徐々にコールドリーディングの進め方を学んでいくことが出来る。また、筆者自身の過去の経験も記載しており、自らが実施する上での注意点等も把握しやすい内容であった。読みを外した場合の対処策等も記載されており、この本を何度も繰り返し読んで理解すればコールドリーダーとして色んな人を操作できるようになるのではなかろうか。

約1か月前

コールドリーディング‾ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術

人の心を読み取っているかの如く話をし、逆に相手から様々な情報を抜き取っていく技術「コールドリーディング」の方法を記した本。方法自体は比較的ありきたりなものでも言われてみれば「こういう言い方があったか。」と色々な発見を見出すことが出来た。本自体も薄く、1時間もあれば読み終えるような内容だったので、かなり読みやすかったと思う。

約1か月前

反社会学講座

大学の講義で扱われる社会学は内容がお堅いもので面白味に欠けるものが多い。そんな中、この本は読み手を飽きさせないように皮肉をたっぷり込めた構成となっている。だからといって適当な論理を振り回して記述している訳ではなく、しっかりとしたデータを示しながら各々の話題を掘り下げていっているので、信憑性という面もそれなりに確保はされているように見受けられる。とはいえ、これが今後の生活に何か役立つ内容かと言われたら決してそんなことはなく、趣味若しくは雑学程度に気軽に読み進める分には良作なのではないかと思う。

約1か月前

13a6e4ab 90a7 42dd 8a21 3a08f0ce383cEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6
経済用語 悪魔の辞典 ニュースに惑わされる前に論破しておきたい55の言葉

本家『悪魔の辞典』の経済用語バージョンを上念氏が皮肉交じりに紹介するというもの。皮肉たっぷりな内容だが考え方が偏重している感も否めず、個人的には大体の考えは上念氏に同意なのだが上念氏の考え方が行き過ぎていおり、「確かにそうかもしれんけど、必ずしもそうだって訳じゃないよね…?」と思わされることも多々あった。とはいえ、経済用語の説明に関してはしっかりされてて勉強になる面も多かった作品。

約1か月前

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて

サブタイトルに記載されている人の心を読み取る技術「コールドリーディング」の本。今作はかなり実践的な内容や応用が含まれていた。でも、本当に出来るのかは練習次第だし、中々難易度は高いと思う。ゆっくり身に付けていけたら良いな程度に読み進めていく本。

約1か月前

鏡映反転――紀元前からの難問を解く

「何故、鏡に映ると反転するのか?」この単純な疑問が過去から現代に至るまで長らく論争を繰り広げており、かつ現時点でもその明確な答えが出ていないことに関して驚きを隠せなかった。しかし、この単純な問題が何故現代に至るまで解かれていないのか、この本を読み進めていくことによってこの問題の奥深さを知ることが出来た。この本の筆者が行きついた答えは、鏡映反転というものは三種類の反転の組み合わせの違いによってもたらされるものであるというかなり斬新なものであった。でも、確かに文字の反転と身体の反転は同じようで違う。そして、最初は疑いの念が強かったこの説も本を読み進めていく上でその通りかもしれないと感じるようになっていった。何より面白かったのはこの現象が物理的現象ではなく心理的現象(認知心理学)によってもたらされるという点であった。確かに文字の反転とかは自分の頭の中に思い浮かべた文字との違いから反転を認識している(表象反転)。内容は中々難しく、一回読んだだけでは理解できてない部分は多々あるが、それでも心理的現象にもたらされる現象ではないかという考え方を享受出来た点において、中々価値のある内容だったのではないかと感じている。

約1か月前

怖い話はなぜモテる

「怖い話をすると何故女性にモテるか?」ではなく「怖い話そのものが何故色んな人にモテるか?」について稲川氏と平山氏が対談形式で語り合う作品。両氏の昔話等も散見され、両氏のファンである方には楽しめる作品だったと思う。

約1か月前