7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

たまに読む程度の人

9

コメントした本

新世界より(下)

アニメから。 けど、アニメより圧倒的に濃くてリアルで繊細! 色々な課題が盛り込まれた超大作。 上中下じっくり時間をかけ、でも休まずコツコツ読みました。 SFとしての深い世界観は、SF好きにはたまらなくハマる。この本にしか出てこない造語が沢山あるけど、そんなの気にならないくらいこの世界に惹き込まれる! 多くのテーマが盛り込まれていて、読み終わった時に深く考えさせられた。ハゲネズミ達の革命とか、争いを無くすために施された世界の成り立ちとか。 でも一番考えたのは、教育について。 主人公達が学校に行っている時代が、一番不気味で歪で、感情を動かされた。不出来な子供を剪定するという一見残酷な背景でも、そうでもしないと完成しない平和、という解釈に現代を考えさせられた。やっぱり未来を担う子供によって未来は千差万別だよね。話の要所で瞬が登場する度に意味もなく泣くのは私だけ? 新世界ゼロ年の文庫本化、お待ちしてますよ……!

24日前

3c469169 7575 44db b7fb 215a7848a51c2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a1A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986973f77c9 e6ec 4d8c 8c26 6b1b2253ca1343ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb141fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a467Icon user placeholder 58
四畳半神話大系

森見登美彦デビュー戦 癖のある文章で、最初は読むのに手こずった。 一章毎に繰り返す、けれども何かしら違う世界に、えっ、えっどうなってんの何かまた大学生活始まったんだけど、と戸惑った。けど、そういうものだと解ってからは、ニヤニヤが止まらない。 ストーリー自体はギャグ漫画でも可笑しく無いのに、主人公の語りのせいか、それともこれが森見登美彦ワールドなのか、全然ソレを感じさせない。これが真面目にギャグをやるという事なのか。 繰り返すパラレルワールド、という一見収集のつかないテーマだが、安心するほど綺麗に終わるからもう抜け出せない森見登美彦ワールド! 責任者に問いただす必要がある。責任者は何処か。

24日前

2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58F3d63908 6e03 4f93 8097 1042bab40bee2f7d9080 c35b 4b8e a300 64c7f2c54b907a9cc2e9 e307 4227 aceb 7b80eea8b47cA9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 282
鹿の王 4

文庫本になるのを待ちに待って、やっと読めた。 1から4まで一気に読むのオススメ。途中で止まると続きが気になりすぎて生活に支障が出る! ファンタジーなのに世界観が作り込まれていて、理屈に沿って読める。 主人公が若い男の子でも正義漢でも無く、中年男っていうのが主人公の心情描写に深みを持たせていて惹き込まれる。ファンタジーにありがちな綺麗事が無いのも良い。 全体を通して病(現代風で言うとバイオテロ)と戦う話で、死生観の捉え方には心を動かさざるを得ない。巻末の解説で語られる医師の方の言葉がまた面白くて、時代問わず医療の在り方の難しさを考えさせられた。面白いだけじゃなくて、学ぶことも多い一冊だと思う。

24日前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c490af01243 6ce9 4aed bdcf 9812ff2b8d39Ae28d1b1 248e 46a2 aeff 91043bdd025e4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aE7b9de0d ece4 4b32 8c63 bef0ed941a9c 26
虐殺器官

高校生の時に読んで、人生観を変えられだと思う。 この本を読んで以来、シリア問題とかテロへの興味と理解が深まった。 若い頃に読むべき一冊。 主人公の独特な鬱感と母との会話の影に垣間見得る死生観がたまらない。 世の中の戦争とか残酷さとか、そういった社会的な側面についても考えさせられる。 それ以外にも文体が美しい。 一つの感情を表現するのに、そんな言い回しをするの!と、何度も驚かされた。 作者の多彩な才能を感じられる一冊だと思う。

27日前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Icon user placeholderFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5Icon user placeholderA04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84299c044c 07f6 493b b724 0ba75ff4f8ee 143
緋色の研究

BBCのSHERLOCKから。 ドラマではピンク色の研究だったけど、本家は緋色の研究なのね。こういうスタンスで挑むと、シャーロキアンの人に怒られそうだけど、ドラマで予習してたから、不思議と読みやすかった。 さすが不朽の名作だけあって、読み始めると面白い。けど、読もう!ってなるまでが腰が重いので、思い立ったら即日イッキ読みがオススメ。 トリックが面白いっていうより、犯人の動機の方が時代を感じさせて時代小説みたいで面白かった。 これはコナン・ドイルの時代背景も一緒に楽しむべきか?と思って調べたけど、シャーロックホームズシリーズはコナン・ドイルが小遣い稼ぎに書いてた同人誌だったって事を知って爆笑。 こういう、作品以外にも楽しめる要素があるからシャーロックホームズは不朽の名作なのかも。ドラマも本家も面白くて流石です。

24日前

363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf978a45888 7582 4a41 bb42 b6ae08bbaf5aB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135
暗いところで待ち合わせ

乙一の本はどれも読みやすい。 難しい言葉が少なくて、簡潔な物言いが殆どだから解りやすくてシンプルなストーリーが映える。 登場人物のリアルな心の弱さが共感を誘う。 いつもはちょっと、おどろおどろしい話ばかり書くくせに、たまにこういう吃驚するくらい綺麗な話を書くから、もう作者買いしてしまう! 刑事物でも本格ミステリーでもないけど、女性と男性の、ばれる?ばれない?みたいなやり取りがドキドキして臨場感がある。 そのくせ、非日常から日常に戻って綺麗に完結するものだから変な尾をひかず、お、終わったぁ…良かったね…って追われる。ハッピーエンド万歳。

24日前

7670db32 13bb 4a78 b6bd f1912d0b807bA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc6562a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Icon user placeholderE3c043af 0967 40ca 942c 718b3d97c8f4 62
少女には向かない職業

作者が女性だからか、若い二人の少女の心情描写が丁寧。同性ならきっと惹き込まれると思う。 桜庭一樹お得意の暗くて陰鬱な話。 この独特な暗い雰囲気はクセになる。 最後のタイトル回収が秀逸。 最後の最後で、あー、彼女には向いてなかったのね、って思わせるラスト。 もう一人の彼女には向いていたのにね。

24日前

Icon user placeholderB44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1