5201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc

at

ライトな読書好き

ライトな読書好き

31

コメントした本

広告のやりかたで就活をやってみた。改訂版

広告の考え方の勉強にもなりました。 自己分析は生まれた日から今日までを。

4か月前

アイデアのつくり方

この“アイデアのつくり方”を今日からの私が実践できた先には、どんなに開けた未来が待っているだろうか。 楽しみで仕方ない。 「一生あなたを掴んで離さない本。」とはあまりにこの本にふさわしいコピーだと思った。

5か月前

94914b67 7a67 47c2 a342 8f4efab80ded62f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575Ec9fd4ec 4b4f 42f8 b7bd dacbb179e74eIcon user placeholderA40226e2 a716 45c1 93e5 6c1fac791a12743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d4d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e431 87
いつか別れる。でもそれは今日ではない

満たされている人にこの本は必要ないと思う。 私はもう数えきれない程この本を読んだ。 転機が訪れるたび手に取らずにはいられない。 表現があまりに見事で、少し悔しさもあります。

5か月前

5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5E9b805bf 3513 4086 aa8b 3a98de33e7b60bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175611aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f84761c454 161a 4d75 8310 57b70f9e4afb66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c 258
愛がなんだ

本当に好きな人の前で余裕でいられる人なんているのかな。 どうしても手に入れたくって必死になって、見苦しい主人公は、少し行き過ぎだけどこの世のほとんどの女性の姿かも知れないと思いました。 最後の主人公の覚悟にぞくっとした。

5か月前

E1cee4b1 3328 454e 8fb0 fc36297c5bf0Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d669b149ba8 5f14 465f 82f6 f70d586b85bdB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d508f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ecIcon user placeholder002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71 56
毎日読みたい365日の広告コピー

あの日の自分の心を動かした言葉がたくさん。 誰のコピーとまで記載されているのがポイント高いです。 今はピンとこない言葉もこの先輝いて見える日が来ると思う。そういう意味で、たまに読み返すためにいつまでも手元に置いておきたい。

4か月前

86cc25ac e8ed 4b3e b79f c9ec08b48fd4Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5208c0a26f9 ffe0 4002 a287 b1af8d4626f25fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cbB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 32
本日は、お日柄もよく

いつの日か来る親友の結婚式でのスピーチを予約されているので、価値ある内容でした。 スピーチの極意に始まり、スピーチライターの資質。 話すとは。 言葉とは。 考えさせられる一冊です。 恋愛要素はちょっとありきたりかな。

5か月前

242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e53C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbc 277
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

綺麗すぎる恋愛小説かな。とも ルミネのコピーの中でもあまりに有名なものをそれぞれタイトルに、5人の主人公の恋が爽やかに美しく描かれていました。 表現の妙はさすがコピーライターの尾形真理子さんだと思いました。

5か月前

F3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc210695b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140ed961950db 0be3 4f5d afd9 68237fb114c633c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Icon user placeholder6327ad74 9f14 4b3f 9e07 0d7c7c88925e3058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f490 210