B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4

cova

読んだあとに余韻が残る本が好き

読んだあとに余韻が残る本が好き。ジャンル問わず。

324

コメントした本

哲学的な何か、あと科学とか

電波や位置情報サービスの精度向上をしている最中なので、量子力学の話(観測したところが位置であって観測しなければ位置は分からない)が、そう!そうなんだよ!となった。 最後のストーリーはこわくなったが、ボクという意識について考えたことがあるので、結論としては分からないっていうことになるけど、あるんじゃないかなぁと思っている。 ココロ、イシキ。 ボクとは。 どこで、だれだ?

約4時間前

Icon user placeholder01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a3bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278dIcon user placeholderCfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd619e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464F7ef76b6 7cf2 4ea4 9f8d 8331ebe991a2 14
断片的なものの社会学

いろいろなひとの断片が書かれていた。 なにが書かれているわけでもないし、そもそもなにを求めているのかなというところでもあるし、境界線が曖昧になるような感覚になった。 土偶と植木鉢の話が好き。 また読みたい。

28日前

12df172d 2fc8 4ebc a05f 8c32465ae3bc5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53bBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b3a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b1B1378519 e367 472b b517 e0c41c3ebe861d430cf5 ade2 48a8 9e8b 13e5d271f9d3 176
「いき」の構造 他二篇

とても難しかった。そうなのかなとぼんやり考えることはあるけれど、それも考えきれているわけではなくて、何度も読み込んで言葉の意味や解釈を噛み締めていくべき本となった。

3か月前

西の魔女が死んだ

風景がイメージできたり、空気や光を感じたり、繭のような優しいオブラートに包まれているようになったり、涙があふれそうになったり。 いろんなことを感じさせてくれる本。 大好き。 アイ・ノウ。

4か月前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dFd987196 61e2 48ff 82b9 acf0758edc4cIcon user placeholder4f35d77a c3c2 4656 b083 616b444f4e83Icon user placeholder33fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956b 493
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

少しずつこういう日常にしていきたいと移行中。 実体的な「モノ」だけじゃなくて、本当に必要なわけではないものもまだまだ捨てきれない。 幸せは、なるものじゃなくて、感じるもの。 まさしく。

4か月前

43b976cb 3f7c 4a18 ad2f 0072914ca5e86b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271456f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab4755Icon user placeholder7fc06652 becf 4b23 b169 6905f51c5735 112
友情

恋愛の話でありつつも、タイトルは友情なんだなぁって、そこがまた深いなぁって思う世界観だった。

6か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddIcon user placeholder47834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b282d89ad 5453 4423 8c6c 7a633df10dbc 25
りんごかもしれない

小さいころ、この赤はほかの人には赤には見えていないのかもしれない、ほかの人は何色に見えているんだろう…とか考えていたのを思い出した。 いつからそういう不思議、と思うことが減ってしまったんだろう。 そういうことを思い出すと、あぁ…ってなる。うまく言えない気持ち。

6か月前

F8274e9f c2c4 47f7 9202 6d61dcb9d2e8B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf276702ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106446e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c0D06dc33b 76b1 4228 907a b11f520bdeb029ae8b68 9f9f 4be9 87b9 cfde857cb295Icon user placeholder 34
あるかしら書店

好きだ、こういう本。 出会えてよかった。 お墓の中の本棚、水中図書館、ラブリーラブリーライブラリー、いいなぁ。

6か月前

Icon user placeholderDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c281ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc155b52df bead 4c68 bdb4 91956914f398 69
発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

酵母や麹、味噌や醤油、日本酒の見方というか捉え方が少し変わった。日本の発酵を掘っていくと世界につながっていくんだなぁ。食べ物だけでなく染色もそうだったんだ! 知らないことがまだまだある。 オモシロイ。

6日前

05ad0229 fb02 435f ab07 33f7dcae878d5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b56f1a9cc 4b48 48f7 b4f8 73ef04ab4755Cbdd6819 86de 4595 a296 2fc4dae0d38eFab4b913 ed97 4839 b2f1 5de241939318Afd4955e 89c8 41af abf9 b4e98dad4f1b08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 46
プラネタリウムのふたご

初めて読んだ、いしいしんじさんの本。 大事なことがたくさん書いてあって、じんわりくる一冊。あぁ、そうかぁ、だからこの設定なのだなぁとか勝手に解釈したりして。 いいお話だった。 プラネタリウムに久しぶりに行きたくなった。

約2か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa0efb931b a165 4122 a148 4282b40608b42d8772ef f711 461a a25f f9eb179ea8918cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda641f76c422 1274 4b0a b8f1 3490f79bd3e964bc0491 715f 4e43 8787 0100a61a2928Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd4 16
奇跡も語る者がいなければ

最初は少し自分には読みづらい感じかなと思いつつも読み進めていくと、さまざまな人がそれぞれ織り成していく日々を、人生を垣間見ているような気になってくる。 読み終わったら、読み終わってしまった、という感じで登場人物たちのその後の物語を垣間見たくなった。 描写がキレイだった。

3か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24149cd10b8 781d 405c 8723 16965621e95c
木皿食堂2 6粒と半分のお米

こういう日常が描かれている木皿さんの本が好き。 毎日や生活、ではなくて、日常。 日常のその先にあるもの、はなんだろな。

4か月前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6479887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a74282fd02 d0b0 40d9 a72b 2aada79006766279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66Icon user placeholder64464a11 0546 4e58 a4fe 8ab64aa424df 9
私とは何か――「個人」から「分人」へ

血液型から二重人格とか変わってるとか言われることが多かったから、みんなそうなんじゃないの?常に同じ自分なわけではないではないか、と物心ついたときから思っていた。 それが言語化された本かな、という感じで、真新しさはなかった。

4か月前

5e62987e c886 487d 91ca 2aca587e5c7915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa121a1a62 4c6d 44af be64 920b2de709ddE72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4d33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 114
つまんない つまんない

つまんないをいっぱい集めたらつまんなくなくなるのかな、ってとこが好き。 つまんないってなんだろなぁ。つまんないって自分で決めちゃうことなのかもしれない。 余韻が残るヨシタケさんワールド大好きだ!

6か月前

6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Icon user placeholder02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f610644Icon user placeholderIcon user placeholder7cac9f4d 2765 4b9f 9955 c282fe89bd44 19
思わず考えちゃう

ヨシタケさんワールドにハマっている。 あぁ、わかる〜ということも、ハッとすることも詰まっている一冊。 自分がおもいろいと思ったもの、つぶやきででも残しておこうかな。

6か月前

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88caC1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320cIcon user placeholderD20f0eab 04ce 48b2 bda1 f6f21ce6292fA9027523 1118 483c 9df2 b96860d6dcfe3825e242 399e 471e a274 40045529ccaf6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1 52