247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

マンガ好きです。

91

コメントした本

漫画家本SPECIAL ドロヘドロ本

これからアニメ化も決定した、『ドロヘドロ』。 その魅力を初見の人に知ってもらうため、この本が発売されたと予想。 マンガ自体は、めちゃくちゃ面白いです‼︎ ただ、それを描く林田球さんは今までどんな人なのか全く知らなくて、今回インタビュー記事を読んで知れた事もありました。 藝大出身だそうで、だからあんなリアルにキャラの人体を描けたのかと納得。 センスとか才能にも納得。 私にとっては、林田球さんの一部でも知ることが出来て、とても嬉しく思いました。 あと、“地下地下”も読めてラッキー。 コミックスと一緒に永久保管させて頂きます。

5日前

聖者無双(1)

サラリーマン経験を生かした考え方を異世界でも取り入れていて、そのポジティブシンキングはすごいと思う。 主人公は真面目だな、と思います。

7日前

絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男 1

BLマンガといえばBLマンガなのだけど、主人公は「絶対にBLにはなりたくない‼︎(←巨乳大好き)」と思っていて、新しい視点で描かれているのが斬新。 弟がその毒牙にやられた(?)今、何としても親に孫を抱かせてやろうと考える、心優しき青年。 自分の身は自分で守ろうと、BL作品を読み漁って研究し、モブであろうと徹して、恋が始まるトラブルを事前に回避! 周りのBL空気を冷めた感じてやり過ごしてるのが笑えます。 冷静に解説してて、なんだかBLの登場人物を紹介されてるような気分でした(笑) 不思議な感じです。 主人公がずっとこの路線でいくのか、そして弟はどうなってしまうのか? ちょっと楽しみです。

10日前

車輪の下

主従関係だけど放置って感じですかね…。

10日前

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか 1

タイトルの通り、魔術学院を首席で卒業したのが主人公。 そのハイスペックさ故、パーティを組んだ相手から「自分必要かな…」としらけさせるシーンが面白いです。 最近異世界モノが多いで、最初からファンタジーな世界が舞台というのは新鮮に感じました。

10日前

血界戦線 Back 2 Back 5 ―My Life as a Doc―

改めて、ドグ・ハマーとデルドロって良いコンビだなと思いました。 あと、ルシアナ先生のお話も面白かったです。 最後にオチまでついてて、素晴らしいです。

12日前

DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア

オシャレな本でした。

19日前

Fc943c9b 2a7a 429c a219 96814e1bd385A633735b 5a78 4342 b996 5b884ee0e8db4225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35a8b0a20a8 21ac 4ff5 b9f8 79ff091733b079887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderC7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c2 10
湯神くんには友達がいない(15)

湯神くん、一人暮らしをかけての甲子園出場、その結果はいかに…⁉︎ 高校生活もラストスパートで、文化祭楽しんだり、進路を考えたり、後輩の心配をしたり。 何気に湯神くんもちひろちゃんも成長していますね。 湯神くんはマイペースで皆に理解されないことの方が多いけど、いつだって自分に正直で、そういうところは少し羨ましいです。 ちひろちゃんが言ってた、「空気を読め=都合の良い人間になれ」という言葉、考えさせられますね。 ラストの急展開を経て、そして16巻で遂に完結を迎えるらしい。 湯神くんはどんな姿を最後に見せてくれるのか? 楽しみです。

23日前

転生したらスライムだった件(11)

シズさんの意思を継いだ目的が、意外に早く叶った事に少しビックリ。 でもすんなりでもなく、色んなパターンがあり、伏線も生まれ…楽しみは増えたかな。 リムルの成長がすごいですね。 10巻でデーモンと戦ったかと思ったら、11巻では召喚。 精霊も登場しているし、11巻は異世界生物盛りだくさんです!

