1b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdad

akagane

本と珈琲@大宮

本と珈琲@大宮

45

コメントした本

フラニーとゾーイー

ストーリーだけでなく、野崎孝氏による訳文に魅了された読者も少ないないはず。シーモアの残した言葉を求めて、分かりもしないヴァガバット・ギーターに手を伸ばしたのも良い思い出です。

4か月前

Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419094e9c1ac2 6ca3 447b b6ac 5b593c721fd29a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b156651c1bf06 5b18 48d9 b7d0 788fc4e3b965 24
収容所から来た遺書

戦争が終わっても捕虜として抑留され故郷に帰ることができない人々がいた。絶望的な状況にも帰国の望みを捨てず、句会を通じて仲間を鼓舞し続けた山本幡男氏の生き様を描く。彼の「遺書」がどうやって家族の元に届いたのか、胸が熱くなる作品です。

4か月前

よいこの君主論

仁義なきキリスト教史も面白いです。

4か月前

E484d510 9ce0 4b18 aa81 adcd33504bf73e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b2bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d15838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf98213a6e4ab 90a7 42dd 8a21 3a08f0ce383c
1973年のピンボール

ピンボール研究書「ボーナス・ライト」の序文が素晴らしい。

4か月前

Icon user placeholder9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54c0b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea14F5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e2337984bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7D9405a75 a2fe 452a 9aed eadb1a2530cbC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 13