Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

かけだし書店員。 面白きことは、良きことなり! 本と人の橋渡しがしたいです。 http://twitter.com/roomleader

396

コメントした本

天下一の軽口男

上方落語の祖とも言われる米沢彦八の物語。 こちらを原作とした舞台が上演されると聞き、 先に舞台版を観劇したのですが、 どちらも趣が全く違って。 舞台が彦八の半生といった感じで、 原作は正に一代記。 大衆の為の笑いを目指した彦八の物語が 換骨奪胎され、 更に大衆の為の舞台になったのだなぁと しみじみ思いました。

約1か月前

他人だったのに。

『小さいことば』シリーズ12冊目。 今年は東京のTOBICHIで買いました。 毎年1冊、10年以上もこの楽しみを享受できることがしあわせです。 糸井さんの1つ1つの言葉の心への沁み渡り方は、 ただ1年分の言葉をまとめただけじゃなくて、 永田さんの構成・編集によるところもあるんじゃないかなぁ。 毎回読み終わる度にさみしい気持ちになるけれど、 今回は3冊目の文庫版もあるから、うれしいです。 そういえば、 はじめてこのシリーズが出た年は、 嫁氏と付き合った年でした。 これからも、この本が出る度に このことを思い出すんだろうなぁ。

約2か月前

ぼぎわんが、来る

新年1冊目に、 昨年めでたく(?)積読500冊目を飾った本を早速読了するワタクシです。 まぎれもなく映画『来る』に感化されて購入したわけですが、 ホラー小説を買ったのは『リング』以来かもしれません。 思えばあれも映画に感化されたのだった・・・(しかも未読了) 読み終わって衝撃を受けたのが、 映画版と展開が全く違うこと! 登場人物も一部違うし、 なによりあのアレが・・・!皆まで言うまい。 映画の感想でも述べましたが、 映画は「わからない怖さ」、 原作は「わかった上での怖さ」という印象がありました。 原作、映画、 どちらから見ても驚きがあると思います。 この作品は、違いを楽しむものだ!

2か月前

D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b6465Icon user placeholder1c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea15f5969c 4782 4756 bc6f 516c04a8ddf51fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a46756a03690 63b8 4975 853f fac13092849b6be7f378 a7ec 4e71 be70 03424c7f6a5c 16
90年代のこと―僕の修業時代

堀部さんの書く文章は少し知的で。 僕たちが昔に「普通のこと」として享受していたもの、 今では新しいツールに押されて得ることが難しく、 「過去のもの」になってしまっているコトについて、 的確な言葉で説明してくれる。 過去のものにはなったけれど、 それは決してゼロになったわけじゃなくて。 新しいツールが出てきたことで、 「こういう楽しみ方があるんだ」と気付かせてくれる、 価値観を増やすキッカケになったと考えられたら、 毎日がもっとおもしろくなりそうだ。

4か月前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dCda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a27363c0c18 9999 40b6 b4ba 29f8bf500bf9Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61
もものかんづめ

僕の中で、 くだらない話を長文で読ませる力を持っていると思う人が2人いる。 ほぼ日の永田さんと『銀魂』の空知さんだ。 2人ともエッセイ本出してくれないかなってずっと思ってます。 さくらさんのエッセイも、まーひねくれてて(笑) よくこんな出来事が身の回りで起きるなぁと。 観察力もスゴいですね。 巻末対談から、 さくらさんの幼少期はタモさんに似てるなぁと。 周りの子供を引いた目で見てる感じが(笑) ジョブズの「Stay hungry, stay foolish」を体現されていたんだなぁと思いました。

5か月前

8e282244 7795 486a 8072 f624a5a38aeb0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812ccDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b711b38acfd 687f 4fdc bca0 813ca0dde30a8fcaf0da 77c7 4afd 8ee6 f3672ed4fc15 77
首折り男のための協奏曲

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

5か月前

174a14ff e2d6 49d5 844e c84dc2ef03575fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aIcon user placeholder515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9 22
自分の言葉で語る技術

実はとあるところから寄稿文の依頼があって、 公なモノに文章を書くなんて生まれてはじめてだったので、 引き受けたのはいいものの、 緊張と不安でいっぱいになり、 藁にすがる思いで読みました。 物書きを生業にしている人はどうかわからないのだけど、 元々「書きたいこと」というのがあまりなく、 あってもTwitterのように短い文章しか書けなくて、 どこかよそよそしい、「借り物の言葉」みたいなのになって、 しかも字数が余りに余って恐怖でした。 けれどこの本を読み進めたら、 とても背中を押された気持ちになり、 無事に書き上げることができました。

8か月前

5fa91bb1 108f 46fa aa1d a6aae660f9a187bacdb6 1d88 4f39 8eca 96448242628b1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f
失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

蛍光色なドギツい装丁と帯のインパクトにやられて購入。 どんなにスゴいことを成し遂げた偉人だって、 何かで失敗して、つまづいている。 どれだけの天才だって、 僕らとおんなじ人間なんだなぁというのがわかりやすく紹介されています。 小さな子向けの本なので、 文字も大きく、 ふりがなたくさん、 イラストもふんだんに載っています。 最後に紹介される人たちが、いいですね。 マイナスから学ぶ、プラスの生き方だってある!

