80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693

higetoshi

165 80 51 駄でぶ短髪中年

165 80 51 駄でぶ短髪中年。 あたらしい文学を好んで読んだ10代を経ていまや文学中年。村上春樹、吉本ばなな、松浦理英子、俵万智、高橋源一郎、山田詠美、吉田修一、角田光代など現在活躍する作家たちのデビュー作の初版本をもっている。

61

コメントした本

百年の憂鬱

ゲイの恋愛劇が、松浦理英子とは異なった痛みと悪意を伴って胸に迫ってくる。

3年前

増補 夢の遠近法: 初期作品選

山尾悠子の初期短編集が編まれるとは思っていなかった。カルトな作家ではなく、ある程度支持を得たということなのだろう。どの短編も完成度が高いが、「遠近法」のイマジネーションはとりわけ素晴らしい。

3年前

A18a72a3 70a1 4ee7 9d4e a49183f61a70Icon user placeholder5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd79342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583Aa869511 4c34 411e ae52 12d3cc385991B64eef86 8951 4b64 ace7 b79ddf0cf218
村田エフェンディ滞土録

梨木香歩への信頼感はこの本が担保してくれている。 どこか漱石を思わせる文章のなつかしさ。

約4年前

1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f57e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd37D9c98ba1 8646 4df2 aad2 872f69030f5bFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c0026ba86173 ebc2 4534 9e6e 45d909910ffc8f8c2d45 5f81 4ed6 95f6 083035159d54 18
股間若衆―男の裸は芸術か

目の付け所がたくみな近代彫刻の成立史。

約4年前

きのう何食べた?(10)

出ましたね、10巻。 こんなに続くと思わなかったけど、本の半分はレシピという、ゆるさがいいんだよね。

約4年前

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e85Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb513db1965 8de1 4b92 bf13 8447f946a3f58405fc4a 89d7 4a7d b4ba 857ea7ee07a989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e61c9d7e2 a637 400c ae47 375b213aec3a 20
解放された観客

ニコラ・ブリオーの考え方に違和感を唱えるのは、ビショップの「敵対の美学」だけじゃないよ、という本。

約4年前

タルト・タタンの夢

謎解きと人情譚と美味しい料理がからまって楽しい連作短編集になっている。文章がうまいので、ウンチクもなかなか読ませる。

約4年前

E87aa82e e85b 4c6a 8352 d6dde7818466A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholder26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholder 42
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

大事に大事に読んできた本。冒頭の長姉の「おとなのすべきことを子供にさせてはなりません」からずっと心うたれ続けている。

約4年前

D35ada05 a5f9 45bf a942 9f80b53723b62feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea24959215807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de3e8d2224 6559 427b bed9 1c742e9982de8f00e178 b768 4675 80f3 55af56ffaab710acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c1633Cba3d74a 00cc 4ab6 9c0d 95e707e65e12 16
他者の苦痛へのまなざし

素晴らしい本ですよ。 想像力を働かすことが、この世の中でいかに大切かということを繰り返し言い方を変えて述べている本。

約4年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15cDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373394692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39137948ff 47a9 49b3 9851 df1c29e43c42 18
わたしを離さないで

抑えた筆致で静かに語られる物語は結末まで予想させられながらも、その世界の異様さとその中で誠実に生きる存在に圧倒させられてしまう。彼らは私たちとどこもちがわない。

3年前

A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c272472b6d 8740 4752 9a21 2ff1e36240acFb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6D8eb1b31 b597 4a92 b9d5 ada99205398aD4d5738c b6f7 4125 836e daaf6f96d4b3 265
ナチュラル・ウーマン

松浦理英子の小説の中では一番好きな作品。短編集だが、一つの作品ひとつの文章に込められた魂の情報量が多い。文庫版が中古市場で100円という低価格で売られているのを見るとつい救済してしまい、自宅には20冊以上この本がある。

約4年前

ハーモニー

日本SF史上、最大の問題作、と言って良い。病床にいた作者のいのちや健康への執着と冷徹さは実に切実な中から生み出されている。

約4年前

D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c904887e5f efe6 4cb9 8f2b ab3a408788bdD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c59cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc26Ae717e1d b3f0 4ec2 960d c0d39158f677Icon user placeholder0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 85
楽園のカンヴァス

単行本発売当初に手にとって挫折した本。電子ブック版になってあらためて読み始めたら面白かった。

約4年前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592E418a093 2a1a 409c 942b 5d3791930b3d6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b1c046575 9802 405d a2b9 6cab4f6a1e9d7efa1cc5 a32a 4abe b0e9 50492acb8ee2D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0 182
第七官界彷徨

この本をバカにしてはいけない。今のボーイズラブの源流は森茉莉や福永武彦とともにここに繋がるのだ。しかも、今よりも密やかに、深く深く。

約4年前

D9d26882 6156 474a bcbb ddb560c9d410Icon user placeholderA3ffa40e a7af 4cb8 962c a49b6f1c84dd4e537b4e 36e0 4ad6 989e 1225fe3778315cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc20a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 24
暇と退屈の倫理学

暇とたいくつが戦争を呼び、暇とたいくつが右翼と左翼の論争を繰り広げてきた。そのなかにまんまとはまっていた自分には意気消沈。もっと時間を大事に生きよう。

約4年前

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eCd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818Icon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f41c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75204eeffc2d 9a1c 4fee 9df5 c2f9ef8eb2ffF3184588 52ef 47fa 896d a8d8cb9ff49e 20
路

読書中。なかなかいい。吉田修一がこんなに台湾を愛しているとは知らなかった。たくまずして日本語で書かれたアジア文学になっている。下手なガイド本より台湾に行きたくなる。

約4年前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f62c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c29
奇貨

女性同士の愛憎を眺める植物性男の物語。男性一人称だったので勝手が違い、ずーっと読まないでいたんだけど、やっぱり読み始めると面白い。松浦品質は高いまま変わらない。

約4年前