25日前

0e26c418 79fb 4c1a ab9d 45ad5d39fa8a15f5969c 4782 4756 bc6f 516c04a8ddf5
聖者無双(2)

治癒士ギルドと冒険者ギルドが仲良くないらしい中、冒険者ギルドに住み込み、己の能力を磨く主人公。 人柄の良さで周りを掴んでいってて、スキルを重視する異世界マンガとは一味違う感じです。

7日前

Artiste(4)

今度は、厨房とホールのトラブル。 お互いの仕事をまだよく理解していない部分や、コミュニケーション不足で空気が悪くなってしまう。 でも、とあるきっかけで変わっていくのだけど、…やっぱりどんな一流の職場でも人間関係って大事だな、と感じました。 各々が自分の仕事にプライドを持っていて、働くってそういうことなんですよね。 あと、アパルトマンの住人も新しく何人か紹介されてるので、要checkです!

9日前

将棋指す獣 2

アマチュア大会の結果が出ます。 光は相変わらず、相手の心を折る将棋をします。 もう二度と対戦したくないと思わせるような、エグい将棋。 私はルールなんて分からないけど、確かに魂と魂のぶつかり合いのような、そう…ケモノ感が漂う作風は、読んでいて惹きつけられます。 将棋って先の手を読むわけだから、頭の良さが必要なんだと思ってましたが、閃きとか…天性の才能とか…、そういうのもやっぱりあるんだなと実感。 1巻でも面白いと思いましたが、2巻も面白いです!

10日前

真夜中はとろけるスペシャリテ

バーテンダーとパティシエのBL。

10日前

血界戦線 Back 2 Back 6

2種類の物語が収めてありますが、まずソニックが主役のストーリーは、台詞なしのマンガで絵だけで表現されてて、躍動感とか…すごくNightow先生の力量を感じました。 もう一つは、パトリックとニーカの原点の話が少し載ってましたね。 ニーカってアシスタント的な存在だとずっと思ってたけど、「天才」だったかのか。 ニーカがビンタしたのをK.Kがにこやかに見てて、なんかお母さんっぽかったです(笑)

12日前

貧民、聖櫃、大富豪 (4)

4巻にして、初めてこのマンガを「面白い」と思ったかもしれません。 物語が動き出しましたね。 主人公の表情が変幻自在で可愛いです。 高橋慶太郎さんの女キャラってカッコイイイメージが強かったですが、聖夜ちゃんからは人間らしい顔が見れて、新鮮というか、作者の力量を感じます。 正直、前作の『デストロ246』は私はあまり好きではなくて、でも『ヨルムンガンド』はめちゃくちゃハマりました。 この『貧民、聖櫃、大富豪』はそれと似た雰囲気を感じて、ここにきて期待大です! 確かに女キャラ描くの上手い人ですが、男キャラとか色々描ける人なんですよ。 だから、勿体無いなって思ってて。 このマンガで、また素晴らしい世界を見せて欲しいです。

19日前

はしっこアンサンブル(1)

工業高校の合唱部(同好会?)のお話。 主人公が、ものすごく良い声らしい。 重低音系? 木尾士目さんの本は読みたかったから買ってみたけど、合唱に関してはあまり興味がないから、私には微妙だったかも。

22日前

天空侵犯(20)

一見弱者に見えても、人の欲なんて分かりはしないのだな、と。 沖原見てそう思う。 ああいうずる賢い奴は…でもリアルなんだろうと思わせる部分もあり。 少年漫画なのに、人間ドラマが凄まじいですね! スナイパー仮面が「神のコード」を取得して、新たな事実が発覚! 次が最終巻だというのに、ここにきてまだオモシロ展開を引き起こすという素晴らしさ! 最後まで見逃せません‼︎

25日前

亜獣譚 (5)

エドゥルでの出来事は衝撃的でした。 アキミアが2人の女性を大事に思うからこその決断。 それが、なかなか有り得ない展開なので、思い切ったな…と! アキミアの過去が明らかになって、歪んだ性格になったのも分かる気がした。 あと、気付いてなかった特殊能力も発覚。 ソウさんを取り巻く環境も変わって、何やら色々起こりそうな予感です。

30日前