D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be

ヨシキ

こんにちは

こんにちは

73

コメントした本

スーツケースの半分は

短編集だが、それぞれの話が心地よいストーリーで、全ての話に関係性がある。短編集が大きな1話の話を作り上げている本。 人の気持ちを一歩前に進める瞬間を見られる。一歩踏み出すきっかけは簡単なことなのに、自分のこととなると難しいですね。 そんな思いの背中を押してくれる1冊でした。

4か月前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bA497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4439bd82b f7d6 4efe a308 2cbac1891d7b485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa 27
本日は、お日柄もよく

言葉で世界を変えられる。 スピーチライターという仕事を通して、言葉と向き合い、言葉の力を認識させられた。 タイトルと表紙絵からは想像できない感動があった。あとがきですら泣けそうだった。

5か月前

9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a713481ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c83d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d308b6dce 9db9 4f63 9406 3a03805980eaC17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a6417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Icon user placeholder 269
イノセント・デイズ

よくできた構成。読み終わった後にいろいろ考えてしまう。

6か月前

C17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a68e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b4501fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a467C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab91a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de01713 123
ツバキ文具店

手紙が書きたくなる。文字が書きたくなる。書きやすいペンを買いたくなる。この本のおかげでたくさんペンを買ってしまいました。

6か月前

7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d921554619654312dc 8df8 4c02 9535 1db048ad0c639a3f76e9 8a1e 46ac 88e7 606dbbdd319fB1596a4d b2a1 4596 9123 04e6d43ff7215aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f610644973f77c9 e6ec 4d8c 8c26 6b1b2253ca13 79
すぐ実践できる! アクティブ・ラーニング 高校国語

アクティブラーニングの基礎。参考にはなる。

6か月前

木洩れ日に泳ぐ魚

タイトルも知らない深夜の映画をなんとなく見終えた気分。情景描写が多く、しつこく感じられるところもあったがさらりと読める。

6か月前

417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c650ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bda562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 152
十二人の死にたい子どもたち

今まで読んだミステリーの中で最も面白かった本。一気に読みました。

6か月前

Ff2ed13c c8cc 4189 93a0 cf8e658e761d513cf7c2 6674 4d1a a8b4 3b964f01231e830a1e83 fe00 4e9b a2f0 13f13a88def023b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593D181d416 5cba 483b 89b7 217f90e75a5022461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d3 90
君と夏が、鉄塔の上

ファンタジー 夏の終わりに良い話だったが、途中から現実離れしすぎて何でもあり?な感じ。

5か月前

8bb0bfeb 9003 4621 9bbe fa1a2193fcf81bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387037e9f67 1473 4594 ad3d 9ced2c29fa57F015f6bc 5ef7 4ed9 a040 c9ddff2c2cd6Daf0df6f 7045 43da b1d9 ffe7cbc3ef55
生きるぼくら

暖かい気持ちになれて、自然に涙の出る小説。たまには祖母に会いに行こうと思った。

5か月前

Icon user placeholder7c5bf757 2454 4590 9bb7 db9b6e600b232fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf79e0ec9c aba5 4126 a659 4314b8e5c4fbIcon user placeholder9439133a 8bb8 4e2b af22 399e5cfd116a66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d 114
闘う君の唄を

ミステリー?かな?さらっと読める本。

6か月前

F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eIcon user placeholderB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee
星の子

宗教ものはあまり受け付けなかった。

6か月前

D805b8ff e051 40ae bb2b 3f22621da16eBabf2a4e 1ede 4701 8008 e008892d800eIcon user placeholderF982257f f679 4cf4 8b62 fedfb71acc903541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac 175
海が見える家

読み終わってしまうのがもったいないと思えるような本でした。目の前にしっかりと景色が浮かぶような描写が、あたかも自分の目で見ているような気持ちにさせてくれます。何度でも読み返したい、気持ちの良い一冊。ここ最近で1番心に沁みた本。

6か月前

Bc502338 687b 4dff 975a 913970d050a053faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2
舟を編む

読み終わった後は、書店で辞書が気になります。

6か月前

647499f6 4834 460f 8999 6015628f381140837a70 eea5 4d6c 9098 043d11218aed6c691830 1283 4653 871c d81a06afb949Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Eec7ea38 f9fe 4ddb 8464 2751bc55830f2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb69b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c91714 152