0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6

 

 

50

コメントした本

FINE DAYS

こういう本も必要なのだと思う、少なくとも私には。 ささやかな幸せと少しの苦しいこと。 うまく生きれないところに共感を持てる。 私自身長編の本が好きなのですが、この本はスラスラと読めてしまいました。

10か月前

D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a80cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e173e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200A3473b82 ba19 473b b752 7bccc6521e97Akiaivjyeuyp25rambwa 9
さよなら、ニルヴァーナ

発売されてすぐに読んだ本。 読み終わってから時間は経つが、人間の闇を見てしまったようなぞっとする気持ちが忘れられない。 中心となった人物のあの感覚をわかる人間は少ないだろう、 登場人物の視点のどれをとっても悲しさは拭えない。 どんな思いでこの本を書いたのだろうか

11か月前

F76b9d0f 1c7f 424c aebe 0f3923ce7741Icon user placeholder6ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d9Cc6e213f 6d33 4d25 a707 3a13b2e858c01ebc4790 15ad 4454 8023 4e78ecf1f19195b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140ed9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 42
よるのふくらみ

窪美澄さんの書く小説は正直すぎる 幸せになりたいという思いは、口に出さずとも誰もが心の中で抱えている気持ちのような気がする。 だから誰も、誰のことを責められない 大人になってしまったから、自分の行動に責任を持たなきゃいけない、周りの目、みんなで育った商店街という狭い世界観のなか。 自分の気持ちに真っ直ぐに生きていくことってだんだん難しくなる。 奮闘しながらも最後には、物語の登場人物がそれぞれの幸せのために、前を向こうとする気持ちに なんだか後味の良い本だったように思う。

10か月前

Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b6458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c244e8a4e8 0245 4a26 8ce1 1885fc395341D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0C7caedef ffac 4761 9f6d 2581dac30bbc 98
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet

読み始めた瞬間から嫌な予感がした そんな気持ちを抱えつつあっという間に読了。 たまにある、物語の筈なのに、どこかの現実を覗き見してしまったような痛みが残る。 自分では成す術のない、子供は選べない。 守ってくれるはずの家がこんな風な形にしかできなかったこと、そこに立ち入れなかった周りの大人達、身近で違和感を感じていたひとりの友達。 小説でよかった、という思いと同じくらい、毎日世界のどこかで起きているのかもしれないという怖さがある。 生き抜けば大人になれたのに、生き抜く気があったのか、 愛と憎しみの違いをわかっていたのかもしれない。 きっと時間が経っても思い出してしまう気がする。 すごく惹き込まれた。

11か月前

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a637e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf18feeacd0 5ab2 42b9 9cc8 465ad1817ca2112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef32 153