Ffc0ce2f 0f86 48f1 a782 dbaa4477b16f

はるか

面白い本に飢えている

面白い本に飢えている。 SFかミステリが多い、というか愛している。 評論より物語。恋愛よりアドベンチャー。リアルよりも幻想。本は私を連れ出すどこでもドア。 なので、三十路女子が結婚もできず仕事に悩み…なんてのはノーサンキュー!

35

コメントした本

ダイバージェント (2) 叛乱者 (下)

主人公が、なかなか感情に振り回されすぎていて、結局どうしたいんだよ!!と何度も思ってしまう。等身大の女の子…だと普通のことかもしれないのだが。とりあえず、3まで読んでみる。

約3年前

ウール 下<ウール>

展開や世界観はありがちだなぁという印象はあるものの、それでも設定が面白い。サバイバル能力の高い主人公は見ていて安心できるし、何より困難を乗り越えていく姿にワクワクする。

約3年前

海外SFハンドブック

まだ知らない作品を求めて。と、いいつつ一作も読んだことない作家は少なかった。メジャーどころのみが網羅されている感じかも。面白そうな本をリストアップ。しばらく読むものには困らなそうで嬉しい。

約3年前

神の時空 ―鎌倉の地龍―

QEDファンには、それ何度も読んだ!みたいなことが多い感じ。でも歴史系娯楽小説として面白いのでついつい読んでしまう。

約3年前

さよなら妖精

東欧のことをまるで知らなかった自分と、主人公がダブる。住んでいる世界が違う、という言葉があるけれど、この作品はまさにその違いを新鮮に拾っていく。住んでいる世界を閉じるのも広げるのも自分。私は閉じたいか、広げたいかと思ったら、この本を読んで、広げたいと思った。また英会話でも頑張ろうかな…

約3年前

Fdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a963f62d35f 26d8 45da a47d 17332261a9b7Icon user placeholderIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823 42
伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

クローズドサークルものは、あり得ない状況を無理矢理作ってるものだけど、その分境界が明確になるから本当に面白いと思う。クローズドサークルに飢えてたんだな…。相変わらずのフェア。但し結末にはおや?と思ったものの案の定の展開で腑に落ちる。次回作どうなるんだろう、といつの間にやらファンだ。

3年前

双孔堂の殺人 ~Double Torus~

シリーズ二作目。ただ今回は数学の話が難しすぎて半分は斜め読みになってしまった。一作目よりトリックや動機がチープに思えてしまった。数学の話の部分がわかると納得感が違うのかね。

3年前

眼球堂の殺人 ~The Book~

非常にフェアな本格で、久々に読み応えのある素晴らしい作品…なのだが、フェア過ぎてトリックや犯人が推理できてしまって個人的にはもっと驚きたかった…!とわがままを言う。 綾辻行人の館シリーズと、森博嗣のS&Mシリーズが好きなら好きだと思う。

3年前

鋼鉄都市

ようやくアシモフを読む。 SF的魅力も勿論だが、かなり隙のない推理小説として楽しめた。

3年前

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dIcon user placeholderIcon user placeholder5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab8b2491b7 4a67 455f 8180 4def531a3461
和菓子のアン

和菓子って意味や思いが込められてあんな姿になってるのねぇ…とタメにもなる。お腹も減る。登場人物が素敵な人ばかりなので読んでいて疲れない。

3年前

8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b49bc0404 ec94 4db3 b249 5472aad354632c1f2df9 92e8 48c0 822a a954a8cbbd6816f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeEec2ad2c 1baa 4f6c b9a2 b7db40a610f6 78
ダイバージェント (2) 叛乱者 (上)

随分前に1を読んでいたので、登場人物の関係性が完全に抜けている。文中に説明も無いのですごく不親切…。

約3年前

ウール 上<ウール>

面白かった。 サイロという閉じた世界の生活に、理由が不明なルールの数々。謎は謎のままだが引き込まれる上巻。

約3年前

82f13631 b98f 4a01 8e1f b36167b321caF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f1097575b61 cddf 4fd9 85a7 7984ea2aa3f2
神の時空 ―倭の水霊―

面白かった!姫が海に身を投げるだけで、なぜ嵐は去ったのか、という理由がすごく納得。

約3年前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad439a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d
教会堂の殺人 ~Game Theory~

展開に呆然。読んだ後ちょっと気持ちが追いつかず。今作はミステリというよりは、サスペンスか…。ロジカルな謎解きではなかった感じ。登場人物の背景が明かされていくのは面白い。

約3年前

レアリアII: 仮面の皇子

正直、場面転換や主観の入れ替わりが分かりにくく、今何について話してるの?がわからなくてストレスがたまる。…のだが、登場人物がみな魅力的すぎてついつい続編も手を出してしまった。昔懐かしいコバルト文庫を読んでるような気分。

3年前

1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc869f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f
五覚堂の殺人 ~Burning Ship~

なんだかんだでシリーズにはまっている。一気読みだった。今回のテーマのフラクタルもさっぱりだったけど、神ちゃんが出ると私は楽しい…。登場人物の背景も徐々に明らかになってきて面白かった。

3年前

盤上の夜

ボードゲームが好きな自分としてはなんとも面白い題材だった。そしてやっぱり宮内氏は短編がうまい。 そしてすごく哲学だ。

3年前

エクソダス症候群

宮内氏の新作!ヨハネスブルグの天使たちではまってからずっと次を待っていた!しかも初長編とのこと。消化不良な設定が多いな、もっと長くてもいいな、と、やっぱり短編の方が切れ味鋭いかも。と思ったけど面白かった。

3年前

F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac516532af 12e8 45f2 9f3d 0daae676f5284ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8C6d6ae4b 4aad 4529 8a75 632177da3b49
リラ荘殺人事件

わざと古い文体で書いている作品かと思ったら本当に古かった。鮎川氏を知らない無知で恥ずかしい。 昔懐かしい本格派。強引な推理もまた懐かしい気持ちになる。

3年前

失われた地平線

ヨーロッパの人がアジアに感じるエキゾチックな夢が詰まっている感じ。しかし正直アジア人であるはずの私も、シャングリラに激しく心がときめく。チベットを旅してみたくなる。見つからないかな…きっと帰ってこないだろうな。

3年前