3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a

ilorina

40歳デザイナー

40歳デザイナー。 別に意識高くないです。

103

コメントした本

風が強く吹いている

三浦しをんの真骨頂です。題材と書き手のハートフルさが物語を加速しますよ!

約2か月前

1af78609 f55d 4878 a89a 3d0997357484Icon user placeholder4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e950ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73705e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc711a3e9a7a 0135 4ca7 a0c2 bd93a8eb424e 117
OUT 下

良かった。前後通して没入感が凄い。読み終わると確かに桐野夏生だと感じる。時代を感じさせない名作でした。

約2か月前

633c5341 545e 4e3b a5dd dbe7fe691ded3e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholderBd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e000539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 11
空色ヒッチハイカー

いくつか著者の本を何冊か読んでてイマイチ•••だった読者の感想。 あまり期待しないで読んだら大当たり! いわゆるティーンエイジャー向けなんだけども•••文章、特に端々の表現がハッとさせられる。構成は単純、もといシンプルなんだけど、その分表現が端的で的確、ぜひ10代に読んで欲しい一冊。最近の回りくどい村上春樹よかこっちを勧めたい。

約2か月前

A163ca5f 18b0 48a7 9c9f 17ce4a8f91f87a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd99Icon user placeholder6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a5d01ab82 7427 4bed 86b5 a2cbae78d343
去年の冬、きみと別れ

ページも内容が薄いが、読むと疲れる。 語り手がコロコロ入れ替わっていて、ミスリードさせようさせようと五月蝿い。 文学なのかミステリーなのかハッキリしないのも個人的にはスッキリしない。

4か月前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba90572ecc0051 9c8e 4fa0 9f46 a476afd82fde2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b95efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520 39
君の膵臓をたべたい

言うほど面白くはない。 全体的に厚みに欠ける。 文体といい主人公の名前は中々秀逸な冗談だと笑った。

5か月前

722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745dd4b9e4b9d 2f6a 4099 96aa a716fc68b81bC2786b23 baf4 422b 9f7a e38d074fd24a37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a40af01243 6ce9 4aed bdcf 9812ff2b8d3995b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140edIcon user placeholder 693
夏を喪くす

喉元にナイフを突き付けられるような現実。尖っているけど受け入れたい。そんな構成力がとても良かった。

約2か月前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c92d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33111589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14cPicture 24
OUT 上

ずっと昔に読んだのを読み返しているが、主人公といい内容といいすごく高村薫っぽい。

約2か月前

F42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef935Icon user placeholderBd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e0039daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e01a58a418 9404 4011 85da d661916a181f 14
楽園のカンヴァス

表題からは敬遠されそうだが、とっつき易く読みやすい。読んだ後はルソーを知りたくなる魅力溢れる一冊。こんなの書ける作家は唯一無二。 物語が進む上で表紙は何回も観ちゃうよ!おススメ。

3か月前

2b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c49Be9877e5 3c57 45c1 8551 9c9376d0331bIcon user placeholderD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholderIcon user placeholderEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e6238 182
円卓

なんと言っても子供らしい感性の瑞々しさ!誰もが大人になって忘れかけていたノスタルジィを突然フラッシュバックさせるかのような衝撃。それを文章で紡げるという感動。とかく幼少時代の言葉に出来ない何かを形に出来ているのが素晴らしい。 これは西加奈子にしか書けない一冊。

4か月前

Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aD186e399 1304 4e82 b92c a815c9d4787fD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29C40bc51c cd12 463a b8ba 15ae7b3e858066840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f 66
火のないところに煙は

短編としては面白いが、筆者が狙う全編の怖さ(オチ)は弱いと思った。伏線が弱いから最終章が活きない。

9か月前

4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a28f9987fd 83b4 4979 94f6 0abbc628b9f05b21271b 662f 4f5f b626 609821d5a3f363b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc3026E27522db b19a 448f acec a2d30715acf7E00025f0 10d5 4a8e 8971 3e4c4b15c6475ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1 62