8f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e0

nabe45

地方でweb制作に従事するデザイナーです…

地方でweb制作に従事するデザイナーです。最近読書の面白さに気づいた読書ビギナーです。

23

コメントした本

のぼうの城

でくの坊と馬鹿にされ、城主として期待もされていない主人公。その主人公の領民を思う気持ちと石田三成率いる大軍勢に啖呵を切り戦を始めるその大胆さに最後まで手に汗をに握る興奮がありました。人徳とはこういうことかな?とか考えさせられる一冊でもありました。

11か月前

C7597594 9065 4105 b8c6 ac763b19f9d7Icon user placeholderDc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0eaBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f7451aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb163c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb 24
死神の精度

知人の勧めで読みました。読書には苦手意識があった私ですが、本書は短編集なので、一つ一つの話の長さがちょうどよく通勤などのスキマ時間を使って読むことができました。主人公の死神視点で語られる人々の人生の断片がユーモアも交えて描かれていてとても読みやすかったです。

11か月前

Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d94ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb212a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 179
砂漠

学生たちの若さゆえの行動や精神的な成長が日常生活ベースにおもしろく構成された内容でした。社会人になって読みましたが、学生時代に出会った仲間っていいよな、としみじみ思う一冊だったかな。

11か月前

E41b9398 eaca 4dd6 9b3c ccc07991c8f81c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b7D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265cIcon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184D24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f3Icon user placeholder 194
氷菓

成り行きで高校の古典部に入部することになった主人公。古典部に入部し、一人の女性と出会うことで、本人の意図に反して古典部にまつわる謎に巻き込まれていく。主人公の探偵役的な役割と、謎を解き明かしていくことで核心に迫ってくワクワク感が楽しい一冊でした。

11か月前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a49bc0404 ec94 4db3 b249 5472aad35463D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d207033d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6c 119