2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a8

sora@あろす

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、音楽中毒…

屁理屈、眼鏡、本の虫、珈琲好き、音楽中毒、愛煙家、理系、塾講師。不自由の中で自由気ままに、人を疑うこと疑い、感覚を言葉に。 読書仲間に出逢えることを仄かに期待しつつ、ぽつりぽつりと読んだものへの感想を書いていこうと思います。 感想を綴ることをサボっていたもののリハビリ開始。

133

コメントした本 ページ 2

ぺてん師と空気男と美少年

美少年探偵団シリーズ第2弾。 相変わらず、物足りないくらいに軽くてサクサク。たまに、ふふっとなるネタもありつつ。 ロリ婚約者を執拗の弄るところはとても西尾維新らしくて好き。 2016/03/28 読了

2年前

コズミック水

馬鹿馬鹿しくも狂おしい引力で世界に引き摺り込まれた。抜け出すのが惜しい、心地よく秘密めいた聖域、なんて言ったら言い過ぎだろうか。 とてもメフィスト感に溢れている。読む人によってはラノベみたいなものなんだろう。 個人的にはジョーカーの方が好みだったが、流→清→涼→水で読んだのは正解。 2016/03/23 読了

2年前

ジョーカー清

面白い。どんどん頁を捲り進むというのではなくて、じっくりと腰を据えるように読んでいた。 作中に出てくるミステリィが気になる。リストにして手に入れていきたい。 気が付いたら死体が増え、謎は山積み。探偵たちの推理と芸術家の顚末に期待。 2016/03/22 読了

2年前

ジャイロスコープ

7つのお話が入った短編集。書き下ろしは1つ。 セミンゴとサンタのお話が良かった。でも、蝦蟇倉市のアンソロジーで読んでいたホントスカが一番好きだなあ。 相変わらず、伊坂の短編は安定したエンターテイメントでした。 2016/03/09 読了

2年前

Icon user placeholderB36099dd 2b9e 46b5 8b12 2a8715bcd03cC6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf0Icon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2Icon user placeholder3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38 58
彼女が灰になる日まで

銀次郎シリーズ第4弾。 終始ふわっとした内容で不完全燃焼。今後の伏線となるものが張られているのか、はたまたただのハズレなのか。 聡美さんの薄ら寒い怖さの根源はなんなのだろう。わかるようでわからない浮ついた読後感を持て余す。 2016/03/04 読了

2年前

トム・ソーヤーの冒険

タイトルを知らない人はいないのでは?と思えるほど有名な小説ですが、読んだのはきっと初めて。 不思議な魅力を秘めた物語。青春よりも少し前のワクワクが詰まっている、男の子、いや、少年だった僕らのお話。トムやハックに自己投影しながら読んでいた。 2016/02/27 読了

2年前

28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523aB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 10
汚れた赤を恋と呼ぶんだ

だんだんと青い熱を帯びてきた気がする。今後に期待です。 光る言葉がちらほらとあり、シリーズ3作の中で好きな言い回しが一番多かった。 最終巻ではないのに、こんな雰囲気で大丈夫か?と要らぬ心配をしながら読んでいた。本当に要らぬ心配だった。続きが気になる良い引きでした。 2016/02/18 読了 自分の中にあるルールを守り過ぎるというのも考えもの。何事も加減が大事。白や黒の方がわかりやすいのだけれど、彼女には濃淡を意識して灰色を獲得して欲しい。 闖入者の大暴れで嵐の予感。 2017/04/25 再読

2年前

03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f23A75dd693 0674 44f1 9bf5 edfa52d2bfc724fa6c8d 94a4 4b43 a282 5371fac0fa5723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholder1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 19
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星

戯言・世界・伝説シリーズが好きな僕としては軽くてぬるい。物足りない。ライト寄りが増えていくようであれば、熱が他の作家に逃げちゃうかもなあ、なんて思ったり。アニメやドラマから入った普段あまり活字に触れていない人には丁度いいのかな? 強いて挙げるとすれば、袋井くん風刺比喩は面白かったかな、くらい。 2016/02/09 読了

2年前

C48cb168 881e 4811 953d 7fc68f82b7f3F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e95597e5ee 675c 4ebf a72a e39f9276ef34
図書室のキリギリス

ほのぼのと青春を覗くようなお話。学校という空間は本当に異質で面白い。 いろんな本が登場し、読書欲を掻き立てられた。巻末に作者のブックトークがあるのも嬉しい。 そして、図書室が充実している学校が羨ましい。小学校は素敵に充実していたけれど、中高とおまけみたいな図書室しかなかったから司書さんと仲良くなることもなかった。惜しいことをした。 2016/02/06 読了

2年前

Icon user placeholderDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4De6461f6 4acf 4548 84b3 db3fc2d0c06bB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c6326afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339 13
ぼくのメジャースプーン

「ぼく」が聡明過ぎてなかなか心が持っていかれなかった。こんなに理路整然とした小学生の男の子って…という感覚のズレを最後まで引き摺った。 『子どもたちは夜と遊ぶ』で上がったハードルを越えられず。いや、面白かったですよ!そして、秋先生の謎が解けたのは気持ち良かった。読むのであれば、是非『子どもたち(ry』を先に! 2016/01/04 読了

2年前

Icon user placeholder5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be36945955 20dc 45f7 9730 752febe64209Icon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4bAd2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf0761017d43 fd0f 4930 a885 93b3385205db 86
道徳という名の少年

大人向けの寓話のような連作短編はサラッと読めるものの、何かを心に残していった。その何かの正体は掴めていないけれど。 後半のインタビューは流し読み。インタビューやエッセイなどの気持ちや思考の強いものは苦手だな、と再認識。 桜庭一樹の仄暗い世界と角川文庫の背表紙が可愛くて好き。 2016/03/24 読了

