08501375 464b 47c9 88b3 a9e0ed2e7343

ぐーるど

定年過ぎても勤めから解放されない

定年過ぎても勤めから解放されない。半世紀、本を読んでる。そろそろいいかな、といいつつ。

92

コメントした本

春宵十話

数学というのは、音楽や芸術と共通するところがあるみたいだ。ちなみに、川端の「美しい日本の私」とカバー・デザインが一緒。虚飾のない美しさ、か。

約5時間前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f04307acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d658913376266 2fef 4f05 80c4 7c30a9789670Cc3a4de8 b5a4 48f3 afa9 ccd68fd0eb64D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135 8
鬼の研究

この人は歌人である。そして、能にも造詣が深い。歌も能も闇を抱えて生の彼岸と此岸を行き交うものだ。その闇を彷徨うのが鬼である。様々な日本の文化に現れる鬼を研究しているうちに、馬場はわが身も鬼かと思うようになった。

約6時間前

414df52b d037 406a 9b01 ef5050b5712aB6b66e3c fa65 4ece 91b1 7ce1c7458ce4
水の音楽

ピアニスト、青柳さんの水の精、セイレーンやオンディーヌ、メリザンドなどにまつわる音楽の話。得意のドビュッシー、ラヴェルやショパンの曲を聴きながら読めば、充実した休日を過ごせる、と思う。

約7時間前

物理学者は山で何を考える

これも古い本。版元の名称もなかなかいい。プレートテクトニクスや岩石はどこから来たか、氷河や谷川の流れや川床を物理学から考える。そうか、例えば3000メートルの北アルプスの頂きから眺めるパノラマは、地球の成り立ちを表しているんだ。

約17時間前

神坐す山の物語

奥多摩の霊峰、御嶽山。山にはいにしえから神々がいるとされ、崇められている。実際に山を徘徊していると、古い祠があったり、参道と思しき道に出くわしたりすることは多い。『遠野物語』を意識したという、お伽話。

約18時間前

E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864Icon user placeholder
コーヒーと恋愛

脇役で売れっ子のモエ子43歳。8つ年下のベンちゃん。若くてハイカラなアンナ。そして本格コーヒーの会のおじさん方。 獅子文六さんは大正時代にパリに留学したり、フランスのカミさんをもらったり、自身がハイカラな方のようです。天才的に美味しいコーヒーを入れるモエ子さんの暖かくて、人情味溢れる人柄はちょっと苦いけど可愛いです。

1日前

Icon user placeholder2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderA64cd30d 82d8 4029 bab9 6b73456360b1C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1 66
羽生善治 闘う頭脳

以前は将棋指しなんて、子どもの頃から将棋ばかりして世間なんて何も知らないんだろうと思っていた。しかしこの永世七冠はとんでもなく、幅広い知識と柔軟な思考で、対談集としても一流だと思う。

6日前

Icon user placeholder7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c3401f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a326714E0422bdf d10d 4a40 a448 66458dd59937
つゆのあとさき

数年前?まで銀座に白いばらという、いわゆる大衆キャバレーがあって、永井荷風も通ったカフェー、タイガーの末裔の店ということだった。カフェーの女給とパトロン作家の生態を通して文明批評をした、ということなんだが、あまり難しく考えずに読んでしまった。

7日前

ジャン・コクトー―幻視の美学

芸術家というのは大体にして詩人でもある。キュビズムやダダイズムやシュルレアリスム、小説から舞台、映画まで、あらゆる芸術を凌駕したコクトーも詩人から始まった。20世紀初め、第一次世界大戦やナチス・ドイツが巻き起こす混乱の中で、作品を生み出していく。僕にとって、コクトーとマルセル・デュシャンは時代の寵児のようで憧れでもある。

7日前

将棋の渡辺くん(1)

とうとう手に入れた。ま、将棋はともかく楽しく読ませていただきます。

8日前

Db2d5272 a1e5 4bc5 90b1 c54c7c83ad86Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db
僕とツンデレとハイデガー ヴェルシオン・アドレサンス

