Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

読書だいすき。ブックカフェや図書館によくいきます。夫と犬とわたしの3人家族で海の近くに住んでいます。

508

コメントした本

51%2b%2byn7mc8l

ちょっとファンタジーなんだけれど、こういうもどかしさとか、どうでもいいことで悩んでるなあっていう高校時代らしさが瑞々しく描かれていて、自分が高校生の頃の記憶が呼び覚まされました。

約18時間前

A5fe0e2e a191 4cf1 96d4 272b69bedd271525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39eCe41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e6C68ee823 b1b2 4803 b819 ebb1fcae85f651aa5d13 8527 41f2 a0b8 ee0b98587cb1E4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52 40
51zt82ce8zl

小林さんの作品をネットで見つけて以来、とても気になっていました。犬やテント、建物などが独特のテイストで好きです。いつか作品が買えたらいいなあって思います。

1日前

51hvskau1vl

恋愛についての話なんだけれど、恋愛以外のことについてもすごく学べる小説。緊張することについてや、人とのコミュニケーションについてなど。誰かと接することが苦手な人や、相手にちゃんと伝わっているかいつも不安になる人、プライベートでも仕事でも、役立つ話が満載です。最後はぐっと胸に迫る展開に。どんどん引き込まれるので、一気に読んでしまいました。読んでよかった!

7日前

55ee6bfa 133a 47bf 9099 e1826ba6495740fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47946afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339Icon user placeholder7ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f3Icon user placeholder 9
51uegowqtxl

定年退職って、結構人生の大きな問題なんだなあと。父は定年前に亡くなったし、私も夫もフリーランスだから定年は無いので、いまいち身につまされないテーマだけれど、何をしていても、我慢しすぎって良く無いね。やりたいことを、ちゃんとやらないと、後悔する。

7日前

Icon user placeholder3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f4341fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d91525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Be0069f7 ce86 43a9 a757 5ffc8d686da1B5040b4e c90d 4ea8 84ad 4fbb866a67604b166917 9bfd 478b 81d1 ed200c78d684 10
61j5a3uswel

ジャクソン・ポロックの幻の絵画は誰の手に?! JETの言葉がカッコいい。アートを心底愛する気持ち。

15日前

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a5bc34470 d948 4e81 b41e 0506da33c7a2Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee6a95ab68 2904 4af6 ad81 30c1d3d93a467f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f052337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f 8
51ieizxhrxl

寂寥感、それに尽きる。表紙の現代アート、小林史子さんの作品なのだが、彼女は著者の沼田さんとはおそらくら1歳違い。そして2016年に亡くなっている。

20日前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2145b14863 90fb 453b 8f57 885f0f4e0d35B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c878690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341F066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07b18bb72ce a82a 4068 8428 3787e6ed8513 11
31zfifoqill

ハリネズミの妄想の文章は、まるで可愛いアニメーション映像を観ているような気持ちにさせられます。孤独は悪いことでも寂しいことでもなく、実は自分ときちんと向き合うためにとっても大切なことなのだと気づかせてくれました。本当に自分が求めていることは何なのか、周りに振り回されたり惑わされたりすることなく、一人できちんと結論が出るまでしっかり考え抜くこと。それが出来たからこそ、見つかった幸せ。ひとり時間の大切さを改めて実感します。夜、紅茶を飲みながら、少しずつ読み進めたい、哲学的であり、詩的である本でした。

24日前

56b0d7c3 a68a 4d43 bd8e 37afdd67e91398d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f6950f3a441 468d 4de6 bfc5 57aeeaef1b00970c24ba 836d 439c 84f5 ed43be83f8d090cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a051d2afc 7688 40bb b6b7 17662c969bf450133305 bfa1 4ec7 9de0 fbd8d4b1b484 23
51e71q pp6l

外面がよくて家族に対しては不機嫌っていうの、スウェーデンでもあるんだね、、、よくないよくない。自分のやりたいようにやる、なりたい自分にちゃんと向かってる?とか、自分との対話を大切にしたくなる本でした。それって本当に本当にやりたいこと?とか。周りの意見に振り回されず、しっかりと自分の人生を歩ける人になりたいと思います。

約1か月前

9fca3408 8e39 43a7 a274 4d021348c8fa4be00099 6a49 422b b958 7309b918bab04dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c35cdab0c1 cf37 4db4 82de 9ca084dc0f9b
61ymrswpycl

江ノ島に行きたくなる。何度も行ったことがある場所だけれど、改めてこの物語を読んだ上で、見たい場所が出てくる。ここに出てくる食堂はもちろんフィクションだけれど、もしかしたらあのお店がモデルかなあと思い当たるものがあったり、実際の場所がいろいろ出てきて、自分も江ノ島の中に住んでいるような気持ちになれる小説。何代も続く「ねこもりさん」の物語が、少しずつ繋がって行く。何度か読み返したくなるお話。

約1か月前

51qyam7yksl

誰かを笑顔にできる生き方。 自分が笑顔になって、周りが笑顔になって。 そんな幸せな毎日を積み重ねて生きていきたい。

約1か月前

Icon user placeholderD044f0df 7be3 45c2 8dc5 8d30ac19223dB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f683861782c 591d 4053 a5f1 5cfeebf6650dD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2c2b38ce49 817b 4cff 8351 d7ae923b1dbdC68ee823 b1b2 4803 b819 ebb1fcae85f6 102
618fxz3j5yl

