E6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf2

Risa Kubota

お風呂の中で読むのが好きです。

お風呂の中で読むのが好きです。

18

コメントした本

嘘を愛する女

読み終えて、苦しくなった。 どんな過去があったとしても 嘘をついてたとしても 目に見えて幸せになる結末を望んでたのに。 過ごした時間は嘘ではなかったし、 相手を思った事も嘘ではなかった。 形にないものは、全部感じたたままが真実。 本に入り込んだからこそ、 言葉にして、伝えて! と強く思いました。

6か月前

8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb54e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc4b742f24 d102 47fd 9c91 f48d3e088bee2ba24464 9f10 41f3 a8ef 20253e9e43ec1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2faCf88d82e 9abb 4d57 8570 52df3225d04b6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339 19
本日は、お日柄もよく

冒頭の話から引き込まれ、読んでみることに。 まさか政治の話にいくとは。 言葉は 使う人の魅力も 使われる人の魅力も引き出す。 魅力的に見える話し方と言葉の選び方をしようと思った。 いいことだけ言っても大したことない。 気持ちがあるかがやっぱり大事な事なんだなと。 そういえば昔プレゼンが全くできなくて 何度も叱られてたけど 1つだけどうしても伝えたい事があった場面では 拙い言葉でもしっかり相手に伝えられたし いい時間だと言ってもらえたこともあったな。 声に出して噛み締めたくなる言葉がたくさん詰まっていました。

6か月前

Cc71e23b b87a 4924 9ba8 248b83fa2c817225a567 edb7 4fa9 92d0 7b10908e48881d792b4b 0df3 4c17 bb19 f7f3199a41340074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b376590305c 3627 4980 8493 3877e43bb053607f0293 fba4 48b0 acf6 8fcb53b0e0f443bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a 218
異類婚姻譚

テレビで見ておもしろそうだなと思い、手に取ってみました。 異類婚姻譚がメインでその他短編集が3話ほど。 どれも独特の世界観があるお話でした。 異類婚姻譚の最後の行にはぞっとさせられました。 どこまでいっても、何になっても根本は変わらないのだなと。 わたしが結婚した相手は 人間だったのか。 人間の形をした何かだったのか。 人間でいたくない人間だったのか。 ざっと言えばそんなお話。 夫婦とはなんなのか。 赤の他人が同じ生活をするとは。 相手の立場に頼りすぎてもだめだし 相手のことを羨ましく妬ましく思ってもだめ。 他人は他人だといい距離感を保ち 自分の人生の一部が家庭なのだと。 独身のわたしからすれば まだ見ぬ世界に不気味さを感じました。 ともこのバームクーヘンには ちょっとした共感を持ちました。 当たり前だった日常が、意識すればするほど違和感でしかたがなくなる事あるなあと。 寝るときに舌の位置ってこれでいいのかと思う感覚と似てるのかなと。

7か月前

Icon user placeholder87a2f473 e311 40ef ac5d 341da000d0c92c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267B2cf85c2 97f9 467b bdfb b68b7df8fecf9332204f ac9e 4685 b7fa a505a42c6d56A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 53
勝手にふるえてろ

拗れてる。 とっても拗れた主人公でしたが、よくわかる。 追う方が幸せか 追われる方が幸せか。 考えました。 二彼にだって、いいところもある。 多分、一緒にいれば、好きになって、幸せになれるんだろうけど。 主人公と年齢も近いが故に、先のことを考えた選択はハッピーエンドになりきらずとっても共感しました。

9か月前

70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fB790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d4E620136b 4ab9 4188 88fe 45f388925c68Dbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd9F2a3f8ca 1f51 479a ad4b 942c6034e2acD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c7e4ae736 1380 4344 a221 66a0318f87e2 95
水やりはいつも深夜だけど

短編集なので、読みやすい。 昔は親は親だったけど、 歳を重ねてみて、 親だって人だし、男だし、女だしという事がわかってきました。 家族だって人なので、それぞれ歩み寄らなきゃなと思いました。 読み終わって、少しあったかい気持ちになり、離れて暮らす家族をとても恋しいと感じました。

10か月前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97787df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bC9122f84 1557 40e9 b322 503dae6a37972ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f6b34f651 da9b 466f b85d edb25eb3c69b82d1f0fb 6ca4 431a 98f6 83f3fa6a2661Icon user placeholder 34
毎年、記憶を失う彼女の救いかた

