77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残したい

何か言いたくたる本にコメントを残したい。 読んだ本に全部コメントするのは大変なので。

68

コメントした本

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

凄く良い本。 でもね、表紙がダサくて、損している。 というより、このダサい表紙のおかげて、必要としている起業家志望の人達の興味を遠ざけている気さえもする。 主にアメリカで売れているみたい。 日本では「知る人ぞ、知る」みたいな本としてのポジション。 出版社の意図もあると思うけど、表紙の作り方は失敗だと思う。 ダサい表紙に挫けずに、本の中身は読んで欲しい。 特に、個人事業主、フリーランス、起業を考えている人、起業して間もなくの人、には無条件でオススメ。 読みやすい本なので、とにかく読んで欲しい。

4日前

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8D5210a89 4ecd 4197 93ea ed2e920cdf980e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158f27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5306c3e3b 8709 41b3 a6df 00e97f213908283db9e8 021a 487d 8f7f 75dfca695bb0 10
仕事は楽しいかね?

この本のエッセンスを一言で言えば「試行錯誤って大切だよね」って事だと思う。 「試すこと」や「チャレンジ」が大切と漠然と感じている人は多いだろう。 だが、この本が伝えている「試してみることに失敗はない」というメッセージは、もっと鋭くて、明確な軸がある様に感じる。 会話形式の物語なので、非常に読みやすい。 読みやすいけど、その会話の行間や構成を丹念に読んでいくと、とても深いもの包んでいる。 エルモアが「ホーソン工場の実験」をたいせつにしているとか、それっぽいキャラクターのディテールも好き。 マネジメントの知識が多い人で、あの実験に興味が強い人は実際に多いので。

3か月前

56e082a6 1fe9 4396 99d5 80370cdf3e440c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7Icon user placeholderF67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052cIcon user placeholder5e3859c7 c3e5 4f73 b311 135bbbd1a0ccDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404 57
無境界―自己成長のセラピー論

時々、読み返したくたくなる。 世界の本質は「無境界」で、自己も非自己も、どんなに対立する概念出会っても「つながって」一つである。 ただ、普通に生活していると忘れてしまう。 読み返すたびに、その「忘れている無境界」の感覚を思い出せる。 いい本。 オススメ!!

3か月前

6049f0b2 69fa 4275 a0ae 60d45f7ae0a89bd5a1ee 66cc 4b23 8365 f95930ad26118ecfe5ed 0dd0 4a41 9087 a48685c31e17
人生を変える習慣のつくり方

よくある習慣に関する本にありがちな「習慣になった行動は簡単には変わらない」や「良い習慣は一度見についたら半永久的に続く」という前提をちゃんと否定している。 当たり前の話だが、人間の行動とは、そんなに簡単なものではない。 「ジョギングが1年間続いて習慣化しているが、この習慣が壊れてしまう感覚がある」という風なことが書いていたが、私も近い感覚をもったことがある。 この本に書いている方が、普通の人の感覚に近いと思う。 この本の作者のように「習慣にするのか、それが続くのかは自分の価値観によるところが大きい」とも思う。 また「人は自分が成功した方法が万人に共通する成功法」だと思う傾向にあるとも書いてあって、大きく同意する。 作者が「4分類」をもいてい人を類型化しているが、この分類も「当てはめてアイデンティティを持つものではない」と言い切っており「4つの分類はあくまで自分の自覚を深めるために使って欲しい」としているのも、私にとっては非常に納得度の高い提案だった。

3か月前

Icon user placeholder3d5cfea1 eb01 4487 b900 3168fe8b6578298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adba9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b714ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aecc3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 9
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

すごく流行っていたみたい。この本。 「人間関係が全て悩みの原因」とか言い切る。 アドラーは有名な心理学者の中でも「説教くさい」イメージがどうしてもある。 そんな感じの本だった。 個人的には岸見さんのアドラー論より、野田俊作さんの方が好き。 でも、これだけ売れる心理学系の本が発売できたのは素晴らしい、凄い。 アドラー心理学は、心理学であっても、師匠に習う「お稽古事」みたいな側面もある。 この本でアドラー心理学に触れたなら、他のアドラー論にぜひ触れて欲しいな。 岸見さんのアドラー論は「ストレートど真ん中」というよりも、少し捻っている感じがするので。 この本一冊で「アドラー心理学が分かった!」みないな感覚になるのは非常にもったいない。

