47dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71b

Ichi

関西の学生です

関西の学生です

19

コメントした本

コンビニ人間

周りと違うことを自覚していながら反抗も反論もせず、周りの言動を真似ることでコンビニ店員として社会の歯車に徹する姿勢に狂気を感じ、堪らなく面白かった。主人公の無機質な性質には残虐性に似たものを感じた。特に「泣いた子供を静かにさせるだけなら簡単なのに」という表現には鳥肌がたった。

6か月前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd3b68ed61 0d6d 4318 af02 25f76ee011bf09ebb6dc 0e92 47fa b2c9 e67d1a65ff64D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5Icon user placeholder 267
かがみの孤城

今更ながら、最近見つけて読み終えたのでレビューする。 いじめや家庭環境のせいで中学校での生活から浮いてしまった7人の物語である。主に安西こころの視点で描かれている。始めは両親にもいじめについて話すことが出来ず憂鬱な日々が続くが、鏡の中の6人の友達や喜多嶋先生との出会いを通じて成長する過程に勇気付けられる。 また、描写が繊細でとても引きこまれた。特に真田美織のグループがこころの家の庭に侵入してきたときの表現には鳥肌が立つ程だった。他にも6人の友達の、家族や友達との人間関係の表現には共感出来るところがたくさんあり、面白かった。 それに加えて、とても細かく設定が考えられていて、伏線の回収も見事だった。冒頭から何度か出てくる「転校生」の件は、読み始めと読み終わりでは思い浮かべる人物が異なり、とても面白かった。時間のズレと喜多嶋先生の設定も個人的にとても好きだ。会話の中にずっと感じていた違和感が、物語が進むにつれて氷解していく爽快感は格別である。 ただ、エピローグにおいてこころ、リオン、アキ、実生の4人しか登場しないのが気になった。個人的にはマサムネ、ウレシノ、フウカ、スバルにも登場して欲しかった。

6か月前

038559fe 66c1 4e3b aab0 2115a5183d8fB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b147a9b565 0d7b 4aa8 9e9a 3545b17ade0c200b526f 0c51 4923 9a31 572a92a0466243817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa88ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9 545