57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e058

T2

ビジネス書、SF、愛娘と共に楽しむ小説

ビジネス書、SF、愛娘と共に楽しむ小説

25

コメントした本

ぼくのとなりにきみ

☆3.5。サクっと読めて、予定調和の安心感。中学生の時に読んだら、どんな感想を持ったかな。

約1か月前

ゼロ年代SF傑作選

☆5つ。 「おれはミサイル」が読めればそれだけで五つ星。

3か月前

みかづき

☆3.5 買ってからしばらく積ん読してあったのですが、NHKでドラマ化されると聞いて慌てて読了。2019年初めて読んだ本になりました。 自分と同年代の作者が、「塾」を題材にどんな小説を書いたのか気になりましたが… んんんん,ちょっと物足りない。この方、複数のメインキャラを交錯させながらそれぞれの視点で書くのが得意技なのかなという気がしますけど、今回はもっと誰か一人の視点で掘り下げても良かったのかなあ。

4か月前

Dd68cf61 1373 422d b23d ecb993c4a24cIcon user placeholderIcon user placeholderCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bIcon user placeholder135501cc f797 419b b7ff 984035eb0857Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1 27
不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

☆2つ 各所のレビューで高評価だったので、期待して読んだのですが。個人的には感動も感心もなく、「ふ〜ん」で終わってしまいました。なんでだろうな、自分でもよくわからない。

4か月前

6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a76cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c73b7c412 75fe 4c36 9208 65c9aa5d27ba2a469ac9 ff08 47ac a498 1004c27e8f96 13
願いながら、祈りながら

☆4つ。中学生5人と担任教師、それぞれの視点から描くお互いの成長物語。それだけで50代に手が届いたオッサンにとっては、無条件にキラキラする設定です。純粋なハッピーエンドではないし、小学生に読ませるには少し毒気がある。でもいいんです。オッサンの汚れた心を週末に洗い流すには、なかなか良い作品でありました。でもって、これは中学受験のネタになりそうな作品でもあります。

11か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd7dcebf05 0583 4dc2 a3b9 2970e561f66b
島はぼくらと

☆5つ。一気読みしてしまった。そして海が見たくなった。これは映像化されそうだなあ。

約1年前

6a5d1d58 57a1 4b13 a379 325503cf96d771baa0e0 11f6 490b a22b b5e6746f616aIcon user placeholderBfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca9233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737B5e9b87d c16c 4f73 a605 d03cfa1bec86Icon user placeholder 38
幸福な食卓

☆3つ。いや、いい本ですよ。決して嫌いじゃありません。でもね、個人的にあの落とし方は読後感悪くなるタイプなんです。そこまでしなくてもなあ、とか言いたくなるんです。

約1年前

2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb4dec5a75 851d 4eaf 994b a9496635af7655630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd51206f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee668fb9b0 11c1 4db3 8bd3 46808025df385cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65 9
クラスメイツ

前期と合わせて読まなければいけません。セットで☆4つです。

約1年前

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c615e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholder711f6eed ab8a 4834 af07 1fe21e4d1bf163c52606 abf3 4cf4 8976 6dd4c613b6cb40f4407a 42fa 483c b2ed 5479d5d0c33c 8
くちぶえ番長

☆4つ。重松清と言えば中学入試最頻出作家の一人だそうですが、なるほどね。色々読んだけどこれが一番かな。基本は出会いと別れの作品なんだろうね、この方は。

約1年前

Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderIcon user placeholder6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74Eecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab0672 28
サクラ咲く

☆5つ。わかりやすい伏線回収なんだけど、純粋に楽しめる。娘もお気に入りの一冊。

約1年前

04a0c167 8084 4a4f 93ca 037707e6e1d1Icon user placeholderB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f55e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa 35
星やどりの声

☆4つ。いまの若手作家さんの中で、一番筆力がある方だと思う。長編を書き切れる数少ない人。今回も単純なハッピーエンドに終わらせない。「世界地図の下書き」と比べてしまうと、どうしても☆は一つ減っちゃうかなあ。

約1か月前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b7c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0Fc7c31af ffbb 462e 8631 35a0f0fcd1af5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383ee1fd64 24cc 41f0 b067 40151c50295279887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 26
風に舞いあがるビニールシート

☆3.5 発表当時に読んでいれば、きっともっと気に入っていただろうなあ。その後の作品達を先に読んでしまっていると、ちょっと物足りないというか、まだ「そんな上手くいく訳無い」感が強いというか。

3か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderB34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f00
新しい免疫入門 自然免疫から自然炎症まで

日々新しい発見が続くといって過言でない免疫領域。ほぼ最新の話題を網羅してしかもハンディ。良い。

4か月前

2a1a8324 eb60 482a 82de bd346407f52863431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b3abb8de2 97e5 49ec bc9d c3373516b30f
スイート・ホーム

☆5つ。 色々あった2018年,最後にホッコリしたくて読んだ本。年の瀬を暖かい本で締めくくれて,あぁ結局今年も,何だかんだ言って,いい年だったなぁ。

4か月前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106445e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d381c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 26
そして、バトンは渡された

☆5つ。「幸福な食卓」パターンだったらどうしようかと不安になりつつ、この終わり方で良かった良かった。いかにも入試問題素材になりそうだなあ。

約1年前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d92e2bd5c2 bf6a 45ad a814 e566bbb5f7f51d4d32da a507 47ba 8652 42cc57e24c8aIcon user placeholder7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158E0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50eF4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213 53
博士の愛した数式

☆3つ。娘の小学校の算数の先生が推してたから、とのことで。 う〜ん、この結末は娘が好かんパターン。と思ってたら、案の定再読せず。 ちなみに自分が好きなのはやっぱり i ですかね。虚数単位の i 好きというか、-1のルート取るとか衝撃だったね・・・

約1年前

75d408dc fcea 4830 8cad 45a406228042C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c71c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92eaIcon user placeholderIcon user placeholder7755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb64dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9 276
カラフル

☆4つ。これも高学年に読ませたい。読了して初めてタイトルの意味が腹落ちする。

約1年前

Icon user placeholderIcon user placeholder6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d064ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d2Icon user placeholderC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c790a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901d 296
クラスメイツ

☆4つ。同じクラスの24人それぞれの目線からの物語。うまいなあ。

約1年前

63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c615e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1ccDbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbebIcon user placeholder711f6eed ab8a 4834 af07 1fe21e4d1bf19e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a9 10
世界地図の下書き

☆5つ。いや6つでも7つでも良い。 高学年必読書でしょう、これは。 うまく言えないのですが、子どもの頃に「兎の眼」を読んだ時と同じ感覚。それまで慣れ親しんできた、優しい世界の児童書とは全然違う、初めて触れる『世間』の味。

約1年前

Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba972998509ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a0D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aef6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9843274d7 09ba 4cc8 bd4f 5ecafed8a43a 18
あと少し、もう少し

☆4つ。前向きでキラキラしてて良いね。娘的にもツボった様子。

約1年前

C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccfIcon user placeholder042263c3 7115 48b9 9d95 f1ddc301ea19