3か月前

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56Icon user placeholder093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c1483bd9da74 28ba 4f18 bde1 89dbb10efa89Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e8189e7ba08a ee8a 4e6f bcd6 e40d13c2bf610a3c772d a74a 4757 a7a8 b823b814d560 462
デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

面白かった。 日本の多くの経営者からしたら「都合の悪い」論調の本。 でも、この本のようなデータを並べられたら、反論するには同じレベルでデータを並べないと意味がない。 感情的な反論とか、稚拙な反論などは、本書の中であらかた潰してある。 しかもこの人も「日本の会社の経営者」であるから「お前に日本型経営の何がわかる」という類の反論も出来ないだろう。 原因が経営者にあると主張しているが「全てが経営者の責任」という訳でもない。 この本を読んだ経営者も非経営者も、同じ目標に向かって行動していけば、日本人が持っている潜在能力を発揮できる社会経済が実現すると思う。

3か月前

C69530f2 0e55 4895 8e66 fc620d89797104d39ccc 2f5b 49fa b63d 8ac2c41bd982416e7e11 2043 41fc 89d6 a9efc08cc0407b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea40342911c 797e 4239 8954 4404ffdaf23f967537af a3af 458a bbf4 62a7e6015c3a
お金の流れが変わった!

原発、特に日本の原発技術に自信を持って国家戦略の重要ファクターとして書いてる辺りが、大前さんらしい。

4か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder2da3e43c cf80 4832 b810 5c445f002a55
大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法

「深く集中する」戦略的な方法を丁寧に書いている。 「一人で集中する」方法がメイン。 それ以外にも「チームで成果を出す」や「そもそも集中的な仕事をしなくても成功する人」の事にも触れている。 「自分のやり方のみが一番だ」みたいな近視眼的な視点は少ない。 作者が「質の良い集中状態」で執筆したんだろうと想像できる。 この原稿の完成度が、この本に書かれている理論の効果性を物語っていると思う。

4か月前

Icon user placeholder2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324eC8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb8Icon user placeholder
勘違いをなくせば、あなたのホームページはうまくいく ~成果を上げるWeb制作・ネット集客・販促戦略の心構え

珍しいぐらいに読みにくい本だった。 作者の思想が強すぎる。 技術系の本なら自己主張よりも、もっと読者の執務に役に立つように内容を書いてほしいな。 本を書くんだら、言いたいことが沢山あるのは分かるけど、なんか演説を押し付けられているような本だった。

5か月前

チーズはどこへ消えた?

これは一人で読んで「なるほど」と思うような本じゃない気がする。 簡単に読める話なので「チーズとは自分にとって何か?」とか、そういった事を何人かで集まって話し合いをするのに向いている本だと思う。 私は「会社の利益がチーズ」だとかしか解釈できなかったけど、他の人には別の解釈をしていて驚いた。 ワイワイと盛り上がる為のネタ本だと思う。 別にワイワイしなくて、粛々と話し合ってもいいけど。

5か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c906054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3b86de3dca fb76 48d9 9d56 8d0ef66f9d57Adb68917 43d5 4a73 aea5 607ea09a9041D520301e 23e3 4fb5 8b15 eec1f772637b101ce732 b6c9 4d50 a0cf 6061026ffb10Ec306838 53a0 415d a18b 032c4367c008 62
ずっとやりたかったことを、やりなさい。

