C1b7ea90 e5a8 4c3c 94ef f711adf6c4d7

503

サラリーマン目 Webディレクター科の生…

サラリーマン目 Webディレクター科の生き物。 お酒を好み、中でもビールにはまっしぐら。

65

コメントした本

アルケミスト―夢を旅した少年

『夢を見続けること、目標を持つことが大切なんじゃなくて、それに素直になること、歩んでいくことが大切なんだよ』って、 わかってはいることだけど、大人になるとどんどん一歩踏み出すのがどんどん怖くなっていく。 怖がるんじゃなく、受け入れて選ぶこと。 進めよ。って胸ぐら掴まれているような気分。 こんな歳の取り方で、いいはずがない。

1年前

35fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda643221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d5639b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404Icon user placeholder 149
スティル・ライフ

冬の早朝のような澄んだ透明感に溢れる文章。 人と世界は、同一なものに見えて案外かけ離れたところにあるものなのかも。 星が世界の一部に不確かに存在してるのと同じで、 他者の認識が無ければ生きてるのかなんて、簡単に不確実なものになっていく。

約2年前

A3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84dd9fffa413 e77b 41be ba1a eac39e56f61703063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f2234984bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada267Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec3991578284 af2c 4bd7 b5c3 7c5867009509 18
オリガ・モリソヴナの反語法

天狼院書店さんのブログで見つけた本。 この本は確かに『文学』なんだろうな。 共産主義下の冬の時代を強く生き抜いた人、耳を閉ざしながらも生き抜く人… 色んな人の物語とそれを意図もせず呑み込む時代と民衆がある。 色んな人が世界にはいる。 生きてるんだよ。

約2年前

Fc022402 904f 44f1 834b 18e3e5ada2671f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc2422b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d9182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bdA5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7901c354a e7a4 4def b175 313c30679550 8
ストーナー

何者でもない、ヒーローも出ない、ただ出てくるのは我慢強く不器用にも真剣に自分に見える世界に生き続けた男だけ。 購入前に、訳者の方が亡くなっていたことを知り、全て読み終えたあとのあとがきを読んで関わるべく人が関わったのかもしれない。と思いながら読み終えた。 美しい物語かどうかはわからないが、半透明で綺麗な銀色を感じさせる物語だった。 何を期待していたのか。

約3年前

49b6d724 5241 4e30 a3f8 218f351d0b4e66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a640242fa 6286 418c b594 2a6eb21e57cf535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb503775b5 acda 4104 99dc d6fa586bdbb0Af7c569a 44ae 4283 b9db 4e5864a6747d03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349 50
闇の守り人

子供の時に読んでも多分わからない。 大人になって、親父と膝を突き合わせられるようになった今だから、あの人の呪いじみた期待と夢がようやく感じ取れるようになる。

約3年前

D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f4834c29e7 5a2c 4252 9bb6 aa636b81e28253f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d3583271d16945 b863 40a0 a8b2 5c84dd67d581C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Icon user placeholderIcon user placeholder 40
いやいやえん―童話

ただただ懐かしい。 これすごい何度も読んでもらった記憶ある。

3年前

0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d83bdba863 3856 4b6e 886d 2e8e55c14d97D3c912f3 fede 4d6b 8ff3 c1544ef3da47Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d9737569fe8e8e1 8d7c 4371 b80a 1b563b3dd7cbA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e91e918d1 337b 4e83 8c50 4f41cecc4ed7 11
ガールズ・ブルー

周りから見たら落ちこぼれ。 でもそれはそれがどうした。 と言われてるような感じ。 この本をきっかけにして、 ラ・ロシュフコーの箴言集なんか買ってみちゃったりしていた

3年前

Icon user placeholder3133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e149Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ceCbb546b1 305f 453e b62a 1400faf1e33eEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb609f0a224b 8364 436c 96fe ef84b9399a86 14
フラニーとゾーイー

『完全な無名人になる勇気を持てない自分にうんざりしてるんだ』 というのは、まぁ今もなお変わらず。 まだまだ子供なんだと読む度々に思うけれど、 そんな未熟さも人生として捉えていいんじゃない。 と思える。

3年前

1b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdadAkiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419094e9c1ac2 6ca3 447b b6ac 5b593c721fd29a5ec021 5ffd 46ff 8967 4ef7527b1566 24
新潮現代文学 67 ボッコちゃん,どこかの事件 他

間違いなくこの装丁だった。 確か実家に置いてあった、 両親の本棚を初めてこじ開けて読んだ本じゃ無いかな。 星新一のショートショートはテンポも良くさっと読める、SF導入にもオススメ。

3年前

トリツカレ男

とっても純粋な温かさと優しさがある物語で、なんと言うべくか、ジブリのアニメーションを見ているかのようなイメージがある。

3年前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6482e83cc2 a0c2 4d7c 8b03 83737ca25f2e0449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f7153f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832834c29e7 5a2c 4252 9bb6 aa636b81e2822a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8 69
奔馬―豊饒の海・第二巻

