007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264

empty

プロフィール

プロフィール

37

コメントした本

原発サイバートラップ: リアンクール・ランデブー

詰め込み感が。もうちょっとスッキリ焦点を絞って欲しかったかなぁ。

1日前

残り全部バケーション

火星の後にこれ読んだのは正解だった思う。 読んだ後最高!と思ってしまうくらいに気持ちのよい読後感でした。 と言いつつ、 もう少し先までという気持ちと、あそこで終えるからこその楽しみがあるんだ!という気持ちが葛藤している部分もあります。

約2か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dIcon user placeholderB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa16540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55076813b7 f3fe 4605 b771 d8f38b5e2567 71
アイネクライネナハトムジーク

オムニバス形式の小説はあまり好きではないのですが、この話は登場人物同士の関係性の強さが私にとってちょうど良く、気持ちよく読めました。 読後、爽快感を感じる事ができる小説です。

約2か月前

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a55add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b413794Icon user placeholder7aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e04419a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff1c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b7439bcb89 305d 4229 8bd4 7c8a9644bbc1 133
消滅世界

ユートピアの話か、ディストピアの話か、人によって意見が分かれそうだと思いながら読んだ。 でもそんなのはどうだっていいのだろう。 この実際に存在しているかもしれないパラレルワールドの中で、どう生きていくのか。 彼女は、こうだった。 あなただったら? この世界の上で普通とされる愛の形を持つあなたは、別の世界でも同じ感覚を持ち続ける事ができる? 今のあなたは、適応した結果のあなたに過ぎないんじゃないの? そんな問い掛けをされたように感じた。 そしてさらに問い掛けは続くのだ。 自信ないでしょ? それなら 少数派の愛の形をバカになんてできないでしょ? 心に一撃必殺の右ストレートやアッパーじゃなく、ガードの隙間を通り抜けるリバーブローやジャブの乱れ打ちを喰らい続けたような読後感でした。

2か月前

791f6a10 659c 4d6b 88f5 add02bc00a76135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd498797156758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cCeff829a 483b 4971 a212 ec549af49d6e39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eF6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683Icon user placeholder 38
感染領域

関係無いんだけど、読んでる最中、STAP細胞とかモンサントとかって単語が浮かんできた。 関係無いんだけど。

2か月前

1b6c4080 a829 4171 938b 0ef1cf374c52Ad7604a1 3d64 4e68 965f 3eb906966f0b733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac3c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb26603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d124a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a30e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c 19
生存者ゼロ

映画観てるみたいに一気に読めました。

3か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F83a8d23 9fb2 44d6 a24a 5e1ea5dc5b150fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251Dc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0ea
また、同じ夢を見ていた

最初の方は失敗したかなぁと思うような ページをめくる速度が上がらない感じでしたが 途中から一気に読めました。 今を大事にしようと思えた小説です。

3か月前

Ef3b8e78 fa0d 4ec8 be2d 71ff59390c61821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c431d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810b1c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b70654fee2 aa8f 46dd 9e1d 7062fb5fa3226c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 76
ゴールデンスランバー

サスペンス?映画を観てるような感覚。 それともこれは警告なのか。 自動化されていく社会の中でいずれありえないとも言い切れないのではという小さな棘が頭の片隅に残る。

3か月前

1c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b7Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8Icon user placeholder5920b1ba b31a 4eb7 88dc f3328626c0846b59208a 65bd 4df9 9c71 e760fae7dad773acae21 c065 4aa5 88ed 7a424412709f66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a 124
永遠の0

数日掛かりで読了。 数日かかった理由は読んでると 涙抑えられず困るから。

3か月前

F2d341c8 ceaf 4d12 a916 0c561a19ef78Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32aB4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe56d331a3 af9b 48be a073 7dc1f59dba0aB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947C424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a096676c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c8 229
ギフテッド

分厚い本だけどそれを全く感じさせないサクサク読めるエンタメ本でした。 人類はやはりそこを目指すのだろうか? て感じる終わり方でしたね。

約1か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df749b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31315eb74e 41dd 4a71 8752 2053864d7c4bB44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
ジャッジメント

