D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

言葉が好きです。

76

コメントした本

羊と鋼の森

音を表現する言葉が素晴らしく ただただ、感心した。 まるで、自分の耳が繊細になったかのような感覚。 ピアノは全く弾けませんが 聴きたいと思いました。

4か月前

363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9A13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfbF4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc32135cffc967 c952 41df 84d1 d5c3bfc0a7273e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfb5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1681bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 238
県庁おもてなし課

登場人物全てに感情移入してしまいました。 さまざまな価値観が変わる一冊。 自分の田舎を大切にしようと思います。

6か月前

A716e501 f017 447f a8bc 09f94d73c124Icon user placeholder7557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f34556517f097 7e54 4a65 bbd7 c67753c7cc8082becb1b b92d 496b aca6 b453d9dfa3b36590305c 3627 4980 8493 3877e43bb053Icon user placeholder 52
ワーキング・ホリデー

好きな本です。 初めて、何回も読みたいと思いました。 親と子、また、子と親の繋がりは心をあたたかくしてくれます。 ストレートな感情と誰も傷つけないストーリーに完敗です。 ★★★★★

7か月前

03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Icon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
Q&A

最後まで読むと変な唸りがうまれる一冊。 報われないし救われませんが、こういうのが好きな人にはたまらないのでしょうね。

7か月前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce
先生と僕

傷つかない、ドキドキやワクワクが楽しめる一冊。 どんな時間でも読める。

7か月前

67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008b11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f885d1143 baf5 44af 8efc c38f0d3be472Icon user placeholderIcon user placeholderE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e37fcf704 8c07 467f bcfa a16fba82e5ae 12
旅猫リポート

ずるいと感じるくらい泣く一冊。 カリカリ置いときます。

7か月前

834c29e7 5a2c 4252 9bb6 aa636b81e28238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Icon user placeholder0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b8a8ac339 8332 455f 9cad d3b908c0287bD2f024c8 a737 47dd b069 d187df332fd7Icon user placeholder 33
西の魔女が死んだ

どこか懐かしく、光や匂いを感じる一冊。 童話を読んだ気分。

7か月前

D647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928dfCba3559f 2040 495e 911b 953916d3cd382ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba66bfb8093 c553 46f2 80ef 2200e1402b4770823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fIcon user placeholder98c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e 364
神去なあなあ日常

好きです。山の景色も、人の優しさも、神秘的な祭り事も。 経験できないことを経験させてもらえた気分です。 続きが気になるので夜話を買おうと思います。

4か月前

E60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698ca187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb17191506Icon user placeholder9369d3df 9ed1 4342 ad97 af6c0bbbad44Icon user placeholderAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1413bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de 13
約束

短編集 読みやすいですが、短編集が苦手なので、この話を一冊にしてくれたら素敵だろうなと思う作品がありました。 前向きな一冊です。 ★★★

6か月前

夜のピクニック

当たり前のことをなんて凄い勢いで進んでいくのか 巻き込まれて、気付けば最後まで読んでしまっていました。 読んでる間、毎日歩いたかのような疲労感が。 ★★★★★

7か月前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eIcon user placeholder3224a647 4b88 45d5 bd89 950138ddbe554551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a35aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 329
母性

母であり、子供である。このテーマは私にはかなりしっくりきてしまい、引き込まれた一冊。 モヤモヤは自分の中にあるものと同じ。

7か月前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c14839232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae248a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5Icon user placeholder1a878ccd 88b3 4129 906c 54805cddd51eE5ba1bc5 2ebe 418c afed 1fea8a3b42c8D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3 99
ツナグ

この本を読んだら、必ずみんな誰に会うかを考えるんじゃないかなと思う一冊。 ありそう、あってほしいと思う。

7か月前

5404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aacCcdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8306a88ac f6f7 4b4e b4fe c2c482838b8aIcon user placeholder0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb7625061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b83647834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c 127
初恋

大人になって読書を始めた一冊目。 自分と重ねて読んでしまいます。

7か月前

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d7dedc440 8164 4a3e 9489 50c7b0ecde054527a25d 1d47 40b1 aec5 86cceb8515e7
ストーリー・セラー

言葉つむぎに「らしさ」が詰まる一冊。 裏切りもすぐに受け入れてしまう、完敗。

7か月前

Af862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097bIcon user placeholder5404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aacIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc902 91