この本に出会って「モーニングノート」を3年以上も習慣として続いている。 この「頭に浮かぶことを、排水するように紙に書いていく」というのは、単純ながら気持ちがいいもんだ。 私としては、ストレスコーピングとしてやっている部分もある。 どこかで「モーニングノートだけを書いても文章のスキルは上がらない」という批判を聞いた。 確かに、文章のトレーニング方法と考えら、他にもっと優れた方法はあるだろう。 でも、自分の心の中にある批判ばかりする裁判官を黙らせて、創造主として自由になる、シンプルで強力な方法。 としてモーニングノートを捉えたら、これ以上の方法は滅多に無いと思う。 アーティストデートは「自分が好きなもの」や「創作物に定期的に触れないで過ごす」という体験をほぼした事無いので、効果は実感できない。 というより「創作物に日頃から触れないで、創作活動をする」という状態は想像できない。 (本に書いてるから、そういう状態の人も多いのかもしれない) 交流分析で言う「人間関係のストローク」は定期的に感じる必要があるように「創作物や、クリエイティブな波動」を感じ続けるのは、良いことだと思う。 昔に比べて、情報が簡単に手に入る世の中なので。 もしかしたら、現代人は創作物に触れすぎているので、栄養の過剰摂取が肥満になるように、クリエイティブを過剰摂取しているのかもしれない。 今のクリエイターには「アーティストダイエットが必要かも」と、再読をして感じた。 この本は、若い人や「創造性を忘れてしまって思い出したい中年」には、特にオススメしたい。

4日前

Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholderIcon user placeholderF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0675acbd6 f8e8 4edf 9f73 bdf31870496b8d9e83d3 9923 4a06 a327 65da801c8f5a 21
まんがで変わる 仕事は楽しいかね?

ビスネス書のマンガ版が流行っている。 その中では、成功した部類だと思う。 原作のストーリーを漫画にすると、「空港で理屈っぽい外人オッサンが、ちょっと変わったジジイと、一夜だけ話し込む」という、絵面的には少し退屈なものになりがち。 ならばと言う事で、今回の漫画版では「デザイナーを夢見る日本人の若い女性が、ちょっと変わったジジイと、何回かに分けて会う」という、絵柄に変化が出るように工夫されている。 オリジナル版のテイストをうまく漫画独自のテイストにしている。 こんなに良いストリートなら、下手くそな漫画家じゃなくて「商業誌のトップ・クリエータクラス」の漫画家に描いてほしいと思ってしまう。 きこ書房みたいな、ショボい出版社じゃ無理な話だが、小学館とか、講談社とか、そのあたりの漫画家の絵で読みたいな。 などと考えてしまう。

3か月前

Icon user placeholderD4ef5372 51bd 41b0 92e2 7f371b7871a0Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028baE85534e7 2bdb 4c35 aebf a6579fe16621664a812f 8337 4789 b893 c59f7601272b6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7
こぐまレンサ 完全版

短編のエピーソードかと思いきや、段々とその物語が「連鎖」していくような面白い構成の漫画。 連載時のリアルタイムで読んでた人は「気持ちの良い裏切りのカタルシス」を感じたんだろうなぁ〜、とか考えていると少しうらやましい。 絵柄に癖もあるし「万人にウケる」と言うよりも「カルト的に好きな人はとことん好き」な種類のマンガだと思う。 発達心理学や言語学的な知識がある人は「そんなわけないわー」とか、いちいち突っ込みを入れたくなる部分も多い。 でも「知識のベースがあると失われる面白さ」を差し引いても、独特の魅力は残る。 読んだ後で「誰かに何かを語らせる」力がある作品だと思う。

