25c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc

Ask

人生でやっと本読み始めました

人生でやっと本読み始めました。面白い本教えてください

22

コメントした本

トラペジウム

アイドルという職業。その中での苦悩と葛藤と喜びと幸福。この一冊に彼女がアイドルとして走り抜けてきた成長の過程が詰まり詰まっているような印象でした。 作家らしくもあり、トゲのある女性らしさもあり、ユーモアと純粋さの溢れる少女感もある独特の比喩表現と情景描写に、ふっと笑ってしまいそうになります。彼女しかできない表現がクセになりそうです笑

6か月前

Icon user placeholderDd8824bb e1f0 49b0 a966 74042e94dd8473e6cea9 3690 407d 9f1c 174ba3a7ccfd470f7fbc b781 4f2a 93d0 6d7460269be339a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f1E96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaedFcbee6cb 1572 4737 a50e fca3fdbf76a5 58
蜜蜂と遠雷

ここ最近で一番好きな作品。 ストーリーの展開や登場人物の心理描写も圧巻だが、「音楽」という壮大なテーマに対してここまで核心を突いた作品は今までなかったのではないかと思うほどでした。 ピアノやクラシックが好きな方はもちろん。音楽に興味がないという人も音楽に引き込まれるような素晴らしい一冊でした。

8か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749A84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b34096dec539d 71d4 41f5 ac1b aa6f2b69326e801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e7f719b47 b7be 4d2d aac2 b8a8ed90a83bA8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f 580
崩れる脳を抱きしめて

知念先生らしい衝撃と暖かさのある一冊でした。 生と死は紙一重であり、どちらも儚くて美しいものだなと感じました。 生きてるからこそ喜怒哀楽を感じれるし、 死があるからこそ喜怒哀楽を感じれる。 生きてるうちは気づかないものも、 死が近づくと気づかされるものがあるし、 優しくできなかったのに優しくできたり。 時に死とは怖くて残酷なものかもしれないが、そこに優しく寄り添って抱きしめてくれるような一冊でした。

9か月前

Eac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657Ad7e0cee 5d8b 4449 a183 c009cbf7c94c0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd195ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b12896f4e0 d8e2 41fa 9a38 3678764f954d733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 44
罪人が祈るとき

本を閉じてしばらく泣きました。 なんの涙なのか、感動なのか、悔しさなのか、憤りなのか。どうしようもない涙が溢れました。 誰かにとって善くすることは、半強制的に誰かにとって悪にならなければいけないことと同じなのかもしれない。なにが「善」でなにが「悪」なのか。 誰かを想いその人の為を想う気持ちは、本当にその人にとって良いことなのか、それとも悪いことになってしまうのか。誰もその答えは分からなくて、それでも自分で選択しながら生きてる。全てにとって「善」を選択することはきっと難しいだろう。 だからこそ、人を想う気持ちは美しいと思う。 ただこの本は美しさばかりを書いている訳では無く、「いじめ」や「復讐」の恐ろしさと残酷さが伝わってきます。恨みや憎しみ、そこから連なる不幸。読んでいて、読者でありながら自分の無力さに悔しさが湧いてくるほどでした。 もし自分が、大切な誰かを奪われたら? もし自分が、同じ立場だったら? どんな気持ちになるか私はわかりません。 でも、私の中の「善」を大切に未来を選択したい。

9か月前

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c668c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9ea0824f0e4 292d 4455 b3c9 2138f43572c159ce0229 453d 43b7 a500 ae584a53092626bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986 20
コンビニ人間

みんな人それぞれの普通、あたりまえ、日常があって、その全てでこの世界はできてるんだもんね。

9か月前

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da354a86c14 d3dc 42fb 84eb 025708e79d6e58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4ccB4dcce62 aaa8 40f3 ba55 28d546d6424e2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 643
かがみの孤城

登場人物の心理描写がとても繊細で、こっちまで心が締め付けられるような感覚でした。 ここまで鳥肌が立った本は初めてです。いろんな本を読んでみたいときっかけになった本でもあります。感謝です。

9か月前

3c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eA9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD8b1ff54 8311 4c85 9d91 145cfddde172 517
フーガはユーガ

やっぱり伊坂幸太郎は天才でした。 タイトルでも帯でもどんなストーリーなのか分からずワクワクしながら読み進めていきました。超常現象的なファンタジックな設定かと思いきや、、、さすがの伊坂節でした!! 現実離れした話のようであり、その中に生まれ育った環境の理不尽さや、社会の不条理への反感が含まれているような。 登場人物たちのやりとりでフッと笑えるような一節も多くあるが、にわかに笑えないようなダークな部分もあり、でも最後にはこれは伝えたいという温かいものが残るような。 この笑いのセンスと、トリッキーな展開、メッセージ性のある物ははやっぱり彼にしか書けないだろうなーて勝手に感じました笑

8か月前

A84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b34098f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdCc9b5c08 5451 460c 858c 3dbc7afedce3Icon user placeholderIcon user placeholder3cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79C415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715 182
おらおらでひとりいぐも

なんだか自分の母と重ねてしまいました。 終始方言で書かれているため読みにくさはあるが、方言だからこそ飾らない作者の感情が直に伝わってきました。 自分の人生どうなのかな?と、また親との関係はどうかな?と、ふと自分に問いかけたくなりました。 若い人が読んでも良し。 親世代が読んでも良し。 御年配が読んでも良し。

9か月前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD53ec432 8281 4e7f b88e 48f11d1e6e02Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d66743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d119cf921 965c 473f 98f3 ac148799c4e2 23
星の子

宗教は悪くない。ただ、それを全て正しいとして押し付け強制することが、宗教への偏見を生んでいるのだと思う。 何を信じ何に従うかは個人の自由であるのに、生まれた時から教育された子供たちが一番可哀想だと思ってしまう。 自分ではこの道に進みたくないのに、小さい頃からこの道以外に進めば地獄行きだと教育された子。 生まれた時からこれが当たり前だと信じて何の疑いもなくその道に進んでいく子。 どちらにしても可哀想に思えてしまう。 実際に信仰二世として生まれてきた子供たちで、人生に悩んでいたり、疑問を持っている子はたくさんいると思う。 それでも、この宗教は間違っている!と言って抜け出せないのは、世の中に不条理なこと理不尽なことが多すぎるからなのかも知れない。

9か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6564a292a38 6296 464a 985e 6d7fe3991eebDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba6592a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfeA04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b8480d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a 186
ホワイトラビット

著者の言う通り、「楽しさ」と「面白さ」の究極でした! 読む前は重いミステリーを想像していましたが、途中でフッと笑いが出てしまう程、呆れるくらい面白い!一冊でした。

9か月前

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce4E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b6A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c23cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c7983ed6485 8f58 45b3 b8f4 ce1dd50e5a7127975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 86
羊と鋼の森

表現するための音楽を、言葉で表現する矛盾を全く感じなかった。音がないのにここまで音楽をイメージして心が安らぐとは思わなかったです。

9か月前

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e93c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c58c86ea8 c7f5 49d7 93bc 609b5abdc4ccE7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351B4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8 315