831074f3 def8 4293 b94f a16e6431c0b6

_lilya__

時々、読書。

時々、読書。

5

コメントした本

文庫 絶望名人カフカ×希望名人ゲーテ: 文豪の名言対決

希望と絶望の端にいるゲーテとカフカ ふたりの名言がエピソードと共に綴られています。 元気で明るい言葉は涙が出ます。前向きな言葉は勇気をくれます。 繊細でもろい言葉は背中を押してくれます。後ろ向きな言葉は不安を煽ります。 私達の感情は厄介で、常に揺れ動いています。 いつ?どこで?どんな気持ちで? ゲーテとカフカの言葉をそっと思い出し、心の拠り所にするのも良しです。

8日前

Icon user placeholderC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc133bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964
6月19日の花嫁

乃南アサさんの小説には、人間のどうしようもない部分が隠すことなく書かれています。 主人公は記憶喪失となり思い出を失いますが、過去ほどあやふやなものはないと改めて気づかされました。 記憶はないけれども、肌で誰かの温かいぬくもりを感じ、どこかに自分について話したい人がいる。記憶を失い、思い出を忘れ去ったとしても、自身を形成している断片は、現在の自分自身で証明されるということなのかなと思います。 何より、大切な人が信じて待ってくれている、それだけで女性は強くなれる気がします。

約1か月前

二十四の瞳

置かれた環境で、必死にもがく子どもたちに心打たれます。 現代を生きる私達の働く意味をも考えさせられました。貧しい一寒村が舞台となっていますが、家庭事情によって幼き頃から仕事を手伝い働く姿、貧しくても活き活きとしている姿、ぶつかり合いながらも団結していく姿、いつの時も子どもたちは大切なことを気づかせてくれる、かけがえのない存在であることに変わりはありません。 国のために生き国のために死ぬことが名誉であるとされ、反戦を口にすれば牢獄へ。自分の考えを持つことが許されなかった時代。 これは二度と繰り返してはいけない過ちですが、間違いに気づき正していく姿勢を持ち続けること、これは現代にも通ずるものがあります。 そして、子どものような女先生、大切なものを見失わない強さにとても惹かれました。

16日前

甘いお菓子は食べません

40代のリアル《現実》がここにありました。 親、妻、娘、、大人になった女性達が思い悩む姿は、どこか自分と重なる部分があり他人事とは思えませんでした。 生きていれば様々な問題がありますが、自分を見つめ直す自分だけの時間というのはとても大切な時間と思います。そして、忙しい毎日に少し疲れた時、本書が原点回帰を促してくれるような気がしました。 《誰かが幸せな時、誰かが不幸になっている。》全編を通してそのようなことを思わせるストーリーでもありました。 トルストイ著 アンナ・カレーニナでの名言が作中に出てきますが、そちらもとても印象に残っています。

2か月前

A550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bF63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1Ff53baa5 9f35 435a 876e 2595c532eafe2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133Icon user placeholder386d940a 86d7 4f64 8916 9e0d885103ae40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609 27