最近、哲学を分かりやすく馴染みやすくしようといろんなコンセプトの本が出ている。シュレディンガーの猫が我が輩は猫よろしく語ったり、ビジネスとリンクさせたり、で、こちらはツンデレだ。ツンデレって何だ?結局、デカルト、スピノザ、カント、ヘーゲル、ニーチェを解釈しているのはおんなじだ。ただし、この本、縞模様を見せてお尻を突き出す、女の子のアニメみたいな絵が、スピノザの章の扉になってたりするんだよね。

約5時間前

日本百低山―標高1500メートル以下の名山100プラス1

深田久弥の百名山の向こうを張って、百低山。ちゃんとアクセスやコースタイムもあり、もちろんカラーのイラストもある。あ、明日は天気がいいみたいだな、特に用事もないし、山に行こうか。そんな気にさせてくれる。

約6時間前

山女日記

この作者の本を読むのは初めて。とても女性らしい、ふくよかでウィットに富んでいて皮肉も当てこすりも自嘲も生きることのつらさもほんのり暖かく、何かいい気持ちになってしまった。 しかも、槍や妙高や白馬など、僕も思い出がある山ばかりで、懐かしさも加わって、いい本だったな。

約8時間前

8b60334b b2ac 4fa3 a682 cd40922634d6C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee089804c1a4 facd 49c3 bec8 a91a668fb8b02bf87866 cf1e 4cd1 aa00 e52552d5734d58b5566d 83bb 4051 87e5 7cb861f09d667d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9 30
棋士という人生: 傑作将棋アンソロジー

僕が羽生善治の本を読むのは、何もそれで将棋が指せるようになると思っている訳ではない。最近はテレビやイベントなどが多くなり、アイドルのような、でもちゃんとした女流棋士も増えたりするが、それでも棋士というのは、孤独で自分だけが頼りで、いわばやくざな商売じゃないかと思っている。その中で羽生さんは図抜けて現代を意識している人だと思っている。 この本は、坂口安吾や団鬼六、村上春樹、小林秀雄などや昨日、藤井七段に破れた渡辺棋王などの棋士の文を集めた、九×九の盤上に掛けた人生のアンソロジーだ。

約17時間前

16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c36ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd
中原中也全詩集

「そなたの胸は海のやう おほらかにこそうちあぐる。」「汚れちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる」 愛する息子が幼くして病死。中也も30歳と若くて夭折する。巻末には大岡昇平と小林秀雄の若かりし日の葛藤がびっしりと綴られていて、老年世代の僕であっても、読み直したら、胸が小鳥に突かれるようにちくちくするのです。

約18時間前

503775b5 acda 4104 99dc d6fa586bdbb02c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86E1476b8f 9ba6 4432 9d43 c6c46f11b1bf927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb0771868e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c
議論のレッスン

普段、何でこんなに話しが噛み合わないんだろうとか、どうしてこんなに議論しているのに分かってくれないんだろうとか思ってるいるなら、読むといい。議論は主張、根拠、論拠。結構、役に立った。

6日前

鳥打ちも夜更けには

残念ながら帯に書いてある、驚異の想像力、圧倒的青春小説などというのが全く理解できなかった。途中で眠たくなってしまったくらい。ああ、僕の想像力もこの若さについて行けなくなったのかなー。

6日前

9b58ee90 cd84 4331 b26a 0c71e71315211bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf193875cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2C29662a3 8e72 4a61 84bf c78dad0b62bcAf760eee 022b 468a b765 6bdb2776e35aIcon user placeholderIcon user placeholder 36
立原道造・堀辰雄翻訳集―林檎みのる頃・窓

シュトルムやアポリネールの小説やリルケ、コクトーの詩などを二人が翻訳したものだけを集めている。「林檎みのる頃」「窓」。そしてリルケの「オルフェへのソネット・II」は井上陽水の「いつのまにか少女は」のよう。この本は晩秋の軽井沢辺りで読みたいね。

7日前

将棋の渡辺くん(2)

ぬい、ねー。3巻もあります。

8日前

ジョン・ケージ著作選

これはジョン・ケージのインタビュー、音楽論、大好きなキノコについて。「私はこう強調したい。私は、音と音との関係に興味がないのと同じように、音と茸との間の関係にもそれ以上の興味はない」⁇しかし、これはもう、詩集だ。

9日前