1feb4c0f d54a 4e5d a8dc 823c503401f6

ya-gu

小説好きなので、気になった本は投稿しよう…

小説好きなので、気になった本は投稿しようと思います。

26

コメントした本

大阪駅から行く青春18きっぷの旅

青春18きっぷを使って行ける、各地方のオススメスポットやグルメ情報等を写真を多用して紹介しています。 観光要素よりグルメ要素の方が強いです。 オススメ日帰りプランや駅弁などの情報も多く載っている為、この本を片手に旅するのもいいですね。

約3年前

オレたち花のバブル組

半沢直樹のような資質や度胸があればなぁとつくづく思う。 彼の行動力や信念は、ビジネスマンなら誰もが羨むスキルじゃないかな。

3年前

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e2A59da6bc ce6e 47bc a9ba 16e69c5d9b4a1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a39b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholder 38
神様からひと言

スクラッチカードの件で、来場してきたクレーム客をお客様相談室の面々が、一致団結して対処する場面は、爽快でなかなか面白かった! 個人的には、お客様相談室は会社の最重要部署に格上げして欲しかった所だが。 新入社員向けやけど、主人公がなかなかの肝の据わった子なので、真面目な方には向いてないかな。

約3年前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df743efd0b9c 28ad 41da 860c 70d565f0cc078800e290 f4c9 44e1 b56e ed78b16b4ace588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119efIcon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 17
ダイナー

平凡な日常からある怪しげなバイトを始めたのをきっかけに、闇社会に堕ちていく主人公の話。 凄惨で過激な描写が多いが、主人公が今日あるか無いかの命を、ダイナーのオーナーで元殺し屋のボンベロに委ねられている状態で、絶望的な状態から彼女は生き残れるかどうかにハラハラドキドキする。 又、冷徹なボンベロが時間が経つにつれて変化していく心境と時折見せる優しさも見所の一つなんじゃないかなと思う。 無秩序の世界観に只々圧倒されるばかりでした。

3年前

3ee82b78 880b 4319 ad84 c48bef1db3666540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d552ee15a92 b663 4fcd af27 bd873c5d1ba649c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724D8b172a0 bf79 4866 8877 d4224d02b02627e75722 977a 4adb b3d5 7e7fe4eac91b1b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a9218 42
向日葵の咲かない夏

道尾秀介さんの初めて読んだ作品。 緻密なトリックと探偵さながらの少年の推理に只々驚かされるばかりでした。 犯人は意外な人物に、意表を突かれました! 完成度の高いミステリー感で、とても面白かったです。

3年前

D78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d50D05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e4906554E678e548 e934 443f b1ad 9f6714f1a26cEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aA0546537 c07b 4d64 aad3 069d5fe733da9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc053214 163
虚ろな十字架

他人の命を奪った犯罪者は、死刑にするべきか?と問われる本。 暗く、悲しい物語だが、読んでいくにつれて真相が解明されていくので、惹きつけられました。

3年前

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholder8c20e05a 73da 467a 94db 9e058cdb0545E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 37
死神の精度

主人公の死神(千葉さん)がユニークなキャラで面白かった。

3年前

F2c9b2fc ff54 49a1 93fe da56f8c1430b4ee5fc57 cdea 40fa a6b2 a45e28f739c6Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b4c412943 1757 438d ac15 338661518ed9Icon user placeholder1240909d 1d69 49cd ae5b 8b448f26e15e86bf7621 50cc 4707 8f5a 446fd08c5b2b 169
マリアビートル

グラスホッパー続編で、今作も極めて面白かったです!! 個人的に、蜜柑と檸檬が殺された事が悔しかったが、最後の展開で、ヒーローが登場し、悪物が成敗されると言うシナリオだったので、気分が晴れました!

3年前

A64335ed ab91 47bf 88a1 4f78255167d8B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daCeff829a 483b 4971 a212 ec549af49d6e243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc53e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfbIcon user placeholder8682cb46 02c0 422a a5ef 87a43e80d9e5 136
死亡フラグが立ちました! ~カレーde人類滅亡!? 殺人事件 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

前作が気に入ったので、こちらもたまらず購入しました! 今作は、「呪いの映像」の真相を解明しようとするが、中世ヨーロッパの魔女狩りで生き残った、魔女一族の血を持った人間が、現代の日本にいて、世界滅亡を企んでいるという支離滅裂な内容になっています。 最後は、陣内ではなく、本宮さんが大活躍します!! 僕自身、死亡フラグシリーズはなかなか面白く、ハマる小説の一つですね。

3年前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fD6175a51 e5bc 4084 ac2a ee7be59ca16d
オー!ファーザー

個性溢れる父親が4人もいると言う設定が何とも面白い。 4人の父親に振り回される息子は、自分の身に降りかかる、不可解な事件に戸惑わされるばかり。 笑いあり、感動ありの映画化にもなった作品。 伊坂さんの小説の中では、とてもお気に入りの小説です。

3年前

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb905c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdE829ad87 c222 48c5 aa75 39fb69803def007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264Icon user placeholder78a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5aIcon user placeholder 58
SAVVY 2015年 09 月号