10か月前

D5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df500dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc2702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160164551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8Icon user placeholder 13
没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

なんとなく不安に思う毎日から抜け出して人生を上機嫌に過ごすには、 「没頭」する技術が必要だ! 読んでみると、 自分が「楽しいな」「幸せ」だなと感じていた時は、 没頭している状態だったんだなぁと気づきました。 没頭には適度なストレスが必要、とあって、 電車の中やカフェとかのほうが読書がはかどるのは、 外だという緊張感が没頭させやすくするんだと知って、 なるほどなぁと思いました。 今まで無意識にしていた没頭を意識的にできたら、 もっと毎日を楽しく過ごせそうな気がします!

12か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder75f84726 0f24 43b4 9144 18d4db567b96C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cIcon user placeholderDbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd9 26
任天堂 “驚き”を生む方程式

井上前社長の岩田聡さんが、 DSやWiiで任天堂を立て直していた頃の快進撃を記した一冊。 岩田さん、宮本茂さんへのインタビューの他、 当時すでに社長を退き相談役になっていた山内溥氏にも話を聞いているのが貴重です。 もちろん任天堂の躍進に欠かせない横井軍平さんの話も。 花札を作り始めたころの歴史も知ることができる、 数少ない任天堂に関する書籍だと思います。 惜しむらくは、いま名前を挙げたなかで、 ご存命の方が1人しかいないこと。 岩田さんが率いる任天堂の未来を、 ゲームの未来をもっともっと見たかったです。

約1年前

56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487D9429e6d a22d 4bf6 8cdf e7e857719efaA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696dBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c01966e68f ad7e 466a 9446 d6d080493945 12
桜井政博のゲームについて思うこと 2 Think about the Video Games

『スマブラ 』の生みの親、 桜井さんが週刊ファミ通で連載しているコラムをまとめた本。 10年以上前のものだけど、 当時のゲームを色々振り返ることができて楽しい。 桜井さんのゲーム観、 真摯にゲームに向き合う姿が、 誰にもわかりやすい平易な言葉で綴られているのが良いです。 ものづくりをしている人の考え方が載っている本が大好きです。

約1か月前

総特集 森見登美彦

『熱帯』を読み終わった時確信した。 これはモリミーの集大成だと。全部入りだと。 そして時を同じくして15年を振り返るこの本が出た。 あまりの充実さ、内容の濃さに カルピスの原液かと思った。 ロングインタビュー、全著作解説エッセイ、 単行本未収録小説などなど。 何より最高だったのが盟友明石氏との対談。 夢かよ!と。リアル『太陽の塔』じゃねぇか!と。 『熱帯』は「読み終わるのか?」と思ったが、 この本は「読み終わりたくない!」と心底思った。 ともあれこれより森見登美彦は、 フェーズ2に移行する!

2か月前

B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f93522461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1
ドーナツの穴の向こう側

映画『カメラを止めるな!』で 一躍時の人となった上田監督の 幻の小説作品の新装版。 この本を書くことになったキッカケの話も また映画の様なのだけど、 それはまた別の話。 少し長めの短編くらいのボリューム。 主人公の女子高生は、 父親の死を境に少しおかしな世界へと迷いこむ。 自分が今いる世界の常識だって、 他の星の人から見たらヘンテコなものかもしれない。 ありのままを受け入れて、 心を成長させていく物語です。

4か月前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5
すいません、ほぼ日の経営。

聞き手 これまでもほぼ日の本はたくさん出ているけれど、 「会社」としてのほぼ日の中身を、 糸井さんがこんなに語った本は、 たぶんはじめてじゃないのかなぁ? 糸井さんの、 社長が船長、社員が乗組員っていう考え方がスゴく好きで。 これって会社だけじゃなくて、 クラブの部長と部員とか、 いろんな状況に応用できると思うんですよね。 というか、 この本に書かれていること全部が、 みんな何かの参考になると思います。 仕事は楽しくしていいんだよ。 会社で楽しくする環境を作るんだって。 上場をして、 今までほぼ日を知らなかった人たちの目にも触れるようになって、 たくさんの人に 「そうだ、こんな考え方もできるんだ!」 が増えていけばいいなぁ。 僕は糸井さんに、 いろんなことを教えてもらいました。 いちばん尊敬する人です。

