4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a

nae

読書記録

読書記録

25

コメントした本

十二人の死にたい子どもたち

やっとやっと読み終えた… 題名をみて面白そうと読み始めたものの、登場人物の多さに頭が追いつかずこれは一気に読まなければ理解に苦しむと思った。 長い長い推理を読み進めていったが最後の展開に今までの時間は…となってしまった。 総じるといい話なのだが、だらだらと続くディベートに何度も途中挫折しそうに。 これは映像化の方が入り込めるかもしれない。 映画の方も見てみよう。

2か月前

9056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec10Icon user placeholderA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65661339161 d968 4a33 a7e6 371674e79530Cc2de357 64db 4680 b11c df57566814b688d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254f8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf 57
マチネの終わりに

もしかすると子供の頃、彼の演奏を聴いたあの日から、もう未来が動き出していたのかもしれない。 お互いに惹かれ合い、離れている期間もなお忘れられない人。会った回数など関係ない程に深く愛した人。 プライドとはまた違う。 相手を想うからこその行動、すれ違い。 疑念や後悔を抱えながらも心の片隅に相手を忍ばせている。 最後の終わり方がとても綺麗であった。 その後の二人の行く末が、お互いにとって幸せなものになっていてほしいと切に願う。

約1年前

16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eIcon user placeholderBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1A24facd8 3951 43c8 976f 53fb07c6cdaa6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bIcon user placeholderIcon user placeholder 293