7837d0d2 4f51 4354 ae4c 60c046b1cb5b

びゃくやん

猫や音楽で生きてる事務員

猫や音楽で生きてる事務員

18

コメントした本

悪の教典〈上〉

こういう教職員はもしかしたら実在するかもしれない。と思えるところが時折あった。表面的に人に良い部分をわざわざ見せながら、心の中では別の面を隠している人はどんな人にもありえるが、もしここまで淡々とできるならやはりかなり危険人物だ。私の想像力が映画以上になったりして自分で苦しむことがあるため、ところどころ描写が激しそうな部分は字面だけ追って読み進めた。小説の展開もすごいけれど、作者に興味を持った。下はネタバレで把握して買わず、別の貴志祐介作品を読んでみたい。

約3年前

7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aCaaec9f1 fc31 433b 86c7 bd7b887b8865Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70934dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e916aa69cd 45b3 4ecf a830 5e4427419df8Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec 64
くらやみの速さはどれくらい

心に響く小説。「アルジャーノンに花束を」の小説を思い浮かべた。SF小説であり、心理的にも捉えられた作品。

約4年前