827fe391 535d 402c 8104 ed5efca98f6d

Kaho Murai

読了した想いと共に本を記録していきます。

読了した想いと共に本を記録していきます。

26

コメントした本

ミーナの行進

小さい頃の原体験。美しくも少し影のある世界。少女からの成長。読了後の清涼感がある童話のような作品でした。

1年前

Icon user placeholder15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faIcon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f 16
ハーモニー

自分らしく生きることに対して誇りと疑問を持つ一冊。

約3年前

0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162eDe6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd299c044c 07f6 493b b724 0ba75ff4f8ee0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb84e5f8d8 e864 49ce bb4e 1d52b3f86ea8Icon user placeholder2d143670 80a1 4865 95d9 4623a47dbbf5 77
妻を帽子とまちがえた男

脳と人。普段自覚しないものの脳が人を管理しているのだと再認識。

3年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholderIcon user placeholderDe6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099bAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Dc6568e6 ceb1 480c ad54 aa54b9e6aa33
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

絶望と再生のものがたり。 何度か春樹作品を読んだものの、彼の文体の流れるような美しさに気がつけた。

約4年前

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fb0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8fC4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512a74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d200c8cfe41 eb94 4c48 bfbb 58c31613e4bb 158
シャイニング〈下〉

物語の中心となるオーバールックの怪奇が描かれた下巻。映画よりも怪奇の原因がはっきりしていて、怪奇であるのに人間味がある。

約4年前

F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Icon user placeholder78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c34b89f9a c5d6 4a25 af41 a5a81560d103B7790ca3 fdfc 41ab 96ff 2b4e508c9cca
メイプル・ストリートの家 (文春文庫)

とにかく痛快な表題作。日本人の自分にはすっと入りづらい言葉遊びの数々がはがゆい。

4年前

神去なあなあ夜話

前作の続編というよりはスピンオフ的な作品。よりゆったりとしたテンポで日常を感じる。

約3年前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b409f696e 0db8 40b8 8ec9 aa84d6c4939b5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Cecefe31 09f2 453f 8ac4 b619596ccc21D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de 15
虐殺器官

ゲーム感覚のストーリー。現代だからこそのリアリティのあるSF小説。

約3年前

B2512e9e ca6c 4588 930e c530d25c2bae55673e9b a2ea 49bc bda2 3faaac2cac22A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Icon user placeholderFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Icon user placeholder 145
神の子どもたちはみな踊る

夢と現実と。そこを行き来した感覚に陥る短編集。

約4年前

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150aA10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af34d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871320970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6F6a93b95 429b 4c6a 82ed d9457f42d290 42
舟を編む

言葉ではなかなか伝わらない。通じ合えないことに焦れて、だけど結局は、心を映した不器用な言葉を、勇気を持って差し出すほかない。相手が受け止めてくれるよう願って。(文庫版 233ページより)

約4年前

5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b5718c3dd 08ae 43f6 b5d5 e0a22349b4759fde2a6a 8a53 4f9c 8fde e784479228c5Ab1e0729 836b 4626 af85 e2d4598325058ae1a7df e76f 4022 accc 8e6f601171efF69103d3 afb8 46b7 9296 be330de91c0d33fa3ffa a8ad 4bde 91b0 a58742fb956b 342
シャイニング〈上〉

キューブリックの映画が好きでようやく読了。映画にはないジャックの背景が描かれる上巻。

約4年前

F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053Icon user placeholderB13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cB339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694 11
まっ白な嘘 (創元推理文庫)

非現実的なのに、どこか現実的なミステリー

4年前

Icon user placeholderIcon user placeholder75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748acIcon user placeholder