1b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8

オサム

平成世代です。

平成世代です。

28

コメントした本

逢魔が時に会いましょう

大学生と准教授によるドタバタもののけ物語です。布目先生の妖怪に対する解釈が面白くて、どんどん読み進めました!大学生である高橋さんのちょいちょい出てくる心の声には、読んでいて少し笑っちゃいました。妖怪に関するお話ですが、妖怪が登場しても怖すぎることなく、少しヒヤッとする感じで楽しんで読むことができます。是非シリーズ化して、他の妖怪も出してほしいと思いました!

12か月前

F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf316D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c04c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 17
青くて痛くて脆い

住野よるさんの作品が好きなので、読みました。これまでの作品に比べてページ数が多く、後半の2人のやりとりに筆者の熱量を感じます。私自身、登場人物と歳が近いこともあり、共感できる点が多々ありました。思いこみやすれ違いで大きく後悔したことがある人は、必読だと思います!個人的には「青くて痛くて脆くて辛い」そんな作品でした。

12か月前

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78af10be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a435833aa7 5663 4915 bce2 7b7cc878bee1Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e933df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fb9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d 190
金曜日の本屋さん―夏とサイダー

金曜日の本屋さんシリーズの2作目。2作目だけあって、1作目を読んでないと分からない内容がいくつかありました。キャラの性格、人となりがセリフ1つから瞬時に伝わり、表紙の絵も上手くマッチしていてキャラクターが非常にイメージしやすいです。この本屋さんは、お客さんの悩みを聞きとって適した本を提供して解決する役割がありますが、話はそれだけでは終わりません。本屋さんのメンバー自身に関する過去の出来事も描かれており、それに関連した事件が起きる度に、ハラハラドキドキします。 4作で終わるようなので、4作目がどのように終わるのか楽しみにしています。

約1年前

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecE87aa82e e85b 4c6a 8352 d6dde7818466
孤狼の血

常識外れの刑事がただ暴れまわる警察ものだと思っていたが、まさかラストであれほど感動するとは思わなかった。大上さんに対する印象が最初と最後でこうもガラッと変わったのは、作者の力量の賜物だと思う。意志が受け継がれたとき、果たして今後はどうなっていくのか…。パート2を出してほしい作品でした。

約1年前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8dE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a55140f80 1f06 4b28 9ea6 f2036c0919a52a050e69 16fc 4c46 9dd8 a77dc80df1a2C424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a09667Ee621c02 f1ea 4d7b b6fe 5995342c3384 20
フォルトゥナの瞳

映画化すると知ったので、昔読んだ今作を再度読み返しました。 一文一文が長くなく、非常に読みやすい作品でした。 主人公の木山はとにかく真面目で誠実!だからこそ、これまでの彼の生きてきた環境を思うと、本当にかわいそうに感じます。彼に与えられた能力は、誰もが持っている訳ではない特殊なものですが、もらっても全然うれしくないものです。真面目な木山はその能力を使って、多くの人々を助け出します。後半には、助ける人数がどんどん増え、助けるために木山のとった行動は見ていてドキドキします。 フォルトゥナの瞳を持ったことで、彼は大いに悩み、もがき、苦しみます。悩んでる描写の部分には、人ごとだとは感じさせない筆者の熱い思いが伝わってきました。多くの人に読んでもらいたいですね。

12か月前

Dd8824bb e1f0 49b0 a966 74042e94dd840849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb876ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d980392701 d10b 469d a3ac 7c60c2d0493d83eff050 32dd 4764 8482 9d71ee053bc3E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecIcon user placeholder 60
暴走

まるで、ドラマか映画を見ているかのような、臨場感あるお話でした。まさか、一体の遺体が残したメッセージに、あれだけの意味が隠されていようとは・・・。作者の誘導によって途中までミスリードされましたが、終盤になってやっと真犯人が判明し、その意外性に驚きを隠せません。島浦・石倉といった熱血タイプの主人公を中心に話は進みますが、物語には狡猾な塙本部長に感情の読み取れない柊管理官といった個性的なキャラクターも出てきます。事件自体はもちろんそうですが、これら登場人物の言動にハラハラドキドキするばかりです。 非常に読みやすく、二部もあるのでは?と思わせるような終わり方でした。

約1年前

3c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb2D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c
友罪

この作品は、登場する主要キャラのほとんどが暗い過去を背負って生きています。かつての犯罪者とその友達だけの関係に触れているのではなく、様々な人の立場にたって物語が進んでいきます。最後の雑誌の寄稿の場面は、本当に大きな決断を下したと思いますし、何よりやるせない気分になります。社会の眼差しと個人的な感情の間に揺れる益田くんに、何か言葉をかけてあげたくなる作品でした。

約1年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecFa569085 b43e 4143 a424 ba4860a174d69fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70936cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d 54
羊と鋼の森

外村と先輩とのやり取りに考えさせられるものがあった。ピアノに関する本であるが、仕事を続けることの難しさについても触れている。これから社会人となる若い人々に是非読んでほしい!社会人経験の長いベテランの方々には、この本を通じて自らの仕事についてこれまでの経験を振り返り、自分なら外村に対してどのような言葉をかけるか考えてほしい。

約1年前

Dc572550 0c2f 4682 99e5 ca727433547a91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5Ef3b8e78 fa0d 4ec8 be2d 71ff59390c61980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14A44a7fef 4fd6 423a 82c1 7d295b229f55B1cec67f d70b 492e 8be0 e66df8f3665626e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014 348