2年前

D61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed4972840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e040fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf65289040f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609D9a4844a adb1 4012 a813 40f86e3b59c313107912 3820 48ee 8874 efb018c439c1
ジョーカー涼

止め処なく登場するミスディレクションとどんでん返しに狂喜乱舞。上巻でじっくり読み進めたのとは打って変わり、濁流に翻弄されるが如く読み進んだ。 四大奇書が既読であれば、もっと楽しめたのかもしれない。数度となく途中で投げ出しているドグマグへのリベンジを誓いつつ、興奮冷め止まぬ(ポンコツ頭にリンクの記憶がある)うちにコズミック下巻を手に取ることとする。 2016/03/22 読了

2年前

コズミック流

とんとん拍子に密室で首がとれる。テンポ良くどんどん首が落ちる。あっという間に19の密室と19体の首切りの出来上がり。 続きが気になる。まえがきにあった作者オススメの順番で読んでいこう。買った時に首を捻っていたタイトルの一文字の漢字が読む順番で「清涼 in 流水」となるなんて素敵じゃないか。 2016/03/09 読了

2年前

ハックルベリイ・フィンの冒険

目線が変わるとこんなにもトムは面倒臭い奴なのか!と苦笑した。 冒険ごっこだった「トムソーヤーの冒険」とは違い、しっかりと冒険をしていた。冒険らしい冒険をしている序盤の方が個人的には好み。 奴隷や神に対する姿勢が上手く飲み込めなかったものの、ワクワクしながら読めた。 2016/03/08 読了

2年前

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bdB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6Bae159ae 23a1 4b82 bfcd f236ec4f97aa
文化祭オクロック

文化祭を舞台に繰り広げられる青春ミステリィ。快活なキャラクタ、内向的なキャラクタと学校らしさが懐かしい。 作中に出てくる音楽の高校生らしさにほっこり。紅鮭芥子マヨネーズの曲が聴きたくて堪らない。高校生バンドの下手だけど元気で、何よりも本人たちが楽しそうに演奏している空気が溢れてきた。 ネットリテラシーなんて硬い言葉を拒否しながらもネットが当たり前になっている中高生には是非読んで貰いたい。 2016/03/03 読了

2年前

君の膵臓をたべたい

お涙頂戴なお話は基本的にあまり好きではないのですが、良い小説でした。推してくれた子に感謝感謝です。 気付いていなかったけれど、いつの間にか主人公へ感情移入していたようで、主人公と同時に涙腺が崩壊しました。ひさびさに流した涙はなかなか気持ちの良いものでした。 爽やかでちょっと捻くれたセンスの光る会話の応酬が素敵。 意味なしジョークやコーヒーに対する価値観は森博嗣へのオマージュなのだろうか。とろサーモンの漫才ネタへのオマージュが個人的にとても好き。気が付いていないだけで、もっと隠されているのかもしれない。 2016/02/18 読了

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac2e2c6a29 0acf 4467 bef5 4f072ce826a3B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f6c196f0d b107 480e 8ccc 043dc6e00bf8A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b 557
幸せになる百通りの方法

表題作が自己啓発だったら嫌だなあ、でも荻原浩の自己啓発は読んでみたいなどと思いつつ読み始めたものの、そんな事は忘れて、すっと世界に入っていた。 トホホなんだけれどほっこりする短編が幾つもありました。動物ネタは本当に生き生きしていて好き。 それにしても、他人の語るポジティブってなんであんなに嘘臭いのでしょうね。 2016/02/12 読了

2年前

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

塾の読書家な生徒に教えてもらった本で、20代後半の僕は序盤は若い子が好きそうだなと苦笑い。しかし、気付けばニタニタと。そして、潤いに。始まりが終わりで…。幕引きの心地いい物足りなさが憎い。 読後に身体を駆け巡る感動は今までにない感覚。人前で読む事は決してオススメしません! 2016/02/07 読了

2年前

8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed1063133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e149E06ec193 3d2e 4614 a05a 309bf2e2b6b64b3e6c21 0c28 4f50 9133 8a20a35c6d1d5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cIcon user placeholder 302
傷物語

映画を見る前に再読。 続終以降積んでしまっている物語シリーズだが、好きなお話なのでさっくり読めた。初期の方が好きなのか、ハートアンダーブレードやメメさんが好きなだけなのか自分でもわからない。 映画では、どの台詞が削られ、どの台詞が残るのか、グロ描写をどう映像化するのか、いろいろと楽しみです! 2016/01/08 読了

2年前

F0409bf2 8f74 489e a553 0ffd8c167a9fC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 8734056132132b8a29b4 527f 464e b02f a04364c6677c079c7d79 1d25 4e00 90da e447dfcf79e5B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a21ff7e338 f466 43c6 867e 49a1526b0e51 9
ストーリー・セラー

side:Aはアンソロジーで1度読んで泣いていたが、またもや泣くとは思わなかった。おっかしいなあ、赤い熱なのに、と困惑。『書く側』と『読む側』の概念が好き。そして、外れに出会った時の『読む側』の感想がすとんと落ちて気持ち良い。 side:Bは好みに合わなかったのか、あまり響かず。あんなくっさい台詞、吐いてみたいものだけれど。 2016/01/04 読了

2年前

Icon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc902Icon user placeholderIcon user placeholder31e73113 468e 4f47 93d2 10b48b46136c62384c23 a997 4f0b a264 f0d5a6bb690aEa343304 7b84 4168 bfe8 6d421fa8953d 86