C02e049c df8a 4c4a 823b d15830e4e9fd

右投左打

右投左打

16

コメントした本

おじさん図鑑

街行く知らないおじさんに対してさえ、愛がある本。

4年前

Fa348f38 7dda 4a0f 9980 724b5470dc0c638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe4347ef7035 ea8a 4204 be55 7d6f5dc34dfdE4a0d2be c07b 4426 9915 85e337836fa411c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce89fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb366ab8bd 96ba 41e6 8cb1 2ceb5f85d592 10
自分の仕事をつくる

fuzkueで見つけて手元に欲しくなって買った本。 人間は「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを、つねに探し求めている生き物だと思う。 前書きにとても納得した。

4年前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208dEe6329b4 40c8 4d91 bf31 656592da8ff710b61092 e939 4cec 84c1 1988714895cd628c2ab5 603b 4834 b049 afcd7a532dc4C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76F9be077c 3112 4d96 afed b36b7206296e 60
猫語の教科書

猫好きの猫好きによる猫好きのための一冊。 ねこあつめというアプリをやっていたら、久しぶりに読みたくなりました。

4年前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderB790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d4009221a8 ad9d 4775 848b b40023d2c4910023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 27
ペンギン・ハイウェイ

誕生日が近い翻訳家の卵から プレゼント交換でもらった一冊。

4年前

0d3ceefa 52e0 4862 b03e 10de6f97da903058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f490Icon user placeholder4850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a0660850 159
ジェントルマン

野間文芸賞受賞作。とっても濃厚な山田詠美ワールド。 「欲しがれば欲しがるほど逃げて行くものが、この世にはあり過ぎるわ!」 オネエのジュリ子のこのセリフが大好き。

4年前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acEd7de416 4d92 42d4 ac5a c3a67b4975b500a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc83fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 11
涙の理由

泣きたくなった時に読むと、いい意味ですごく冷静になれます。

4年前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c271fe097c 19dd 4aad acae 71aee64f6d2493fe35dd d335 4133 888c 4dd0b072ea62
マップス: 新・世界図絵

いつまでも眺めていられる本。もうすぐ産まれる姪っ子にプレゼントしたいな。

4年前

1ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948a1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387Icon user placeholderEb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113F4bda52a a5e3 4a22 ae91 98b3a07b99c573e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb 35
はてしない物語

装丁の話で一番に思い出す本。久しぶりに手に取りましたが、装丁の意味に気付いた時の感動は今でも忘れられない。

約5年前

F5ee7e99 0a0f 4782 b368 ca2daef0a7e9Icon user placeholderE7426315 6440 49a3 ba01 01595b29e3929a4c3906 fb14 475c 80a5 75dcabab8e044039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b50 146
未完の平成文学史: 文芸記者が見た文壇30年

東京堂での関連フェアがあまりに魅力的でつい買った。今から読む。

4年前

さよならドビュッシー

クラシックが好きになるきっかけの本。 ミステリー小説だけど、それ以上にクラシックに興味を持つ入門書として好き。

4年前

Icon user placeholderA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90887f74b0 50a0 47c1 b211 9e50908f657cB17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6Icon user placeholder 72
世に棲む日日〈1〉

鼓舞される一冊。 大学受験で失敗して浪人のために家を出る際、唯一持って来た小説。 暗唱できるくらい、毎日読み込んだなぁ。 吉田松陰と高杉晋作の壮大な人生の前では受験勉強など取るに足らないことだぞ!と励まされる気がした。

4年前

3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e22943dbe3 7bdb 477a a2db 97f6cc05c67f7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94Icon user placeholder66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe43Ffbc885d da14 46ed 9174 07e5c72bc3fe 15
真夜中百景 1

寝る前に眺めたい一冊。 世界のどこかの真夜中のあったかいお話。前編短編漫画で、読みやすい。 吉祥寺の百年で見つけた。

4年前

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c275e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03
蝶々の纏足・風葬の教室

現実の世界には、奇跡なんてないし救いだってないことも多いけど。いじめられていた女の子の現実的な解決法がしびれます。大切ない一切。

4年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b20023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Icon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d504a9ec70 62e8 4153 9921 d087b24b65cc 22
ねこ書店

猫が本屋さんをするというありえない設定なのに、書店業務の描写はやけにリアル。全体のゆるさがとても愛おしい。どこかにこんな本屋さんがあればいいのに。

4年前

Dbdc881d 0597 4aaa a484 994bf5dedd1f32af2f57 aa6f 4fe9 a694 abeb14bebddb308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b26
天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

凡人が年の瀬に来年の自分のあり方について考えながらゆっくり読むのにぴったりの本です。

約5年前

F299f32a d45b 4715 a4c7 45ce526afe4915ee1334 f4de 44d4 8122 a4576b40d4e09fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Icon user placeholder9f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fb49dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964eeAe83756d 4049 4afb b9b9 9656c76dd3b5 192
ドミトリーともきんす

科学について平易な語り口と絵で真摯に説明した一冊です。最後の湯川秀樹の詩が、とてもすてきです。わたしにとって、初めての科学入門書になりました。

約5年前

0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccC0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe573221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7014253d4 6080 4951 9119 24735184a6967287ae5b 2e27 445b 83e5 10d37475432a8089618e cc77 426a bc56 964c9734e496 57