5か月前

5201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccBf05dc52 5de8 4b7a 9a61 9ac8efce6ffa43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb1420f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderIcon user placeholder 40
これは水です

先日スタンダードブックストア心斎橋で行われた 『これからの本屋読本』トークイベントにて、 梅田蔦屋書店の三砂さんの熱烈プレゼンを聴き、 購入した一冊。‪ アメリカの大学では、 著名な人に名誉博士号取を授与して、 その返礼に卒業式で祝辞を述べてもらう習慣があるそうです。 この事実を知るまでスティーブ・ジョブズはあの歳で大学卒業してスピーチしたんだと思ってました(汗) 僕はリベラル・アーツのことをこれまで「一般教養」のことだと思っていて。 学生の時に学んだけど概要しか知らないような知識を、 改めて深く学び直そう、ということなんだと。 けれど実際は全然違うくて、 本当は「ものの考えかたを学ぶ」ことだったんだ。 いろんなジャンルの知識から、 何をどう考えて、 どういう意味を汲み取るかということが、 「リベラル・アーツ」だったんだ。 訳者による解説を読むことで、 このスピーチの大切さがより理解できます。

5か月前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c6b03ef78 1415 4482 94eb e30a34ba7ec526e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e90140107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd2859c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 12
三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

ずっと読み続けている三谷さんのエッセイ集。 前の奥さんとの離婚からペットの死、 そして再婚や子育てのことまで赤裸々に書かれているのがおもしろい。 今回は父親としての三谷さんを見ることができてとても新鮮な気持ちになった。 「訳あって」とはじまる回は決まって子供との話なのでニヤニヤしながら読んだ。 途中から和田誠さんの挿絵が小さくなり、 話とも関係のないものになりだして、 「体調くずされたのかな?」と少し不安になりました。 いつもスッと読み終えちゃうのだけど、 できるならずっと読んでいたい。

8か月前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016F1cfa87b 9de3 4b01 af57 1f86cba70f85Icon user placeholderE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3cE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b07895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3364551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af 11
古賀史健がまとめた糸井重里のこと。

糸井さんが、自分自身のことを語る。 こういう本がずっと欲しかった。 気を許すことのできる古賀さんがインタビュアーになることで、 本当のことを、 本当の言葉で、 誇張することなくまっすぐに語っている気がしました。 個人的に岩田さんとのエピソードにたっぷりページを割かれていて、すごくうれしかったです。 糸井さんと岩田さんのやりとりを、 もっともっと見たかった。 2人とも、心から尊敬しています。

9か月前

D5863304 76d1 47fe a6fb 48f11f3b63d3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016Icon user placeholderC2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd
レジまでの推理: 本屋さんの名探偵

新刊として店出しをしている時に、 とても気になっていた一冊。 本屋さん小説でミステリーなの? と思ってめくった最初の2〜3ページで心が鷲掴みに。 書店員だから笑えるけど、 普通の読者はどんな感情で読むのだ、コレを(笑) 本屋で働く人のあるあるや苦悩を見事に織り交ぜて 推理ものに仕上げられていてスゴイなぁと。 最終話は、 小説だからこその驚きを感じられました。

10か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholderIcon user placeholder1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a315fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cEc723bb2 f77a 49ea 8e5a 7aaeb67f17ebE85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b73 9
おしえて出口さん! ―出口が見えるお悩み相談

出口最近ちょっと気持ちがしんどい時が続いていて、 そんな時に同僚に「出口さんはこんなこと言ってたよ」という風に教えられて、 あんなに成功をして教養もたくさんある出口さんが言っているのなら、 と納得した自分がいて、 その言葉が載っていたこの本を手に取りました。 自分が悩んで不安に思っていることは、 世の中の大多数の人が悩むことだし、 嫌なことがあったら、 仲の良い友達に愚痴を言っておいしいもの食べてお風呂入って寝たらいい。 「それでいいんだ」と安心できる考え方に、 少し元気をもらえました。

12か月前

新装版「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た日

馬場ホイチョイ関連で以前から気になっていたのだけど、 Twitterで田中泰延さんがオススメしているのを見て、 「いま読まなきゃ!」とすぐ購入した一冊。 日本にディズニーランドを招致した2人の日本人と、 ウォルト・ディズニーについての熱いエンターテイメントの物語。 「そんなドラマみたいなことが本当にあったの?」と思うほどのやりとりに、 そしてとてつもない功績を残しているのに、 生涯裏方を貫いた2人に、尊敬の念しかない。 たくさんの人たちの努力と熱意のおかげで、 僕たちは最高のエンターテイメントを体験することができているのだ。

約1年前

6fa78b89 ace0 47c8 b3a2 893931f1d2480323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f7687877