D0f8aeaf a9c2 42a6 9a5d c2e7cd8edd4c

Rinko

磨けば光る。

磨けば光る。

6

コメントした本

アノニム

ポロックという画家と、香港の少年がどう絡み合うのか。 面白い美術品強盗グループ。

約1年前

Icon user placeholder095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholderDe6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099bIcon user placeholder9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff 28
本日は、お日柄もよく

読みながら人生を振り返り、これからの人生に想いを馳せた。 言葉で世界は変えられる。人の心は動かせる。 スピーチライターという仕事を通して、普通のOLだった主人公が人を言葉で勇気づけ、自分自身の人生にも勇気を持てるようになっていく。 何にもない人生なんてあり得ない。 いや、可もなく不可もなく“普通”であることにコンプレックスがあるかもしれない。 それでも悩み、ときに留まり、うじうじしながらもやっぱり人は前を向いて歩いていくんだろうなぁ、 そしてそんなときにどんな言葉を紡ぐのか。 語らなければ伝わらないことがある。 言葉のもつ力を貸りて、自分の人生に重ねて、何度も「うんうんわたしもがんばるぞ」と涙を拭きながら読んだ。

約1年前

Ac789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbca387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4cc376d857b 263a 4712 987d e1db28f8adba242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53 280
たゆたえども沈まず

ゴッホと弟は兄弟以上にお互いに無くてはならない存在だった。 世間からは認められず、自分自身と戦いながら精神を潰して作品と向き合う兄と、またそんな兄の才能の誰よりも理解者でありながらまともでない兄に振り回され苦悩する弟。 弟は誰よりもゴッホのことが好きだったんだろうな。 好きとか優しい感情だけでは収まらない強い決意みたいなものがどんどん増していくのがわかった。 切なくも天才とは孤独。

約1年前

Icon user placeholder3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderEe7b4716 31eb 400f aa9e c925bf205744095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fD3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e6238 136