3か月前

実行の4つの規律 行動を変容し継続性を徹底する

凄く読んでいい本だった!! 知名度は無いけど、よく出来た本だ。 戦略は見つけるよりも「組織として実行する方が難しい」というのは同意。 組織毎に、目標も違えば、環境も違う。 それなのに汎用性がある「先行指標」と「遅行指標」などの概念で「戦略実行」をうまく説明している。 また、4つの規律も、マネジメント層だけでなく、現場で働くスタッフにも分かりやすい説明が出来るように設計されている。 このシンプルな「4つの規律」にまとめるまでは、かなり大変な試行錯誤があったと思う。 その成果を本として読めるのは読者の特権。 また、WIGという目標設定も、ありがちな「一番大切なもの」でなくて「今の水準で一番影響を与えるもの」という質問で探すなど、机上の空論で終わらない、理論が素晴らしい。 それと「シンプルなスコアボード」を「現場で実際に動く人がつける」というやり方も、単純だけどマネージャーがよくやる失敗を回避できる素晴らしいアイデアだ。 普通は「マネージャーが考えたスコアを従業員がこなす」という形式になりがち。 これだとスタッフの自主性が育たない。 「7つの習慣」に比べて知名度は低いが、この「4つの規律」は本当に素晴らしい。 この考えや方式はもっと広まって欲しいな。 求めている人は沢山いると思う。

3か月前

これならわかる! 心理統計

ちょうど統計に関する復習をしたいと思っていたので、タイミングよく出会った本。 目立って良い訳でもないが、特に目立って悪い所はない。 参考書的な本は、こういった「当たり前の本」というのが深い学びに良い影響を与えるのかもしれない。

3か月前

F22fe1a7 af8d 461e aab1 086600cdf035Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a
世界を変えた10冊の本

対象が10冊しかない。 アレも入ってない、これも入ってない。 みたいな事は、いくらでも言える。 個人としては「世界を変えた」と言うなら、哲学系の本も一冊ぐらいは入れて欲しかった。 でも「アンネの日記」や「沈黙の春」あたりが入っているのが、ジャーナリストの池上さんらしい。 世界情勢を知るなら「戦争、宗教、経済」を押さえるのは賢い戦略だと思う。 「種の起源」は生物系の本だけど、多分、ナチスのユダヤ人排斥の活動を理解する助けにする。みたいな意図もあると思う。 大学に入ったばかりの新入生とか、リベラルアーツを意識して来なかった大人の人に、手軽に読める本としてオススメしたい。

4か月前

94e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f258b1ad6c 15bd 4fd6 8ca7 f2cca4795918D2ea44d6 7611 4a34 8670 0563cf87ab82B32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae9edb0d17 e28f 4a2c a2c6 de6a205dc8c9Cb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabfIcon user placeholder 20
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

出版された当時はブームを起こしたらしい。 企業経営的な改善方式とか、効果測定などの方程式を、個人の時間活用に応用した内容が画期的だったんだろう。 「脱毛は時間の投資効率が良い」とか、 「毎回ビューラーでまつ毛を上げる手間よりもまつ毛パーマをすすめる」とか、 行動する内容は女性らしい。 でも、発想は「流石はコンサルタント」というか当時の常識なら「男のビジネスマンが書きそうな内容」だったので、そのギャップが読者に受けたのかも。 「時間を投資する」という観点は、スケジュールをせせこましく使うことを勧める平凡な「時間節約」に比べたら、それこそ10倍は価値がある。

4か月前

グループと瞑想

この本での瞑想は、日本的な禅ではなくて、集落トライブがやるような「踊りや歌」みたいなもので、トランスするものを指しているみたい。 また、グループセッションで「心理的なカタルシスを特別に感じさせる様な事をするよりも、日常生活に戻った時に効果がある様なグループセラピーやカウンセリングが良い」と言っている。 これには大きく同意する。 これはいい本だ、アドラー心理学ブームの中で、多くの人に知って欲しい本だ。

5か月前

お金の才能

投資的なマインドから「人生教訓」のような内容を語った本。 不動産投資の話は「自分でもバイアスがある」とまとめた上で語っているので、割と読みやすかった。

5か月前

あなたがさっき食べたのは、ボクのお母さんです

最初の短編、2つは切れ味が鋭く面白い。 悪魔の話は、特にユーモアがきいてて好き。 その2つ以外は、わりとハズレ。 つまらなくもないが「平凡」というか、駄作。 短編集なんで、最初にハズレがないだけ親切な構成かも。 最後の作品、脳内ちゃんねるは、ダラダラと長いだけ。 この話は、半分にできるだろう。 それで、もう一編ぐらい話を入れて欲しかった。

6か月前

74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b488a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597