1c27ba40 af8e 4305 846f 3678055a5b25

あかねる

恋愛小説を読むと尻が痒くなるのです

恋愛小説を読むと尻が痒くなるのです

120

コメントした本

東亰異聞

すごく面白い!というわけではない。 大日本帝国の雰囲気が好きな人には、この独特の不思議な雰囲気を楽しめるんじゃなかろうか。

15日前

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f5004636b39 ac4f 46e2 8b19 2b55c141ffd52431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd93Dc792bbe dba5 4bf1 8877 750f2aae42d715fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c
などらきの首

面白かった。比嘉姉妹の短編集。人物関係など知らなくても楽しめるんじゃないかな。いろんなテイストの作品群で、この作家さんの引き出しの多さを感じられて嬉しかった。今後も楽しみにしてます!

24日前

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f50Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b889F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad422f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783
怪談のテープ起こし

三津田信三作品初読み。フィクションかノンフィクションかを曖昧にさせる手法は上手い。とても怖い。

30日前

703fa157 21bc 4774 bc01 ea0e5b1abd93427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
千年狐 一 ~干宝「捜神記」より~

漫画も相当読んでるけど収拾がつかなくなるので登録はすまい、と思っていた。 だけど何処かの誰かがこの漫画を気になってこのレビューを読んでくれるかもしれないので鼻息荒くおススメします。 現行の漫画ではここ数年「ダンジョン飯」を超えるものはないと思ってきたがこの漫画は人を選ばす万人ウケするんじゃないかと思う。ホロリとさせつつギャグも忘れずとにかく最高に面白いから騙されたと思って読んでみて!

約1か月前

猫怪々

この可愛らしい表紙を手元に置くためだけでも買う価値のある本。猫好きにはたまらん。霊感云々は信じてませんがエンタメとしては面白いと思います。

約1か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e9Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
文庫版 百器徒然袋 雨

読んで心底驚いた。めっちゃ笑った。ギャグも書けるんですね京極さん!と思った。サイドストーリーになってるので本編を読んでないと面白さが半減します。あのやたらと文章が小難しくブ厚い百鬼夜行シリーズをまず読みましょう。

約1か月前

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー

館をテーマにしたアンソロジー。 短編なのだから本格的な推理物はハナっから期待してはいけないだろう。時間潰しに丁度いい感じ。 1.東川篤哉『陽奇館(仮)の密室』 2.一肇『銀とクスノキ ~青髭館殺人事件~』 3.古野まほろ『文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン』 4.青崎有吾『噤ヶ森の硝子屋敷』 5.周木 律『煙突館の実験的殺人』 6.澤村伊智『わたしのミステリーパレス』 3以外はそれなりに面白かった。 古野まほろ?ユイカ?キャラの口調が気持ち悪い。読んでて不愉快だった。

約1か月前

お文の影

時代小説短編集。内容は良い。安定の面白さ。ただ売り方がいかん。「ばんば憑き」をタイトル変えて文庫にしただけ。

約1か月前

あやし―怪

時代小説ホラー短編集。 すらすらと読みやすく面白い。

約1か月前

宮部みゆき 日暮らし 上中下巻セット

ぼんくらシリーズ2作目。 佐吉が踏んだり蹴ったりの可哀想な事に…。登場人物のえー、その対応どーなのー?と思うところがないわけでもないが爽快感のあるラストへの持っていき方はさすがだ。

約1か月前

隣之怪 蔵の中

実話系怪談とするならもう少し現実寄りにして欲しい。最後の話なんかバカバカしくて読むの嫌になった。

19日前

どこの家にも怖いものはいる

ホラーでありミステリでもある。怖いんだけど夢中になって読んだ。

30日前

魔邸

家シリーズずっと面白かったのだけど4作目である本作で失速した感じ。

30日前

4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319Bda6c754 1047 429b 81db 012658b5a74f
隣之怪 第三夜 病の間

なんか久し振りに「怖い」と思える面白い本を読んだ気がする。実話形式の短編集。

約1か月前

文庫版 狂骨の夢

何故か「姑獲鳥の夏」ではなくこれが初めて読んだ百鬼夜行シリーズなので思い入れがある。すげぇ面白い!と衝撃を受けたなぁ。

約1か月前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d3583226a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholderIcon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7 20
文庫版 邪魅の雫

百鬼夜行シリーズは好きでずっと読んでいたが塗仏あたりからつまらなくなりだして、この作品に至ってはどんな話だったかも思い出せない。同じキャラを使っていても作品には旬というものがあるのだなぁ、と思う。

約1か月前

模倣犯 全5巻完結セット by 宮部 みゆき by 宮部 みゆき by 宮部 みゆき by 宮部 み...

宮部みゆきの現代物はベタすぎるというか映像化を意識して書いている白々しさみたいなものを感じて好きではないのだが(これも映画化されたし)やはり上手い作家さんなのでこんな長編でもあっという間に読ませてくれた。

約1か月前

6bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfaIcon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cA64cd30d 82d8 4029 bab9 6b73456360b150f3a441 468d 4de6 bfc5 57aeeaef1b00
本所深川ふしぎ草紙

宮部みゆきの時代小説短編集というだけで面白くないわけないと思ってる節がありますが(たまにハズレもあるし)「初ものがたり」の茂七親分が出てくるだけでもファンとしては大喜び。そして期待に違わずどれも面白い。

約1か月前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef451525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319
おまえさん(上)

発売日の前から楽しみで眠れん!ってくらい待ちに待ったこのシリーズ3作目。 うん、期待しすぎた自分が悪いよね、って程度のガッカリはあったが「安定の面白さ」ってこんなもんかな。

約1か月前

4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4fE010de10 6f2f 479a 89c0 966ab638bf1f
ぼんくら

時代小説に開眼させてくれた本。江戸の人々が本当に生き生きと表現されていてとにかく面白い。何度も読み返してるが読む度にお腹が空く。お徳の煮物食べてみたいなー。

約1か月前

220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef44e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41F1a7bbb7 57aa 410b 8a60 2005c4834348B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e