F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりしています

写真を撮ったり記事を書いたりしています。 最近集中力が落ちたのかなかなか読み進められず積読本消化でいっぱいなのに…買っちゃう。 2017は積読本の消化を出来る限り!

103

コメントした本

残り全部バケーション

短編の繋がり具合が個人的にかなり好き。 それぞれの物語も憎らしくなるくらいに絶妙。 いいタイトルだよね。

7か月前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa36c477ff 4d1a 4b24 be79 c0cb38a13e5a5ce1e7f2 326a 4307 b81a eb49d4b0111b0206cdfb f275 4e4c 850b 6fcf708d69dbIcon user placeholderB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8 15
迷宮

この作家さんの新刊が面白いらしいので、まず慣らそうかと1冊読んでみた。 結構どよんとした感じで…。 もしかしてこの方はどれもこういう感じなのかしら…。

7か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e
消滅 - VANISHING POINT

登場人物多め。混乱するかな?と思ったけれどそんな事もなく読み進められる。 盛り上がりポイントが揃っているので安心(?)して楽しめる。 …だけに、ラストが少し物足りなかったかな。

8か月前

1bf2620e cb98 4b18 b32b ccbfca9d563784d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Eb348175 fdbf 4612 8f62 5abb2973ddd898fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860
首折り男のための協奏曲

微かに繋がってる?くらいの連作短編集。 首折り男から黒澤さんそしてまた首折り男。タイトルにもあるように(一応)メインは首折り男なのだけど、黒澤さんの方が面白かった。 ベタかなと思ってもやはり『僕の舟』が良かった。

8か月前

2263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a69627975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c4159b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba854af993a5 602b 4afc b836 801447794cf02d956e87 97c4 480f 817b 05bc9b4e149935b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 15
あかりの湖畔

装幀買い。 色々なものが詰まっているのに全て中途半端な感じで薄っすら暗い。 長編なだけに勿体無い気が。

8か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603fBd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
ホワイトラビット

ププっと吹き出しポイント多々。 ん?あれ?ポイント多々。 どんどん勢い良く進むので再読必須。 夢中で読んで小気味好く裏をかかれる。 本を閉じて「うん、面白かった!」と声に出して言ってしまった。 満足。

8か月前

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f5db5c80a e824 4236 a7bd bc2e804810fc63acd443 5c7e 44db 98ba 52f1e52635a9Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e250702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 53
ジャイロスコープ

フフと思わず笑ってしまう伊坂ワールド。どれも面白い短編集ってそうそう無い。 技があちこちに散りばめられていて気づけば読み終えていた。

8か月前

C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf0Icon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2Icon user placeholder3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b329fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cb 56
よるのふくらみ

思っているけれどうまく言葉に出来ない事を窪さんはいとも簡単に言葉にして紡ぎだしてくれる。 正直なお話で後味は悪くなかった。

8か月前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fA837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340dFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de48138974 905c 47b9 a3e9 30ba763f7e1e54a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7e946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc679746 fc9c 4986 84d1 d548053f0ab4 39
i

最後気づいたら泣いていて自分にびっくり。 自分にある気付かないふりをしているモヤモヤをこうして言葉にしてぶつけられたからかも。 西さんの胸に飛び込んで、ありがとう!と言いたい。今読めて良かった。

9か月前

Cf88d82e 9abb 4d57 8570 52df3225d04bAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157182c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f18943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a83e53e229 5b45 40b3 b480 3775ccfc3f270b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5 186
猫は、うれしかったことしか覚えていない

そうそう!と読みながら何度も頷いてしまう。何度も笑顔になってしまう。 猫と暮らしている人はきっとそうなるはず。 石黒さんの絶妙な文章にミロコさんの絵が素敵過ぎる。 「猫はうれしかったことしか覚えていない」ってなんて素敵なタイトルだろうと思う。 泣きそうになる。

9か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568Icon user placeholderA0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e17e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5dIcon user placeholderLbb1pwey normal 63
火星に住むつもりかい?

とてつもなく残酷で暗く救いようの無い事をさらりと書く天才、伊坂さん。 それにしても読み始めてしばらくは何とも気が重く、珍しく読み終えるまでに何日かかかった。 途中からはノンストップでラストまで。 『人間』という生物の醜く嫌らしい残酷さから温かく希望ある強さまで満載なのは伊坂本らしさを楽しむにもぴったり。 物語の秀逸さは勿論のこと。 鳥肌が立つ静かな怖さの残る一冊。

7か月前

A5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d307bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544214daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c 50
私と踊って

19の短編集。 表題作『私と踊って』が良かった。 19編のお話、私は図書館で借りたので1編だけ未読。さあ、いつ読めるかな。

7か月前

AX アックス

何となくいつもの感じと違うなと思いながらも読み出したら止まらず。 時々出てくる懐かしい殺し屋の名前にニンマリしつつ、思いがけない展開にハラハラしつつ。 充足感に浸りながら本を閉じた。 期待を裏切らない伊坂ワールドな1冊。

8か月前

3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feE6ee65b9 8746 4655 a197 5d08a55d6d30Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2Icon user placeholderCa7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b 59
SOSの猿

ホワイトラビットが久々にハマったので伊坂モードになり未読本に手をつけはじめた。 2つの話が交互に書かれ進んでいく形は好み。突拍子もない設定も伊坂本なら普通。時空のねじれ系。 無茶苦茶の中にリアルに響く言葉がポツリポツリあるところがニンマリしてしまう。

8か月前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholderC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a27455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe1589a748c13 4e28 4826 ba49 7467beaf77a49323c04a 10c3 4f2b bd4d 21fb117fdb40 10
水底フェスタ

読了できたのは多分辻村さんの文章のおかげ。 珍しくスッキリしないお話だった。

8か月前

Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f02269fd78 70c6 4cd3 964d 71156b40eb8d569e3f6c 3495 43d7 877b e2cedec23da4
銀河に口笛

優しい気持ちになりたい時に読むのがいいかも。

8か月前

夜行

静かに静かにゾッとさせられる。 話の進ませ方が巧妙で先へ先へとページを捲る。 こっち系の森見さんも好きです。

9か月前

A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1Lbb1pwey normalEe5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac679342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014Deacc136 9e16 4020 aabe 38676499e2b0 106
いらないねこ

「せかいいちのねこ」の続編。 前作から成長した"ニャンコ"にまた笑顔になったり涙したり。 生きてゆく素晴らしさと残酷さが優しく描かれている素敵な絵本。

9か月前

7e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d90b7fb6c 2e9c 476e b4ea 9473259e9f478fc289ad c21b 4f3d b05d 332dc07a4850
夜の底は柔らかな幻〈下〉

先に「終わりなき夜に生まれつく」を読んでいて良かったかも。普通に読むよりは面白い読み方が出来た。 ミステリーとはまた違った恩田ワールドは、「遠野物語」の頃よりパワーアップしていて、現実離れしたこれこそ小説の醍醐味だよねと思う。 ラストのもやもや感も恩田ワールドだったなぁと。

9か月前

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745721ff227 6404 486e a136 194741a375b4B69a4a02 80f7 46c6 91dc 5f18242eca6c