507febdf cc04 4a81 879c 833275baed62

朱林きつね

朱林きつねといいます

朱林きつねといいます。 文豪から現代小説からラノベから漫画まで幅広く読みます。好きな作者(敬称略)は太宰治、江戸川乱歩、東野圭吾、朝霧カフカ、成田良悟、J.K.ローリング…etc.

13

コメントした本

海辺のカフカ (上)

村上春樹さんの作品を初めて読みました。 村上ワールドと呼ばれる独特の世界観に慣れるのが難しいところがありましたが、すごく面白かったです。2人がどうなっていくのか、この後何が起こるのか。それが全く読めないところがこの世界観の良いところの一つなのかなと思いました。

約2か月前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aD9736957 aa8b 481c 9e90 cd5f3f71bcf2A248c613 2827 4f65 ac63 3e4543d5a74f1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9d755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Bf5b2484 60ac 4800 ab15 a23f980c4010A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3 157
探偵倶楽部

色んな目線から書いているところが飽きが来ない! どの話も人間ドラマがよく描かれていて、どんでん返しが来るよく仕組まれたトリックも文句無しでした。文も読みやすく、すごく面白かったです。

約2か月前

3c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249910870dad6 67f8 4f30 813d 563bc051dd0a
眼球綺譚

昨日初めて買って読みました。綾辻先生の本は以前から気になっていて、今回やっと手を出せたのですが、引き込まれる引き込まれる…。とにかく半端なく世界観の虜になる…。 怪奇小説で今まで読んだのは江戸川乱歩の人間椅子や芋虫、孤島の鬼などですが、また違った不気味さと凄さがありました。不気味と綺麗をごっちゃ混ぜにした感じ? 読み終わって出てくるのは、綾辻先生の頭の中どうなってんだろうって思いでした。もちろん褒め言葉です。また別の作品も読んでみようと思いました。

約2か月前

Icon user placeholder4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a71549c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc87b7ae778 cd63 49c8 8963 dfefbabd43b1 8
きれいな黒髪の高階さんと付き合うことになった

ほのぼのとしたラブストーリーでした。 最近活字から少し離れていたため、リハビリも兼ねて読みやすいものをと思い手に取りましたが、話のテンポも良く、また主人公とヒロインの会話には思わずふっと笑えるような楽しさがあります。 ほのぼのとした と文頭に書いたとおり、話自体にそこまで大きな山はありません。が、読んでいてしんどくならない、疲れないというのは大きな利点だと感じました。 全体的に読みやすく、また綺麗で可愛いイラストも必見です。2巻が出るのであれば、また読んでみたいなと思いました。

4か月前

最後の記憶 (角川文庫)

さすがとしか言いようがない。バッタの音の謎、母の恐怖の記憶の謎、そして主人公の苦悩…最後で「ああぁ〜!!そういうことね⁈⁈」とすっきり。 ホラーというよりかは幻想的な推理小説というような感じがします。面白かったです、良い読み物でした。

約2か月前

Fcebc7d0 32a5 4052 8ca9 76df4fb75faaEb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d32da3e43c cf80 4832 b810 5c445f002a55Dbe73847 dd1c 4ee9 ba57 eef4d7331228
きのうの影踏み

ホラーだと知らずに買って読みました(笑) 辻村先生の作品に興味があって、何か一冊ないだろうかと探していたら、唯一一冊だけ題名を知ってるものがあり、それがこれだったわけですが。 感想としては、「怖い」この一言に尽きます。もともとホラー耐性はあまり無いのですが、どの話もぞくりとさせる。きっとその感覚が好きな人にとっては最高の一冊であると思います。 個人的に特に怖かったのは、作家の話とナマハゲの話ですかね。展開がある程度予想できたとしても、読者に怖いと感じさせることが出来る素晴らしい文章力も圧巻でした。他の作品も是非読みたいです。

約2か月前

C97fab0d 3d70 4907 bfa7 4742efa3d21f1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f6273bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aaE68ce569 3964 4a76 9086 14f7083ea19f80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 9
文豪ストレイドッグス DEAD APPLE

映画の方を2回観た後、分からなかった細かい部分について拾っておきたいと思い購入して読みました。 結論を言うと、文スト好きにはたまらない一冊です。 本編(アニメ)ではまだ少ない鏡花ちゃんと芥川さんの会話や、中也さんと太宰さんの信頼関係、敦くんが自分の過去と向き合っていく姿等々、各キャラ(主に表紙の7人)が非常によく描かれていて、また文章としても描写が細かく良かったと思います。 個人的には先に映画を見て、その映像を頭の中で反芻しながら読むのがお勧めです。

4か月前

A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c44df1047c 07bf 4284 844b 736ca8cf3433Bb0b5db3 204b 486f a93b 668539339fe30ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7