4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a

nae

読書記録

読書記録

25

コメントした本

十二人の死にたい子どもたち

やっとやっと読み終えた… 題名をみて面白そうと読み始めたものの、登場人物の多さに頭が追いつかずこれは一気に読まなければ理解に苦しむと思った。 長い長い推理を読み進めていったが最後の展開に今までの時間は…となってしまった。 総じるといい話なのだが、だらだらと続くディベートに何度も途中挫折しそうに。 これは映像化の方が入り込めるかもしれない。 映画の方も見てみよう。

4か月前

Icon user placeholder2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Icon user placeholderBb20e4a0 8faf 443d 8485 eef2799a37419056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec10Icon user placeholder 62
マチネの終わりに

もしかすると子供の頃、彼の演奏を聴いたあの日から、もう未来が動き出していたのかもしれない。 お互いに惹かれ合い、離れている期間もなお忘れられない人。会った回数など関係ない程に深く愛した人。 プライドとはまた違う。 相手を想うからこその行動、すれ違い。 疑念や後悔を抱えながらも心の片隅に相手を忍ばせている。 最後の終わり方がとても綺麗であった。 その後の二人の行く末が、お互いにとって幸せなものになっていてほしいと切に願う。

1年前

74cfb30d 3d02 4081 9d5a f54423d25087E77263f1 0e05 47a0 8515 452f0921bd74Eb986de1 8caf 4231 b703 55c78001a0985684c579 f430 4915 b38c 2537ce0f74a53b6e593d 600d 4193 87ee a49f092dd79fIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c 305