94d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3

本が好き。

本が好き。

29

コメントした本

蜜蜂と遠雷

楽しかった。 本の中にいる間は、限りなくコンテスタントであり、審査員であり、スタッフの内の一人でいることが出来た。 天才故の余裕綽々にもいろいろあり、ここに至るまでの葛藤に触れると、身震いがした。 この境地に耐えることができるのだろうか。 教養系書物(勝手に呼んでいるジャンル)は、 こちらの世界を広げてくれて、且つ作家さんの緻密な取材努力の上に成り立っているからこそ、 こちらは、手放しでどっぷり浸かるだけ。 素晴らしい音楽と、美しい文章で成り立っている本書は楽しかった。 新しい世界へと 背中を押してもらったような気がする。

約2年前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderEb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a8F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a5 601
アルキメデスは手を汚さない

70年代を生きる学生のお話。 これは、昔話ではない。 今よりも自由であり、大人であり、窮屈な世の中を必死に生きている。 現代生活の利便性を知ってしまった私は、ここまで必死に生きることができるだろうか。 良くも悪くも生死に真摯にガムシャラに向き合っていた世の中を見た。

約2年前

52cf9eda ffcd 4a67 b5ca 30db065a161d406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder63b3dde0 ef38 44a7 9c82 cd2278ef13d5C7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb1E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d116154771873e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb 9
星がひとつほしいとの祈り

『時代がどんな暗雲におおわれようとも、 あなたという星は輝きつづける』 この一説だけでも報われる。 『どこへ向かう ただの点々』 淡い恋があって、悲しい別れもあった。 広い世界で、ただの点々である全ては温かく、全ては主人公である。 すべての女性が母として娘として、 それぞれの人生の岐路に立つ。 ただ、ひとつ星がほしかった。 これっぽっちの祈り。 女として、強く逞しく美しくありたい。 それさえも、なんて儚い祈り。

約2年前

B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac42111298 b1a3 4ba9 b572 e35448b1b4f2Icon user placeholderB1596a4d b2a1 4596 9123 04e6d43ff721 49
晴天の迷いクジラ

『ただ「死ぬなよ」って、 それだけ言えばよかったんだ』 それで充分だ。 いつでも言えるのに伝えられない言葉が、 実は重要。 小さな世界で息詰まって 目の前の 『死』 しか考えられなくても、 広い世界を知ると、これっぽっちの事だと向き合えるのかもしれない。 報われない何かに絶望する前に必要としてくれる何かに向き合う努力には価値がある。

約2年前

Icon user placeholderFd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eIcon user placeholderC1710e8a cc07 4173 af8d 397027d5c81c10579d5c b625 4f9a a050 0f32739a50e7Icon user placeholderIcon user placeholder 18
神様のカルテ

『智に働けば角がたつ、 情に棹させば流される』 これは漱石さんの名言。 最先端をゆく高度医療と 一人ひとりに向き合う地域医療。 どちらが良いとか悪いとか、そんな問題ではない。どちらも大切。 常に、死と隣り合わせにあって、周りを想いやる気持ちに溢れている。そんな本庄病院は居心地が良いのだろう。イチみたいな先生がいてくれるのなら地域医療も捨てたもんじゃない。 安曇さんの『楽しい時間』を思うと涙が止まらなかった。 『慌てずともよい。 答えはいつもそこにある。』 忙しくて忙しくて クタクタになった時に読む。 世間には、こんなに頑張っている人がいるのだ。

約2年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45dFdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c32fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfIcon user placeholderD0b039f5 912e 44e3 9402 1a61f17479cc226ecdb3 f0e5 4a5c a2dd a2cbfe6c5191 74
伝え方が9割

綺麗に使って頂いてありがとうございます。 って、コンビニお手洗いのアレ。 汚さないで使ってよ。お願いね。って書かれるよりも、ずっと気分がいい。 お願いします。の言葉を使わないで、 お願いできる術を身につけると、社会は今よりもっと楽しいのかな。

約2年前

7278baf7 3b37 4c05 83f7 adadf8b1290aAb3c80f5 e0b8 4567 997d bdadcbaac8a581b7dc3c 4bbb 4e59 b8e1 846d9f37782e20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderD32eefcb a126 43e3 b450 a012ae37d8330bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 169
そして生活はつづく

『僕は時代のものじゃなくてあなたのものになりたいんだ』 そんな言葉が印象深いあの曲。 綺麗な言葉と変態的要素を含む言葉とが、同居するあの曲を歌う星野源。 なにも隠さないで生きていく術を見出したそこには、ありのままの姿があった。 最初に読んだ時から、くだらないことに思い戸惑うよりも、この本を読んで笑いたいと思った。 今年は幾度となく、この本に心救われた。 この忙しい最中でさえ、力を借りてしまった。 そして、星野源の体調について考える。相変わらず、くだらない事で笑っているのだろう。そんな時間があるのならいい。 来年も『くだらないの中に』生きていけると思うと、未来もそんなに暗くはないのかもしれない。

約2年前

19c6ff86 fb41 40d1 8d30 e24ee12cd21c9efc33ce a05f 4803 8cb5 f268d5f831ecDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f
コンビニ人間

私はコンビニ人間である。 多数派でいれば普通。 少数派のあのヒトは異質。 そんな境界線はどこにある。 若者はゆとりと言われ、中年であればナマケモノ。 異質な人間は、名称を付けられ非難されるのだ。 この世の中には不必要だ。 無言の圧が轟く世の中にあっては、どこへ存在することも許されない。 私は、コンビニでは働いていない。 しかし、プライベートに及ぶ結界が外れた時の、あの感覚を知っている。今後、どこへ行っても、あの瞬間は訪れる。 他人の心へ土足で踏み込むの解禁!! 苦しい。 誰しも、どちら側の人間にもなり得る。 さて、彼女は、この先をどう生きるのか。

約2年前

93f07f8c a06f 4f67 904e b3edc68bc2e15f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793fC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faEb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a843817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa856d9d35d caa3 4ef0 965c 55c0c5a5e80cC1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320c 667