2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書。

時々、読書。

31

コメントした本

月刊佐藤純子

仙台のジュンク堂書店員だった佐藤純子さんの日々。 何気ない生活が輝いてみえました。 それは、大切な人と過ごす毎日だからですね。 大切な人と語らい、美味しいものを食べる。 手元には、本なんかあったりして。 一瞬一瞬が宝物のようなお話でした。

7日前

412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4C9bee065 92a5 4939 8591 6ccfb761e188Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd4099ad4324 4c75 4467 bb85 f071d199e46a078140ac 3dc7 41f9 a497 3422e719a306B157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1
烏に単は似合わない(1)

大人気シリーズのコミカライズ。 小説は気になっていたけれど、読まずに今日まできました。 漫画になって発売されていたことを知り、まずはこちらから。 続きが知りたい気持ちでいっぱい。 積読にしている小説を読み進めようと思います。

7日前

6c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b6681db77ad7 e4b3 42a3 993c 1802157116fc
猫町 他十七篇

憧憬と現実のギャップに苦しみながら生きていくしかない。 時代背景と著者について知を深めることで、より味わうことのできる物語だと思いました。 自由と孤独が閃きを与えてくれる 人生の意味なんて、終わりの時を過ぎても分からないままなのかも。 随筆も非常に興味深かったです。

29日前

Icon user placeholderFe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35eIcon user placeholder16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c32c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86F940121d f36a 4d88 a643 ac9b8b6be7498b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125 12
どれも特別な一日

自分なんか探さなくていい なんでも話せる友達や 負けたくないライバルを 探しに行きなさい きっとそうすることが 人生をもっと深く味わうコツなんですね。 谷さんの自然体な言葉たちが響きました。

約1か月前

自分にふさわしい場所

何気ない日常に こんなにもたくさんの ときめきがあったなんて 見落としたくない 見逃したくない

約1か月前

アミ小さな宇宙人

地球に住む人類の必読書です。 心の友アミがたくさんの愛を教えてくれます。 人はもっと穏やかに過ごしても良いと思う。 きっとそれが、幸せへの近道だから。 私やあなたの愛の度数はいくらだろう。。。?

約2か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7E50fbb2c 839c 4c1a b845 6cbc702991459fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b169ec739e ec3e 42fb 8b6c f49e8e34461eD46c570e fe0b 44bd a78f 46d48244fe5b98c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e 22
Wonderful Story

犬のアンソロジーです。 安易に、犬が活躍する可愛いお話だろうと考えていました。 装丁写真で手に取りましたが、想像を裏切られました。 犬はいつもどんな時でも正直。 人の心を癒し安心させてくれる、唯一無二の存在。 動物に優しい世界になりますように。

2か月前

だいじな本のみつけ方

本を好きになったきっかけを思い出させてくれる本でした。 易しい文章で、スラスラ読み進めることが出来ます。 もっと早く出会いたかった本。 読了後、きっと今よりもっと本を好きになる。人を好きになる。

3か月前

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf38361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d62cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a2475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb887440
恋愛詩集

余計なことばを削ぎ落としたものが詩。 書き手のプロフィールを知った上で読み進めることも興味深いですが、読み手が好き勝手に解釈して詩を味わうこと、それぞれの感性で異なった受け取り方が出来て楽しいです。 ただの恋愛詩集ではないです。

3か月前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d506af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd5b7896b5 ded9 4075 9941 2ef7785d806b
初恋は坂道の先へ

本の物語でありミステリー。 全ての物語が繋がったときに、心がほっとし温かい気持ちになりました。 本は人を繋げてくれる。本を読む醍醐味。

3か月前

たとえば、すぐりとおれの恋

人は、人を理解するために、 どれくらいの時間が必要なのだろう。 なにを知れば、 その人とわかり合えたといえるのだろう。 男女それぞれの視点から物語は進みます。 不器用なふたりがもどかしくも愛おしい。 他人を知ることはとても勇気のいること。 果たして、真実を知ることは最良の方法なのか。 すれ違いながらも歩み寄るふたりの心に、「頑張れ」と声をかけていました。 もしかすると、自分自身への声かけも含まれていたのかもしれません。

