A7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3

kotsusato

よむよむ

よむよむ

71

コメントした本

山猫珈琲 上巻

湊かなえさんの初エッセイ。読みやすかったです

約2年前

1b274b27 8d3e 4894 8dee f094d1dfb723783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b711310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f43a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 10
そして生活はつづく

生活を面白がること、今年の目標にした。

約2年前

Icon user placeholder3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feE0cf0c8e 32da 4b87 8e0d d9e9b8b5a412F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937ecaB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8D38c464d 4611 4a24 8823 8fea5cea382dBb77a203 38d7 401d 989e 526a34e1cf3d 11
トットひとり

黒柳さんの奥深さがわかる1冊。エピソードも面白いけれど、なにより文章が魅力的。 それにしても凄まじい記憶力。それほどに痛快で刺激的な日々だったのだろうなあと想像します。

約2年前

7607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c47f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7fE51a8847 dd98 49a7 ab19 1f64eb7a881dEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f
太陽の塔

森見作品のなかでもずば抜けて大好きな作品。さえなくて、笑えて、苦くて、ぐっとくる。

約2年前

13f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1a7ab20c22 f5d8 47e0 851e ee1d83361158F7762efa c8bc 4418 9c95 e89d97594213Icon user placeholderD05045a1 60ae 4f74 9001 300ca26831abIcon user placeholder7aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e0441 115
聖なる怠け者の冒険

実に「ぽんぽこ」的。大好き。

2年前

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e8fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc15Icon user placeholder2441d909 2217 40db 860a 438a4b7b78849dc57912 f26e 4b70 9dcc 41d09802a04eIcon user placeholder714d5c7f bec3 4733 89ef 241ea0f520a6 61
海辺のカフカ (上)

15歳の家出少年と字が読めないナカタさんの大冒険。

2年前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholderDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02Icon user placeholder1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c7F3e46db5 deb1 4165 a3c0 a0d51943af2eC424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a09667 142
白いしるし

まさに全身全霊、圧巻。

2年前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5Icon user placeholderE0f70090 5193 42ac 83f7 14a94078786e23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea407aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e0441F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fbd72453 9578 4dee bdda 29b5d78e21ea 137
羊と鋼の森

一歩一歩、丁寧に森を歩いていく青年の、静かだけれども確かな決意。優しく、そして美しい一冊。

2年前

5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137947d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4173308de 63b0 4acc b635 f7ccc62ee28b38d3e29b d7ab 4927 8475 c4113e4cd3a81c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b79bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a71344c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 259
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

わかっているけど難しい、だからこそ意味がある。give&give

2年前

F957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffac3575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3F5057956 f641 48fa 95a3 ab464713e42bIcon user placeholderIcon user placeholder05d430ff 19f3 48d5 b48f 916aceaed080Icon user placeholder 529
ききりんご紀行

無性にりんごが食べたくなる本。

約2年前

のぼうの城

気張らずに読める歴史小説。面白かった!

約2年前

C7597594 9065 4105 b8c6 ac763b19f9d7Icon user placeholderDc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0eaBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f748f8c2b63 04d7 44ac a966 470248e506e051aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb1 24
世界から猫が消えたなら

映画とはまた違った苦しさと暖かさがあり、やっぱり泣いてしまった。 大切な誰かが、やがてこの世界から消えてしまうこと。後悔する前に想像を。

約2年前

9a6040ad ca72 4070 b5be f3a1fe67881cF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937ecaB3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a386bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d065ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b 23
何者

主人公も、主人公が小馬鹿にしてる彼女らも、あーいるいると思うし、それはきっと自分でもある

約2年前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a718bf580c 93cf 4731 8241 d61005c8423aB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947986d3e74 9bf1 489b 8457 b72eaaf71a76Da66ede6 6108 4580 9046 29e4eef3ea01Cc69e19e 228d 4573 8b34 8afa3d3a97a6Ceff829a 483b 4971 a212 ec549af49d6e 201
海辺のカフカ (下)

「私が私でありながらすきまなくあなたの一部になるのは、とても自然なことだし 一度馴れてしまえばとても簡単なことなの。空を飛ぶのと同じように」

2年前

Icon user placeholderDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02F3e46db5 deb1 4165 a3c0 a0d51943af2eIcon user placeholderC424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a0966769f5d3cc f806 45c1 9795 79436b418028Ac8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed6 104
坊っちゃん

夏目漱石没後100年。 純粋に面白かった。坊っちゃんのような人物になりたい。

2年前

Icon user placeholderC6527445 8329 4482 bddd b87a7e82c111F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0E829ad87 c222 48c5 aa75 39fb69803def0a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69fE5ac3ec1 cf4c 4c9c 8d2e 413c9062168b00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 8
ひとり暮らし

可愛らしい表装に惹かれて購入。二十一世紀の最初の1日と69歳の誕生日の話が好き。再読リストへ。

2年前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cCb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ceFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholderC0f1b25d 259d 4ef9 b96c e1054c12c3854c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b55aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 34
ゴールデンスランバー

伊坂作品お馴染みの小洒落た台詞とクセのある登場人物。そしてThe Beatles。 疾走感と絶望感の中にユーモアと温もりが詰め込まれた大好きな作品。 映画では斉藤和義のGolden Slumbersが流れ出すシーンがたまらない。

2年前

E5925ba0 70a7 43b3 9e84 b497c76451491c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b7Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8Icon user placeholder5920b1ba b31a 4eb7 88dc f3328626c0846b59208a 65bd 4df9 9c71 e760fae7dad773acae21 c065 4aa5 88ed 7a424412709f 125