豊穣シリーズ二作目にあたる奔馬。 愛に生き、愛に殉じたのが『春の雪』ならば、 忠信に生きたのが『奔馬』かな。 彼らが若いからだろうか? 羨ましさと同時に、眩しくて直視することが難しかった。 若さ故の、足元危うい吊り橋を全速力で突っ走るようなエネルギーに満ち満ちていて、 眩しさの中にはそう言った熱量的なのもあるんだと思う。 奇しくも、著者の晩年の姿とダブる青年が主人公となっているぶん、妙な納得感を持ちつつ読むことができて、 相変わらず三島由紀夫の表現力の繊細さ、 鋭利ながらも澄んで率直な言葉の散りばめ方には気迫すら感じる。 ラストの一行は、 初めて読んだ学生時代から、今も変わらず 身体中を震わせるほどの美しさと力強さを帯びた、文学史に残る締めの一行だと思う。

1年前

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa83051b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdad8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de51b2df70 66d8 48b6 8793 2f0fb887568eE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074001f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b53a428398 5e4b 4ca2 8439 3add50ce7d30 17
時をかけるゆとり

『コーヒー返せ』 『通勤電車の中で読めない本勧めるな』 『トイレットペーパーw』 『顔面筋肉痛…』 『笑い堪えるのに必死で唇から血が出てきた』 ……以上がオススメした友人たちからの感想になります。 因みに僕は仕事帰りの深夜のファーストフード店で爆笑しました。

約3年前

D05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e49065542b3299e3 3f9d 4812 a9c9 d0a1a71dc7ecFcd3efbb 1349 4bc1 9088 b0124fef91ae07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3115d7f427e 0ade 4a12 b4d1 68e9fc8084e69ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a0 79
本日は、お日柄もよく

大切にしよう。どこかでこの言葉を引用してやろう。って思える言葉が散りばめられてる本。 『困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。』 この行を思い出して、勇気を奮い立たせることができると思う。

約2年前

Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d 234
空白を満たしなさい(上)

正直、読むのが辛かった。 何度徹夫と同じ内省をしたのかもわからないし、佐伯の吐いたような言葉を何度自身に打ちつけ、刻みつけて終わることを願ったことか、それでも生きてきたのはやはり、世間一般に言われるような幸せを味わいたいから。 目を通して認識する言葉一つ一つが重く、本の中の心情を経験した自分自身を見るようなのが辛くて、ページを捲るのを辞めさせてくれなくて、半ば祈るようにして読み続けた本。 今出会えて本当に、良かった本。

約3年前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31177404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba47461d1d1eca 26ac 40c0 afc6 0b453059d1fe89a39171 8432 4fd5 8a97 7bf1cfdd9b50A9dd7ea1 c3af 4fef 936c 930350c4b51a 29
デザインのめざめ

原研哉さんのもつ、 「デザインの引き出し」をテーマ毎に棚ごと引っこ抜いてきたような短編集。 その引き出しの多さと、連想力に脱帽。 柔軟でいて、枝垂れ柳みたいなしなやかで美しい描写も楽しみながら読める。 僕らの身の回りにも、 しまっていない引き出しに入れられるモノはたくさんある。 ってことを気づかせてくれる。

約3年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c915807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074000323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f76878776f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee4472bf85 fa11 418d a9cd ba52606422e525b20473 0d21 46c7 97a7 633dfb8e8e33 9
ぼくは明日、昨日のきみとデートする

普通の恋愛物語だろうなーと思って買って、普通の恋愛物語だなーと思って読み進めて、 タイトルの意味が腹落ちしてからは、ペースアップして2回読んでしまった。 『バタフライ・エフェクト』と同じような切なさだけど、あれよりも優しく本を閉じられるかな。

3年前

Icon user placeholderIcon user placeholder0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4Becad6a0 eee6 4e32 aac9 e4866409e9b2677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6F2e05104 3d2f 4fa5 8e34 059f1d2e71d4Icon user placeholder 330
月の影 影の海〈下〉―十二国記

ファンタジーながら、そこまで突飛なことがないので、リアリティを感じながら読み進められる。 読み応えもある。 思えばこの辺りからSF、ファンタジー好きに拍車がかかり始めて、中学時代はずっとそんなのばかり読んでた。

3年前

D462f391 9bc1 457a a1f7 11d782c303a939daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eIcon user placeholderC183958e 6d67 4025 a791 a3b8b64881356f3c5376 6e14 4795 99f4 bab40a6daeffDc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f37789F9ebed76 f09e 4189 8a83 fb3cf0efd866 9
ぐりとぐら

良く読んで、カステラだっけ? を作らせてくれとねだりまくってお袋に作らせてもらった記憶。

3年前

50a64c46 0ddd 4b2a ab93 31d5ca06eda3D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdfC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499160753eb4 3531 4b34 bf65 671ec136984dE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419092e3f6977 6df5 490a a59c a17a484dbe7b 19
春の雪―豊饒の海・第一巻

豊饒の海シリーズ第一弾。 すべての色、音という音を映えさせてくれるかのような、雪景色の綺麗な描写がたまらない。 終盤の山寺のシーンの 盛り上がりでは、各々の人物の思いの交錯や、意思の強さなど、迫力が違った。

3年前

F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa83059bed3a23 9c6a 4f3b afc5 e37ce49c9da41b5acfa3 79d7 4125 af4b bda96d01cdad8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f51b2df70 66d8 48b6 8793 2f0fb887568e7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34 48
Coyote No.55 ◆ 旅する二人 キャパとゲルダ 追走 沢木耕太郎

希望を孕んだ旅なのか、止むを得ない旅なのか。 この前読んだ本と繋げたら、 トーキョーへは両方持って出てきたなって思う。 しかしキャパもゲルダも憧れる生き方してる。 こんな風に相棒みたいな関係。

3年前