7日前

ミルクとはちみつ

愛したり傷ついたり癒されたり 生きるということは、 そういうことの繰り返しなんでしょうね。 だけど、私は私だけのもの。 誰のものでもない、わたし。

22日前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8007b5d5 322d 45a4 8d99 456f7fe38a665b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fE78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0aIcon user placeholder754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b08Icon user placeholder 13
欲しい

欲望というものは果てしないものだと思った。 それが悪に転じてしまうこと。その状況に気づかないこと。 テンポの良い文章にグイグイ引き込まれました。途中からは一気読み。 人間の貪欲さは時に恐ろしくなります。

約1か月前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849
倚りかからず

詩の力に頼りたくなる日々。 ユーモア溢れるセンスの中に強い意志を汲み取れる。 時代おくれ 恥ずかしいことじゃない、大事なことは自分で選ぶ。

約1か月前

Fa569085 b43e 4143 a424 ba4860a174d6000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fIcon user placeholderA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 13
小説 秒速5センチメートル

切なくて儚い恋のお話。 初恋は叶わないから美しいのだと、誰に教わったわけでもないのに心の奥底に刻まれている。 誰もが他人を求めて、安心できる誰かを探している。 それがこれから先へ進む通過点と知らずに。

約2か月前

34e50a52 4666 4a26 b831 3d4554acd6da306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04dBecad6a0 eee6 4e32 aac9 e4866409e9b2Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder0d0f87fc 128a 4acf 9d19 0df1d9a47672 32
春、戻る

思い出したくない、消してしまいたい過去というのはあるもので、そんなモヤモヤを抱えながら過ごす毎日。 大切な人を大事に思ってくれる人を受け入れる概念。 美味しいものを打ち解けた人と食べる至福な時。 人はきっかけがあれば変わることが出来るから素敵ですよね。 過去の扉を勇気を持って開けてみる。重くてなかなか開かなくてもいい、時間をかけてゆっくりでいい。 自分が幸せと感じられることが一番大切なのだから。

2か月前

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5Cc841888 d781 4e59 9578 49d9903628710d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c49a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409Af076117 e663 47ae ae48 c57032a4c982 17
人のセックスを笑うな

静かに流れていく時間にうっとりしました。 その中にあるそれぞれの熱い気持ちを感じる、読んでいてドキドキ。 大人の女性だからといって完璧なわけではない。だけど大人ぶりたい。だけど甘えたい。人の感情というのは非常にやっかいですね。 男性目線、女性目線、たくさん読み込んで感情を汲み取りたいです。

3か月前

306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04dE16ce4a9 9d8b 4d79 aac9 628a4699be44F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0D4139b3c 2ba4 4c30 901a 8a8f37473949Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f316e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f 14
問題だらけの女性たち

女性の素晴らしさは女性が知っています。 男性が天才と謳われる時代。側で支えている女性がいること。 さて、性差とは?

3か月前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Caeb2eea 76dc 41f5 85a8 f32f5bbc7203B2744ab4 a6dd 44b7 aa86 d5df97ba7504553d8f16 6dc4 4a4b 8f67 16cad9ed83486cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholder 9
シルエット

不完全な文章と、不完全な少女の気持ち。 これまで思い出すことのなかった記憶が鮮明に蘇ってきました。 人が惹かれ合うのは、その時の境遇にもよります。タイミングは偶然ではなく必然である、と。 今の私をつくった全ての出来事に心をえぐられます。 青春とは後から気づくものです。

3か月前

D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b64653cafdaae 290f 48b1 ad37 22f93feee9f8B45a3ddb 5900 4cf9 977e f566260627163c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Icon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5 8
ふたりのロッテ

小学生の頃に映画を観て以来大好きな作品です。 当時、双子の冒険やお喋りに夢中になり、自分がもし双子だったら…と空想していたのを思い出します。 ある程度歳を重ね再読すると、当時とは違った見方が出来ます。ケストナーの魅力のひとつですね。 自分が子どもの頃に思い描いた大人(親)になるには、ふたりのロッテは必読書です。

3か月前

E7c1f7f4 8843 44c1 a4a1 95008e9665ea92d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089aEecf5624 b3d8 4659 9e1b 158340ab0672Akiaivjyeuyp25rambwa57709432 d252 4f74 9384 76dc45a2e2c4Be809b6e 505c 4e54 b016 ae16e392dc12