47dc46b0 c76f 4dd4 8885 3159037df71b

Ichi

関西の学生です

関西の学生です

19

コメントした本

コンビニ人間

周りと違うことを自覚していながら反抗も反論もせず、周りの言動を真似ることでコンビニ店員として社会の歯車に徹する姿勢に狂気を感じ、堪らなく面白かった。主人公の無機質な性質には残虐性に似たものを感じた。特に「泣いた子供を静かにさせるだけなら簡単なのに」という表現には鳥肌がたった。

3か月前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd2741e83f 6064 46e2 8c3c 335a050242e8628c2ab5 603b 4834 b049 afcd7a532dc4376d857b 263a 4712 987d e1db28f8adba46aa3e4b 52cb 4f5b b553 3df02fb08e478f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd 251
かがみの孤城

今更ながら、最近見つけて読み終えたのでレビューする。 いじめや家庭環境のせいで中学校での生活から浮いてしまった7人の物語である。主に安西こころの視点で描かれている。始めは両親にもいじめについて話すことが出来ず憂鬱な日々が続くが、鏡の中の6人の友達や喜多嶋先生との出会いを通じて成長する過程に勇気付けられる。 また、描写が繊細でとても引きこまれた。特に真田美織のグループがこころの家の庭に侵入してきたときの表現には鳥肌が立つ程だった。他にも6人の友達の、家族や友達との人間関係の表現には共感出来るところがたくさんあり、面白かった。 それに加えて、とても細かく設定が考えられていて、伏線の回収も見事だった。冒頭から何度か出てくる「転校生」の件は、読み始めと読み終わりでは思い浮かべる人物が異なり、とても面白かった。時間のズレと喜多嶋先生の設定も個人的にとても好きだ。会話の中にずっと感じていた違和感が、物語が進むにつれて氷解していく爽快感は格別である。 ただ、エピローグにおいてこころ、リオン、アキ、実生の4人しか登場しないのが気になった。個人的にはマサムネ、ウレシノ、フウカ、スバルにも登場して欲しかった。

3か月前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD8b1ff54 8311 4c85 9d91 145cfddde1722095aa93 1315 4468 8e40 930528cd177f 516