全ての伏線が愛 というキャッチコピーに惹かれて読んでみました。 1年に一度記憶を失う彼女の前に現れた一人の男性。 「賭けしない?」 「僕と一ヶ月デートして、正体が分かったら、君の勝ち。どんな関係だったか、どうやって出会ったのか。わからなかったら、僕の勝ち」 設定としてはありがちな気もしますが。 彼は一体誰なのだろう。 と 想像して 仮説を立てて 続きが気になって ハマっていきました。 でも 先には急がないでほしい。 ちゃんと彼の行動を1つ1つ追ってほしい。 半分は彼女の目線で 残り半分は彼目線で描かれています。 後半にかけての まっすぐで 包み込むような愛に美しさと 少しの怖さを感じました。 最後の一行から始まる次の展開にもまた想像力が掻き立てられます。

6か月前

887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95d43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca030a084b3e 3ba9 498b 88f5 64a4294c18fe608266b5 dfc8 4c57 926e e0cc31be7df3242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa5793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb32108133518 f36d 48ee 8019 f6096d376cb0 12
ルビンの壺が割れた

男女2人のメールの文章のみで進む本です。 最初はゆっくり進み ラストに向けてはかなりテンポ良くなります。 とっても読みやすく、 ページをめくる度にどんな展開かと 怖くもありドキドキもしました。 最後の一行には鳥肌がたちました。 思わず、おぉ。。。と声が出るほど。 深夜読んだ事を後悔してます。 もう1回読み直してみようかな。

7か月前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5Icon user placeholderIcon user placeholder4f843edc 0889 45ff a7f0 10b7d57b1ffeF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a1e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c01 93
さくら

苦しくなるほどの兄弟愛に 家族愛に 思わず涙が出ました。 タイトルが さくら だからそう思うのか、 春みたいな家族でした。 ぽかぽか気持ちの良い時もあれば どっと雨の降る時もある。 でも、あがれば新芽が光るみたいにとっても生き生きとしているなと。 人として誰かを思う気持ちも 大切だと思う何かを失敗しながらも まっすぐ大事に考える長谷川家にぐっと心を持っていかれました。

9か月前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bEe287a7f 8300 4bdf b9cf d715cd1e9f720baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2Icon user placeholder 17
グローバライズ

テレビで見て読んでみようかなと思った人は多いはず。 わたしもその1人です。 ハードカバーの本を買ったのは久しぶりでした。 性格もバックグラウンドもよくわからない人たちがたくさん出てくる短編集です。 正直、それぞれの話があと2.3ページ長かったら途中で読むのをやめていたと思う。 話の長さはとても丁度良かったのですが、話にイマイチ入り込めず。 ただ、それでいい気がする。この本は。 だって、どの人もよくわかんないし。 初対面の人とエレベーターの中で一緒になって、いい天気ですねから入って少し身の上話したら、じゃあまた。 って別れる感じの本でした。 もう少し登場人物に知れたら、なるほどこういう経緯でってなるのかなあ。どうかな。 ただ、その場面の状況はかなり細かに書かれているので、嫌でも想像がついて、気持ち悪くなる話もありました。 話が変わるときとか少し状況が変わるときは行を変えると教えられてきたし、そういうもんだと思ってたのに、突然ぶっこんでくるので、何度も前の行と後ろの行とを行き来した箇所もありました。 ジェローム。 深夜に30分くらいの番組で、監督とかそれぞれ変えて、やってくれたら面白いのに。

10か月前

9a434508 7b20 45d3 b8ec 6e95bf21348700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9203d88a0b6 0fa2 406b b8d1 d386e5513b96Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e636efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093B8838bfd 6f4f 4c2c a423 524bd764cc15 9
ナラタージュ

雨の日がとても似合う一冊だなと。 葉山先生と泉の最後のシーンは 自分がその状況にいるかのように とてつもなく緊張感が走り、切なくなりました。 ペースを落として、すごくゆっくり、丁寧に読んだのは初めてでした。 恋愛の始めと 終わりに また読みたいと思いました。

10か月前

956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d5b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf0014867c8fa 8635 419c 95d7 68fb55ecd71d 60