山村浩二さんの短編アニメーションが劇場公開されていたので観てきました。「怪物学抄」も映像上映された作品の一つ。書きためていた何でもない言葉に命を与えられ、不思議な生き物たちになった怪物学抄。絵本も素敵ですが映像はもっと素敵です。ぽつりぽつりと語られるように進む映像。アニメーションの画面に文字を入れるというのは、山村さんが意識的に行なっていることだとか。そのあたりも、絵本になった時との共通性みたいな部分が出てくるのかもしれないですね。文字も含めて一つの絵になっている感じも魅力的です。映画館で帰りに購入した一冊でした。

約18時間前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2122353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310
51qj07sqp8l

読み始めは医療の専門的な単語についていけるか不安になっていましたが、3分の1を過ぎたあたりから素人にも優しい医療解説になってきてホッと一安心。本来は自分にもっと医療知識があれば、さらに楽しめたのかもしれません。医療現場で働く方に読んでいただいての感想を聞いてみたいです。 ラストに向けて謎解きが進み、あれもこれもそれもと、驚きの連続。もやっとした感も残しつつ、現実にこんなことが起きたら、というリアリティがそのモヤモヤ感から出てきたかもとも思いました。現実世界って一筋縄でスッキリ解明みたいなことって、なかなかないから。

4日前

48b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ceBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc213Icon user placeholder5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c 28
51ylncs6nyl

猫って矛盾だらけの生き物。イラストが猫らしさをしっかり捉えていて、猫と暮らしたことのある人ならツボだと思います。

7日前

50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc1Icon user placeholder051d2afc 7688 40bb b6b7 17662c969bf4099dd5e6 a654 4556 a38a 2d8c84738dcdIcon user placeholder7ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f3Bd206ab0 388d 44d4 8aaf be7efce83af0 27
51c6igk%2blxl

生まれ変わりがもしも本当にあるのだとしたら、とても辛いことなのかも。信じてもらえないと思っていた相手が、結局一番踊らされ、人生を狂わされていく。信じようとしていた人や当人ではなく。

13日前

D6ce7943 0414 41cc 87b1 8f965f2ef37bBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c0356b0d7c3 a68a 4d43 bd8e 37afdd67e913F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c81525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4A4da4900 e0ba 416d 9f75 3601473ef0b1 24
517jfdfpk7l

ひとつひとつの物語を読み終えるごとに、本を閉じて噛み締めたくなる味わい。「十年目のバレンタインデー」が一番好きかも。シンプルでかっこいい。

15日前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74460195ff cd06 4aa1 9a6f f1ab51dbd6f6E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bB1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba121Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de58784afc0 97bc 4f3e b8b6 b4455efdb1fb 11
51t5bt7fgml

伊坂さんの殺し屋シリーズ。やっぱり最高!懐かしのあの人やあの人も出てきます。 伊坂さんには珍しく?話の最初からずーっと、3分の2くらいが主人公目線。いつものあちこちクロスする感じがなくて、なんかいつもと違うなあと思いながら読んでいたのですが、最後はやっぱりね。ラスト3分の1から一気に、という感じ。親父、かっこいい!

20日前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8D2cc27c9 55b2 40fe 834e 0dd8f62bb5326efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f583761d678eef 3414 4fdf 96e3 9e8d8e32c8830c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad798a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b1542E70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09b 37
51wthg3jaul

一気読みではなかったけれど、面白かった!わたしは少しずつじわじわ読みました。 大人の理不尽な感じや、言葉が通じない大人の様子が、すごく細かく描かれていて、小さい頃に感じていた違和感を思い出しました。

28日前

11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccf16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c307b8756c b097 4776 8f98 9bac45b80f42Icon user placeholder330c743e 1176 4f9b bb09 efbe967ff1ccEc35fbba 94bc 45d7 993e 5b89952ab5ac196c972a 0f3a 4840 9b63 d31908b63c35 52
51ketmr6ihl

軽く読めるタイプの本かなーと思って読み始めた。ハリネズミ、昔、飼いたいなあと思ってたことも手伝って。まさか最後に号泣するとは思ってなかった。動物モノとしてはありきたりなのかもしれないけれど、それでもなんか、久々に本を読んで号泣した。愛は種族も超えますから、うん。

約1か月前

41uj1z7qagl

殺人事件を追うミステリー小説かなあと思って読み始めたら、美味しいものが満載のお話。ミステリーというよりも、一人の女性記者がいろんな階段をのぼり、殻を破り、自分と向き合っていく人間ドラマ小説だった。人はみんな、ある側面しか見せないし、ある側面しか見えなかったりするので、世の中はいろんな誤解に溢れているのかもしれない。

約1か月前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bIcon user placeholder55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd512048dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676e68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 34
41fhqrgcazl

常にエレガント。ロイヤルスタイルは憧れの生き方。そうありたい。吉田都さん、いつか生で観たい!

約1か月前