6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9

ほんのむし

めも

めも

392

コメントした本

NHKラジオ深夜便 絶望名言

死が救いに思われるほどの苦しみと対峙したとき、私たちはどうすればいいのだろう。または、その人たちとどう接すればいいのだろう。 解説で語られる本の裏テーマにどきっとした。 誰しも大なり小なり苦しいこと、忘れたいことはある。それらとどう向き合って生きればいいか、十人十色のやり方があり、そのなかのひとつとして、きっと文学があるのだろう。 文学は、何も言わずに寄り添ってくれる。ただじっと佇んで、必要な人にとってだけ、非常に大きな意味を持つものになる。改めて、文学の可能性を感じた。 タイトルや装丁から想像するよりずっと、希望に満ちた読了感です。

25日前

0abcb04f 0b1d 4d0d 9023 b7f53442b4b05e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38
地球星人

狂っているのは世界か、私たちか。 主人公、笹本奈月の幼少期から始まる物語。"コンビニ人間"で一躍有名になった村田沙耶香が描く新作は、コンビニよりもずっと重くて暗かった。紹介文だけ読むと何やら恋愛モノのように見えるけど、そんな甘っちょろいもんじゃない。 読了後、「あぁ、良かった。これはフィクションだ」と思った。 温かいストーリーや心踊るファンタジーを読んだ後は、その物語の終焉にどことなく寂しさを感じるけれど、この作品を読んだあと、私は自分の世界を確かめて安堵していた。 それがおかしいことなのか、否か。暫く心がざわついて、錯乱するくらいには引き込まれる作品だった。

28日前

Icon user placeholder21ccd8a3 547e 41d5 8481 b9dd24b3d9be42111298 b1a3 4ba9 b572 e35448b1b4f20539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38 77
トイレのピエタ

久々にすごいスピードで読めた本。 「自分がもし、ドラマに出てくる主人公のように命の終わりを宣告されたら」なんて妄想は、たぶん誰でもしたことあるはず。 そんなむず痒い思春期の感情を思い出すように、あっさりと死と向き合わされる作品だった。 生きることへの無力感のようなものを語ることはどこかタブー視されていて、吐き出せないことが多い。でもそこに真っ直ぐにメスを入れる。やっぱり、どことなくRADとの共通項がある気がした。 どうしようもなく感情を揺さぶられたいときに読みたい本。

4か月前

348880cc 82ca 40dd 9bbe 7afbc9537b45Icon user placeholder08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56227d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac02000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f00c910fda aa19 46ff afc1 335e293a69bd 13
おめかしの引力

川上未映子さんはいわゆる"女の子が好きそうなもの"の観察眼がすごい。恐らくご本人もすごくお洒落とかおめかしが好きで、楽しんでらっしゃるからなんだと思う。 こういうジャンルは「女」が前面に出されるけど、その描写は「女だから」できる訳ではなくて、ただ"自分のテンションが上がる大切なもの"を表現してるだけなんだという、ある種の力強さも感じた。

6か月前

0b999442 5dfb 446c 8b9b ea414591bf2cE89261bc 37ff 40f7 a74a 18f4f54d228022461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9Icon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c867f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f 68
希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話

カフカ作品が好きなので。 大体どの作品もそうだけど、考え方とか人生観、経験がダイレクトに物語に反映されているなぁと実感します。 自分はまさにカフカ寄りの人間で、なかなか希望名人のようには考えられないのですが。それでも、2人には共通点があることを示して下さっていて、どちらが良いとか悪いとかそういう問題ではないんだなぁと思わせてくれます。 作品から一歩踏み込んで、作者の生き様を見つめることの大切さを感じます。本当におすすめ。

7か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Db4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736fBf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a759cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc26A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb061b06ec72 cd6b 4091 9c04 a6d4d6757de3 13
夏の庭―The Friends

塾講師をやってたとき、中学受験の国語の問題でよく出てた作品。ド定番です。 受験で出るだけあって、学校としては生徒に死や老い、不条理と向き合って欲しいんだろうなぁと思います。眩しくて楽しいキラキラの夏休みの思い出!で終わらないところが流石。 教室で、今でも読まれていることを願っています。

7か月前

3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaF8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d40909C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bF1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Icon user placeholder5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38 109
蜜蜂と遠雷

現代小説の中で、一番惹かれた作品。一瞬躊躇うくらい分厚いのに、気付いたらぐんぐん読んでた。 日本って楽器をやる人が少ないけど、他人の心を動かして、魂を揺さぶるような音を作り出すってやっぱ難しいんだなと。騙されたと思って読んで欲しい。かつて音楽に関わっていた人もぜひ。

7か月前

C6d2e077 55b7 4859 83ef fb91e62bb0743db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116aE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bE2e9bee1 56f2 4e81 a63d 5cafce33af1b02545380 c239 4048 934b 8127fd738b9aC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 505
カラマーゾフの兄弟 4

好き。ロシア文学の、どことなく冷たくて寂しくて、だけど本当は暖かさを求めている感じがとても好き。 この本を大学生活の中で読めた幸せ、噛み締めて

7か月前

Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32aIcon user placeholder5e3a733c dc2e 4da1 acee b4090f6b569d0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422E7963bf8 e6dc 4dce bcfa 19efb49b13b66a62b392 6f13 4a96 ae2b a9ac2f08df5dC00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e 10
うしろめたさの人類学

