A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6

Ryonosuke Shima

面白い本を探しにやってきました

面白い本を探しにやってきました。同時に面白いと思った本を紹介できたらと思います。

11

コメントした本

アルケミスト―夢を旅した少年

この小説のために長く書く必要はないと思う。素晴らしいの一言。夢溢れるストーリー。何より世界の真理を学べる。 変化に恐れてるとき、励ましてくれる一冊だ。

6か月前

Icon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Icon user placeholder6321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab03214c3e6f8f 242b 4d8b 9e24 891cf5ee82a83af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde 144
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

一部、二部と立て続けに読了。本は自らがまだ言語化出来ていない感情、意思、意見を代弁する時がある。文を読んで初めて自らの内を納得するのだが、村上春樹氏の小説は特にそれが多い気がする。今回もその例外ではない。独特の世界観、ねじれたストーリー、風変わりなユーモアに追記すべき優れた点であると思う。

6か月前

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76206fbbd1 5dc3 4d3f bfb1 ac68a00057a53d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1aIcon user placeholder22cd73de 539c 47bd 847d 5d554c15596cDfbe4d28 8739 408f a4cc 71b0bf47f068 102
潮騒

恋愛が凝縮された一冊。200ページ近くの薄さで、濃密な若者の恋を美しく描写された自然と共に書かれている。恋のスパイスである「秘密」や「照れ」、「ライバル」という要素ももちろん含まれており、ときめくこと間違いない一冊。

7か月前

501e60f4 ef51 40cd ac35 6a6b8969642eB13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72fB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b7026539946cd9b38 bffe 4770 a4fd c37e7d659f4dIcon user placeholderD9a39f79 d755 4528 a394 95e0cc22f7fbIcon user placeholder 57
星の王子さま―オリジナル版

素晴らしい一冊。とても語り尽くせないが、まえがきから優しさと夢でいっぱいである。また内藤氏の翻訳も素晴らしい。「星の」王子さまという和訳を始め、ウワバミなど世界はどこまでも広がる。ストーリーは哲学(ないしは本質)や倫理観を孕むがシンプル。読み返す度に箱に入った羊を見ることの大切さを思い出させてくれる一冊。

6か月前

Afd10188 190e 446d bb74 02c90e328766927b68d8 fdab 4c7f a050 3a130cd10f5240deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201f15208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5ef26e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b70265399Fa338592 ac40 47ab 9162 b19906507800 70
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

ファン作成の「村上春樹風カップ焼きそばの作り方」を読み、久しぶりに読みたくなり拝読。いつもの独特の世界観を喜びながら読んだが、これは完璧な小説ではない。そう、「完璧な絶望が存在しないように」(村上春樹風カップ焼きそばの作り方)

6か月前

Icon user placeholder22cd73de 539c 47bd 847d 5d554c15596c41e4f1d6 48ed 406e a523 f5bada2efcfa6c196f0d b107 480e 8ccc 043dc6e00bf8Icon user placeholderC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832A0c7f666 7a34 420e aa65 9e6d6f2db5bf 131