いつだったか、ニュースサイトに「映画を観ていて涙を流しやすい人がいるが、加齢により脳が衰える事がその要因の一つである」という記事が載っているのを読んだ事を思い出した。詳細は覚えてないけど、要は自制する機能が低下するとか何とか。 序盤から登場人物の激しい感情に呑まれた。 章が変わると、また別の種類の強烈な感情に呑み込まれた。 終盤、自分が主人公を間違えていた事に気付いた。 これがデビュー作と帯に書いてある事が、信じられないというか、だからこそなのか、ただ驚いた。 人が人を裁くなんて事はやっぱり無理な事で、どうしても裁きたいのなら感情を捨てた機械になるか、機械に任せるかすれば良いのだろう。 でもそんな世界を人は望まないだろう。何故か?矛盾してないか?機械を信じてないからというのはあるだろう。バグというミスもある。 しかし根本的には、人自身が表面的に表れない罪の背景を想い、赦しの可能性を捨て切る事が出来ないからなのではないか。 そんな世界を誇らしく感じ、そんな世界の中に自分が存在してる事に気付いて、じゃあ自分が作中の人物のような状況に遭遇したらどうするのか、というと、 それはやっぱりその時にならないとわからない訳で。 ただ、そんな赦しの可能性が自分の中に存在するのだろうという認識は否定せずにいようと思いました。

約2か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cB6bad907 685d 40ef 902d 9e118afb99a176341f4e cc59 4ac7 a842 947eaf42fa727f851b91 0494 4cce 91ce 3b83cfcbb91f8eeda0c1 30a6 4fe4 9b5a dbd9bebaf98a147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e15d7e9cc 9bf2 4b49 aa40 75066784a5c5 18
オイアウエ漂流記

サバイバル状態でのハラハラ感を求めて購入しました。 が、各々の得意分野がうまく活かされて危機を乗り越えてゆく、割とのんきな?漂流記でした。 もちろん舞台は無人島なのでそれなりの事態は発生するのですが。 読み終わった後に後日談が気になってもやもやしてました。 オーイーアーウーエーはどうなったのだろう?

約2か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658c14200c63 b074 4989 9ed1 82d1df6341db
火星に住むつもりかい?

読み始めから暫く、もしかしたら終盤まで登場人物への不快感、嫌悪感が続きます。 それは著者の狙い通りなのかもしれません。 今後の社会の科学との関係性が人と地球にとって豊かなものである事を期待します。

2か月前

2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Af7a64cc ea13 4b02 a64d 5fbfcb91e621220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef471f915f5 5fac 41c5 af63 e822bb3feb92F95747af 6f84 4551 9f69 70fc994d100329c5506e 1902 4910 a0bc 7590a36ae996Icon user placeholder 123
木洩れ日に泳ぐ魚

みんな目を背けるけど、それが真実で、現実で、 心のどこかで分かっていても、 やめることもできず、期待し、探してしまう、 タバコや砂糖のようなもの。 人は果たしてこの病気への最適解を見つける事が出来るのだろうか? 読後、そんなことを少し考えた。

2か月前

36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1414ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aIcon user placeholderIcon user placeholder 125
アメリカ最後の実験

ちょっと、分からなかったなあ…。

3か月前

砂漠

軽く、重く、でも力に変えて。 前を向く。 そーだよな。結局それしかないよな。って思える小説でした。

3か月前

E41b9398 eaca 4dd6 9b3c ccc07991c8f81c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b7D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265cIcon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184D24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f3Icon user placeholder 194
オー!ファーザー

軽快な読み心地。 読んでて映像が浮かんでくる感じ。

3か月前

F2edb300 48f3 4b7f 98a2 600a68202195E2ed7d01 59f6 49b9 8d9f 4ded608a2cb6Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd872a58e95 a6d2 4761 910f 34d7a7a9596d454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb905c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdE829ad87 c222 48c5 aa75 39fb69803def 62