私がいわゆる途上国へ行ったときの経験と、筆者のエチオピアでの経験が重なった。章の途中で学生時代のエチオピアでの日記が挟まれていて、「あぁ、そうそう、そうだよね」と思いながら読み進めた。 途上国へ行く人は、たいてい"物乞いには金を渡すな"と言われる。(少なくとも自分はそうだった)そこになんの疑問も抱かずにいたが、この本を読んで考えてみると、それは日本の基準で勝手に相手を評価しているようにも思われた。 "うしろめたさ"を感じたことに、正直になること。私たちは都合が悪いことから目を逸らして蓋をして生きてきた嫌いがあるから、そろそろ直視する練習をしてみても良いのかも知れない。 でも最後はちょっとくどく感じてしまったな。

25日前

E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf214c5c75 3a5e 4f66 af8e ab3d37912151021e83e5 d63c 4da7 a101 4649d74a75579c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaD647ef7e 0603 4e4d 826b eb5c2aa928df6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76 75
自分の仕事をつくる

心に響く言葉が、びっくりするほどたくさん散りばめられていた。 最近、漸く"はたらく"とか"しごと"と向き合うことが出来ている。ライフワークバランスだの、ワークアズライフだの、色々言ってるけど要は働く人が気持ちよくいられることが1番だと思う。 私は"やりたいことを仕事にする"動きが顕著なのは、最近のことだと勘違いしていたようだ。 自分が生まれたくらいの時代からずっと、同じことをしていた人たちはいた。 きっといつの時代も、自分らしく生きてる人は確かに存在している。そこに少し光を当ててやるだけで、こんなにも力を分け与えてもらえるのだと実感した。

4か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3848a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe117000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderIcon user placeholder4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5c0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 44
人生を狂わす名著50 京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。

みずみずしい文章が眩しい。 著者の方は大学院生ながら、もの凄い量の本を読んできた方です。信頼できない語り手は本当に信頼してないし、作者に鋭いツッコミを入れたりもする。 書評は中立的で作家の世界に容易には引き込まれず、一歩引いた形で書かれています。すごいなぁ。私なんか何も考えず作品にもたれかかっちゃうのに、彼女はぴしっ!っと背筋を伸ばして作品を分析しているのです。 コロコロと表情が変わる文体は若さを体現していました。同じ世代の方がこうして本を出版されていることを、とても嬉しく思います。

5か月前

0abcb04f 0b1d 4d0d 9023 b7f53442b4b0E89261bc 37ff 40f7 a74a 18f4f54d2280Ceee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd69911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Icon user placeholderIcon user placeholder1f15d1e6 c2b7 468f 8926 d4c38e58984c 82
なぜ世界は存在しないのか

私たちが"世界"という言葉を使うとき、共通の概念としてそれは存在する。 でも、本当に"それ"が存在している訳ではない。 "世界"はマトリョーシカ的に全てを包摂するものだけど、そんなの考えていったら無限に続いちゃう。 私たちが言うところの"世界"は、所詮人間が見える範囲でしかない。 なるほどねー!と思った。程よく難しい

6か月前

48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe11779887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholder5a88aaec 0c6b 4bb1 872c 52c53f582ee49ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302Icon user placeholder6a49a3fb 3c4a 4745 bdcb aa449fb4b608 18
10年後の仕事図鑑

この人たちが描く未来と、現実とが乖離してて上手くついていけない感じはした。未来を語るのだから、現実見てたらよくわからないのは当たり前なのですが。 若者的にはインターネットの普及とか言われても、気づけばそこにあったという印象で。よく「かつて、誰がスマートフォンを持ち歩く未来を想像できただろうか??!!」って熱く語られるけど、スマートフォンを持ち歩く時代が来るって分かってたら、何か準備出来たんかな?そんなことなくね?いつ舵を切るかの違いで、そりゃ乗り遅れたらヤバイけど、別に波に乗れれば問題なしでは。 本にあるように、未来に想いを馳せるのは結構無駄かもなと思った。"今"を冷静に分析できてたら、伸びる分野、伸びない分野は何となく分かってくだろう。あと市場価値は本質的には"人としての魅力"なんだと思った。

7か月前

C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae45e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d380b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae50000362 fe6e 460b a08a e06ba07d19a496a8e0e1 9820 4301 bb8f b55f8113d71e1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd 122
日本再興戦略

落合陽一〜!って感じの本。今を生きる若者にとって、読んでおいて損はない。俯瞰して日本とか生き方とかこれからの時代を考えたい人に。

7か月前

37eb01ef 5669 4eb1 b347 9b7420b6e476667bfa82 5337 4a3d 888c f3ecd403dd6dD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf276703ab931d 03bf 4008 a9e6 19fad50053b67ecd3867 4232 4a75 8738 cbe1e11b727c465f8852 338e 4059 a6e8 ee1304684903 84
夢十夜;草枕

「あなたの1番好きな本は?」と聞かれたら、夏目漱石の『夢十夜』と答えます。第一夜の衝撃たるや。儚くて愛しくて、言葉に出来なくて、悲しくて切ない、日本語だから表せる世界。それを味わえる幸せ

7か月前

D46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efDb8e8619 41d4 40de a264 8ceb34493614Df2dfe88 41ad 4a78 a295 03449242d6faB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38Icon user placeholderIcon user placeholder 31
月と六ペンス

最近読んだ本の中でダントツ。装丁も、中身も、訳も本当に素敵。 アート好きな人は特におススメ。天才とは、生きるとは、アートとは、"普通"とは。全てを考えさせられた。この作品が1919年のものだということが、余計に愛しさを増す要素になる

7か月前

6e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c045122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c3406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc51fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93ef 113