京都の新規店舗、グルメ情報が満載!! 美味しそうな写真に、いつもアドレナリン全開です(笑)

約3年前

ルーズヴェルト・ゲーム

読んでいて気持ち良かった印象です。 窮地に立たされた男達の熱い闘いが上手く書かれていて、勧善懲悪なストーリーが、ベタだけどそれがいいと思える作品でした。

3年前

469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c811afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c373060102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1 26
ツナグ

ツナグ(使者)とは、生者(依頼人)が死者と一夜限りの面会を仲介する窓口の事を言う。 どの依頼人も、死者と会う事によって、心の中にある悲しみや苦しみの感情を振り払い、前へ進もうとするのだが、中には死者と会って激しい後悔の念に捕らわれる依頼人の話もあった。 死者との面会は、生者と死者双方にとって徳があると思いきや、そうでない場合もあるみたいだ。 そして、使者の使命に疑念を抱き始めた高校生の歩美は、幼い頃に両親が謎の死を遂げ、その真相に辿り着く。 大切な人を亡くした人に読んで欲しいと思う。

3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e5404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aacCcdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8306a88ac f6f7 4b4e b4fe c2c482838b8aIcon user placeholder 129
三匹のおっさん

還暦を迎えた男3人のドタバタ痛快小説。 同級生だった悪ガキ3人衆が、60歳を迎えた時、『自警団』を結成し、街中の事件を颯爽と解決に導き、世間の裏で暗躍する。 3人の個性的な才能は、とても強力で、3人合わさると怖いもの無しと言った感じで、話もリアリティーがあって良かったです。

3年前

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder52300f88 38a2 424f 8e32 8af895c21eb100fd99ab 5c26 4125 83c0 45b4d3550dddIcon user placeholder 41
青の炎

主人公のやるせない怒りと、母と妹を守らなければいけないと言う、責任感から沸いてくる殺意、その切なさがひしひしと伝わってくる内容でした。

3年前

C06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a5981bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fIcon user placeholder6fa64300 072b 45c3 8650 26d80c944a27799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c5670d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214 43
死神の浮力

死神の精度続編。 構成が、前作の短編集と違って、今作は長編になっている。 話の内容としては、娘を殺された両親が、犯罪者に制裁を下すと言う、よくある復讐劇だが、そこに死神が加わることで、また違った視点になって、シュールな感じになってます。 千葉さん(死神)の仕事に対する謙虚さは素晴らしかったです。

3年前

Icon user placeholderIcon user placeholder6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da5ad3a8ba 7e9f 4b51 a0c5 43e4a163d35c5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 24
消失グラデーション

長沢樹さんデビュー作で、横溝正史ミステリー大賞受賞作。 読むたびにぐいぐいと引き込まれ、時間を忘れる程の面白さ。 最後は、予想をはるかに裏切る衝撃の結末で、びっくり仰天しました!!

3年前

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376A8e4c36b 42de 4a59 8ca0 27d8d2a0ee8e8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a150714019Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 20
県庁おもてなし課

高知県庁の若手職員が、高知の観光発展に尽力して、県民のおもてなしを主張するが、最初はグダグダ。 民間人の女性や、元県庁の人や、高知出身の作家などに助けを借りながら、段々と高知の本当の魅力を知り、成長していく、主人公(掛水)が輝かしくて応援したくなります! また、主人公(掛水)とヒロイン(多紀ちゃん)との恋模様も気になる所。 最後の終わり方は、めっちゃ好きやった! 素晴らしい本でした。

3年前

E68ce569 3964 4a76 9086 14f7083ea19fIcon user placeholderB366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d3Icon user placeholderB6b88bf0 7e0b 49e6 b187 a76802c260ac4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc9023230f102 4838 4de8 8ec8 2a4615cf8d4c 16
死亡フラグが立ちました!

七尾与史さんのデビュー作。 タイトルが気になり、購入しました。 読み進むにつれて、段々と病み付きになりクセになる面白さです。 「死神」と呼ばれる殺し屋のターゲットになった人物は、24時間以内に、必ず偶然の事故を装って死に至る。 その死に方がかなり凝っていて、少しコミカル。 そんな事件を、雑誌のライターと天才投資家のコンビが暴いていくと言った内容のミステリー小説です。

3年前

Ba096d63 5cd7 4f71 bbba 25f15454b02b24fa6c8d 94a4 4b43 a282 5371fac0fa57330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55D6175a51 e5bc 4084 ac2a ee7be59ca16d63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2 10
下町ロケット

池井戸潤さんの著作で初めて読んだ本。 ロケットの仕事に携わりたい社長が、一度は夢を諦めようとしたが、社員達と意見をぶつけ合い、もう一度夢を追う事を決めた社長。 小さな企業が、大手の企業に対抗し、負けず劣らずの技術力を証明し、勝ち上がって行く様は、読んでいて気持ちいい!

3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderF1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9Bf4974c3 423b 4aa2 b293 5cc514f55426Icon user placeholderIcon user placeholder07815df1 1ce3 43b7 b7fa 3ff237317095 80